Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

Tony's で起きた乱闘で重傷を負った兵士は無事なのか

HonchにあるTony'sというバー。ここで先週末か、あるいは先々週末乱闘があったそうです。このバーでは乱闘そのものは珍しくもなんともないのですが、今回はそれに関わっていた兵士が重傷とのことで問題になっているそうです。 知人から聞いた話ですが、このT…

偽善者なのか頭が悪いのかそれともただ優越感を得たいだけなのか

在日米軍基地でHPTとして働き始めて三年目を迎える/迎えた皆様は、おそらく今頃憂鬱と焦りに心をむしばまれている頃でしょう。なぜならもう契約更新してもらえないのですから。三年でアウト。 insidethegate.hatenablog.com そんなHPTに余計なひとことをい…

民間人に比べて米軍兵士のデキ婚・離婚率が高い理由

データとしての詳しい数字は聞いたことがありませんが、セイラー達、そしてまともなネイビーワイフ達は「軍人のデキ婚・離婚率は民間人に比べて高いだろう」と口をそろえて言います。 兵士達に寄生して生きる女達 dependapotamus(ディペンダポタマス) ネイ…

【追記あり】noteを一旦削除します→IDを取り直して再開しました

管理人よりお知らせです note.mu Sleepless in Yokosuka、とかそういうベタなタイトルしか思い浮かびません・・・・。近日再スタート予定です!再スタートいたしました。新着記事は「数秒の快楽の代償と産物」です。これからもどうぞよろしくお願いいたしま…

在日米軍基地は本当に日本のアメリカなの?

ゲートの向こう側。そこはストレスフリーの天国ではありません。一般常識は必要だし、厄介な人だっています。人のあら捜しとゴシップばかりしている日本人のお局もいます。 https://t.co/OWmNsmAfDb在日米陸軍では多種多様な職種があり、それぞれ必要とされ…

好きになったアメリカ人男性にガールフレンドがいる場合(2)

シリーズ(1)に続き、実際にガールフレンドがいるアメリカ人男性を好きになってしまい、約半年という駆け引きを制して恋を成就させた、忍耐強い女性の話です。参考までに書くと、男女とも中年ですから大人の男女の恋愛です。 Head over heelsではなく、静…

好きになったアメリカ人男性にガールフレンドがいる場合(1)

まずは結論から書くと、ここ横須賀では もしもガールフレンドが日本人女性ならあきらめないでください。あなたにもチャンスはあります もし男性側があなたに興味を示している場合のみ、まずは情報収集 だと思います。ガールフレンドとの関係の深さにもよりま…

海外では不適切な表現になってしまう日本語の名前

日本全国のイマフクさんには申し訳ないのですが、これは笑ってしまいました。IMAFUKU → Ima fuk u→Ima f**k you (Ima: 若者がよく使う口語でI'm gonnaの略) "When I see you, Ima f**k you." 「君を見たらやっちゃうぞ!」みたいな感じでしょうか。問題はfu…

危なすぎるからよしとけと言いたいPlayer

しばらくこのブログの更新を怠けていた間にものすごく危険な黒人男性に出会いました。「マリアさん、会ってほしい人がいるの」ある女性が私にそう言いました。恋人を紹介されるのかなと思っていたら、まだつきあっていないらしく「マリアさんから見てどう思…

フェイスブックで見かける「自分万歳!」なフィリピーナ

「その辺の小さい神社よりも俺の方がご利益ありそう」とは歌舞伎町の帝王ことローランド様の御言葉。これは商品としてのキャラクターを意識したローランド様が言うから笑えますが、フェイスブックで時々あまりにも無邪気に自分万歳というか自己陶酔があから…

フィリピーナのきつめの香りが役に立つのはこんな時

フィリピーナは香水をつけることを楽しむ人が多いため、レストランで近くになったりするとついていないなぁと思いますが、彼女達の香りが役に立つことがあります。芳香剤・消臭剤代わりになるのです。 例えばうちのマンションの住人達。 私達が暮らすマンシ…

心のオアシスが閉店しました

茶豆湯が閉店してからしばらく心のオアシスを求めて難民になりましたが、やっと発見して以来好んで通っていたカフェ。そこも閉店してしまいました。 新しい心のオアシス - Inside the gateこと大滝町のカフェ・コンセール。 ドアの張り紙にはこう書かれてい…

情報が交錯するベースでガセネタを広めるいい加減な人達

狭く、また非常に馬鹿げていてどうしようもないけど、私を惹きつけてやまない閉鎖的な村・米海軍横須賀基地。そこではドラマとゴシップに欠くことはありません。だけどその中には多くのガセネタや、あるいは話が捻じ曲げられてしまってもはや真実が何なのか…

フィリピン人がAdmin.だとこうなります

横須賀基地で事務職は狭き門ですが、特にAdmin.(=Administrative Assistant 管理部の事務員)のポジションが空席になると、応募数は募集1に対し100近くになるといわれています。表向きには在日米軍基地である横須賀基地ですが、実効支配しているのはフィリ…

【随時更新】ジャンクフードを食べる旅に出たくなる

横須賀に暮らしていると、アメリカ人達から「時々無性に恋しくなる食べ物」の話をよく聞くので、当ブログでシェアしていきたいと思います。 これは新たにお店の情報が入り次第随時更新される記事です。初回投稿日:2019年1月14日 誰の口にもあう「こ…

ベースで働いていて、日本社会の方がいいなと感じた点。そして女子トーク地獄について

先日ぽぽんた様という方からいただいた2件のコメントをシェアします。 これは同じように疑問に思われている方もいらっしゃると思うので、記事で回答しますね。 ……でも、なさそうですね、「日本社会の方が楽だと感じた点」なんて。 ぽぽんた様、大当たり(爆…

ベースで働いていて、日本社会よりここが楽だと感じた点(2)

社員の飲むお茶やコーヒー。現在ではディスペンサーを置く会社も増えてセルフサービスが普及していますが、お茶くみ担当はかつてあたりまえのように女性の仕事であったように、日本の企業では「これは女がやるものだろう」という不文律がまだ存在します。例…

横須賀中央ふらつ記録(25)Rock City 頑張って営業中

先日の記事のコメント欄で「Rock Cityってまだやってますか?」というご質問をいただいたので、先日そのお店があるどぶ板通りまでふらっと行ってきました。 Rock City、頑張って営業中です! このお店は今から15年前(まだ20代・・・若い頃)に一度入ったき…

アジアン・ビューティー風メイクはもっと目元にパープルを取り入れてもよい(3)

画像はNARSのフェイスブック公式ページからお借りしました 上記リンク先のページを見てこういう風にアジアン特有の切れ長の目を涼しげに且つ妖しく見せたいと思い、NARSのカウンターに立ち寄りました。実際に試してみたら、妖しく見せることも、清潔感のある…

ココナッツ 美味しく取り入れるならフィリピン料理

美容・健康に良いとされるものにはすぐに飛びつく女性達の間で、ココナッツオイルが一時期流行りましたが、どうせ取り入れるなら美味しい方がいい。というわけでココナッツを取り入れるならココナッツミルクはいかがでしょうか? 大のココナッツ好きといえば…

サイコ・アラート in 多摩地域

先日立川市で起きた米兵殺人事件。 (自称・・・・)ありあに限らず、マスコミが使う容疑者の動画、画像は、容疑者のイメージができる限りが悪く見えるようなものになりがちだということを前提にしても、カメラを見据えるこの目はちょっと怖い。「この人、狂人…

日本人特有の「病気でも頑張る!」というパフォーマンスはアメリカ人の目に異様に映る

ベースに勤めていた頃の話です。 「あいつまた休みなんですよ。信じらんない。マリアさんがおととい会った時、彼女具合悪そうでした?」 日本人女性従業員真由美さん(仮名)が私にこう聞いてきました。真由美さんは、他の従業員が病欠して自分がカバーしな…

ベースで働き始めて右も左もわからない人へ

「遅刻しそう!」 「給与明細を見たけどどうも金額がおかしい」 「『妻とはうまくいっていなくて・・・』と今どき昼メロでも使われないようなセリフで既婚の男性同僚が誘ってきて困っている」・・・といった場合、ベースで働き始めると、最初はそれぞれ誰に…

ベースでもパワハラはあります(4)理不尽なカウンセリング=追い出す準備 2/2

前回の記事では、私が勤務していた施設の事実上のナンバー2のポジションにいたフィリピン人・メグの指示により、スーパーバイザーが私に理不尽なカウンセリングシートを出そうとしたところまで書きました。 サイン拒否 「このことで私をカウンセリングする…

ベースでもパワハラはあります(4)理不尽なカウンセリング=追い出す準備 1/2

カウンセリングという言葉を聞くと、悩みを聞いてもらったり相談に乗ってもらったりという様子をイメージするでしょう。 ところがベースで働く人間にとって、カウンセリングといえばポジティブなイメージはありませんでした。なぜならそれは上司に呼ばれて指…

ルワンダ虐殺を生き延びた人々の現在

フェイスブックにHumans of New Yorkというページがあり、ニューヨークのみならず世界各地に飛んで行き、現地で出会った人々から聞いたストーリーを紹介しています。この記事を書いている現在はルワンダからのストーリーを紹介しています。 1994年のルワ…

周囲の雑談がまったく気にならない喫茶店

茶豆湯閉店以来、新しい心のオアシスを発見したと過去に書きましたが、今日はもう一つのオアシスについて書きます。過去に一度このブログで紹介していますが、お店の名前は出しませんでした。今回もお店の名前は秘密♪でもまあ画像を見れば、横須賀市民ならど…

これを見て「DHCは有名企業だけど一流企業じゃないんだな」と思った

何かと物議を醸しだしているDHCですが、あれだけ広く認知されている企業だけど思ったよりも売れてないのかなぁ。なんか自社の販売ページにアクセスを誘導しようとすごく必死。これ見て。 上の図はどこのサイトからこのブログにやってきているか、アクセス…

自然な英語といえばネイティブスピーカーの子供に限ると思う理由

日常的に英語に触れる生活をしていると、自分の英語力のなさ(特に語彙の貧しさ)を痛感することの繰り返しで、心が折れることもあります。ネイティブスピーカーの子供達と英語を話していると特にそう感じる理由は、大人と違い彼らは話し方といい話すスピー…

横須賀中央を徘徊する変質者 もう出国したから書いてもいいよね

このブログで過去に2回に渡って書いている横須賀中央を徘徊するアメリカ人変質者なのですが、姿をめっきり見なくなりかなり長いこと経ちますから、噂どおりアメリカに帰国させられたものとし、もうそろそろ詳細を書こうと思います。今まではこの変質者と同じ…