Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

日本の便利を支える外国人労働者達

私が今はまっているのがセブンイレブンのソーセージデニッシュという惣菜パン。このパンとコーヒーを買って会社のデスクでさっと済ませる軽い朝食。ああなんて便利な世の中なのでしょうと思うんだけど、この便利は外国からの労働者に今後よりいっそう依存す…

雨の夜の日ノ出町はデートに最適だと思う理由

久しぶりに日ノ出町に行ってきました。観光客がいない横浜はやはり静かでいいですね。美味しくて雰囲気も良いお店があって、ほろ酔いで手をつないで大岡川沿いを散歩するのもいい。 雨の日は髪の毛のスタイリングが崩れやすいし、デートしようにも気分が盛り…

横須賀基地の独身貴族の中で目が離せない男性

最初に言っておきます。この独身貴族の画像はありません。貼りたいのはやまやまですよ・・・。この男性の名前をアンドリューとします。アンドリューという名の不細工に出会ったことがないので。アンドリューは私達が暮らすマンションに暮らしている米海軍の…

米兵との出会いを求めて横須賀に短期滞在する女性

アメリカ人男性との出会いを求めて横須賀に短期滞在する女性達がいるそうです・・・。ツイッターで教えていただいた話です。 gendai.ismedia.jp 以下にコラムの一部を引用します。 たとえば、こんな話がある。横須賀米軍基地近くにある飲み屋街「どぶ板通り…

新しい心のオアシス

心の平和を保てていたのはこの店のおかげだといっても過言ではなかった茶豆湯閉店のショックの大きさは計り知れないものがありました。 あれから3か月が経ち、新たなオアシスを見つけ、そこに定住することにしました。店内にはクラシック音楽が流れています…

CLUB54がネイビー立ち入り禁止になりました

毎週末のように乱闘事件があるCLUB 54ですが、先週末からついに米兵達は立ち入り禁止になってしまったそうです。 右端に小さく映っているのが54。いつもならドアのところに常連客達が集まって騒いでいるのに、この日は誰もいません。オーナーのTarekさん、…

在日外国人はどうやって日本語を勉強しているのか

横須賀基地でアメリカ人とフィリピン人と働いていた頃、彼らと日本語で話すことで語学習得の秘訣を学ぶことができました。 その1 【フィリピン人】読書は苦痛。インプットはTVを見てビジュアルの力を利用 語学習得と言えばまずはインプット!横須賀基地で…

横須賀基地メインゲート外の「あるある」

横須賀基地のメインゲートを出てすぐのところに陸橋があります。それに続く階段の真ん中は、段差のない平らな帯のようなつくりになっています。 これでもうだいたい想像がつきますよね・・・・。 こける米兵 雨の日になるとこの階段も帯の部分も濡れて滑りや…

春の横須賀 アメリカ人男性の衣替えシーズンという楽しみ

四季の移ろいに敏感な日本人は、今の時期は「何を着ていいかわかんないよね~」と頭を悩ませるでしょう。四季というより三季しかないと思われる横須賀でも、日本人は季節感がある程度あってお洒落にみえる洋服を選びます。着る期間が短いからもったいないけ…

日本人に対する辛口コラムを書いたアメリカ人青年は今どこに

今からもう15年くらい前に読んだコラム。日本の田舎の官公庁で働くアメリカ人の青年が書いたものでしたが、こういう内容でした。うろ覚えです。 「会う日本人誰もがこう聞いてきます。『お寿司は好きですか?』『納豆は食べられますか?』もう嫌になりました…

トランプタワーの正面から入る女と、裏口からしか入れてもらえない女(2)

シリーズ1ではメラニア・トランプさんについて書きました。メラニアさんはトランプタワーの正面のエントランスから堂々と帰宅する存在です。妻ですから。シリーズ2はトランプ氏の浮気相手だったKaren McDougal(カレン・マクドゥーガル)さん。裏口からこ…

トランプタワーの正面から入る女と、裏口からしか入れてもらえない女(1)

あのくらいの英語力でもビリオネアを射止めたメラニア・トランプさん - Inside the gateのという記事の続きです。 メラニアさんはよくこういいます。"I have a thick skin." 「私は神経が図太いの」多少の批判には負けないであろうメラニアさん。自分や夫の…

【朗報】横須賀中央を徘徊する変質者が消えた

横須賀中央を徘徊する変質者は元米海軍兵士 - Inside the gateという記事で書いた変質者についてある人から「あいつそろそろ日本にいられなくなるぞ」という噂を聞いていたのですが、本当に日本からいなくなったようです。イェーイ!私も最近まったく見かけ…

ドナルド・トランプ氏のストライクゾーンのど真ん中 「鼻」

異性の好みで「もうこればかりは自分ではどうしようもない。説明なんてできないよ。ただ好きなんだから」というものってあるでしょう。例えば私の知人で明らかに「日本でしかちやほやされないアメリカ人」的クオリティのはるか上をいっているイケメンアメリ…

あのくらいの英語力でもビリオネアを射止めたメラニア・トランプさん

共和党全国大会で行ったスピーチがほとんどミシェル・オバマさんのスピーチの盗用ではないのか?と取りざたこともあるメラニアさんですが、メラニアさんの英語力からすると、まともなアメリカ人なら「あのスピーチにはライターがいる=彼女の言葉ではない。…

アメリカ人男性(CIV)に日本人女性が宙ぶらりんにされる理由

横須賀基地周辺の男と女に関するあるあるです。 FBで「〇〇さんと2016年から婚約中です」ってプロフィールで公開するの、恥ずかしくないのかな。「2年経っても男が結婚に踏み切ってくれません」と公開しているのと同じことでしょう。 — アベマリア (@m_insid…

米軍基地で接客業に就いて、ユニフォームにプラスした小物でよかったもの

仕事用のユニフォームは、一日何時間も着るものですから、似合っていた方がいいに決まっています。気持ちよく働けますからね。ですから私は横須賀基地で働いていた時は、自分でspice upしていました。米海軍基地=お客様の9割は男性なのですから、やはり下品…

US Navyのユニフォームが新しくなります

US Navyのユニフォーム切り替え時期になりました。2018年10月1日からは全員が新ユニフォーム着用になりますから、それまでは移行期間ということで、現在横須賀基地では現行のユニフォームと新ユニフォームがどちらも見かけられ、なんだか雑多な印象を受けま…

どぶ板はこうでないと

「空母が横須賀から出てしまうと商売あがったり」と嘆いていたアリババの店主も、きっと今はほくほくしています。例えば先日のアリババ。 CSG(Carrier Strike Group=空母打撃群)が停泊している数か月間は、こんな風にタリバン風タコスを買い求める若い…

はあちゅう氏が受けたのはただのセクハラとかそんなもんじゃない

今更そんなことを・・・と言われそうな話ですが、ずっと気になっていたので書こうと思います。自分が受けたセクハラに対し、堂々と声をあげていこうという運動 #metoo に乗じ、昨年12月に作家のはあちゅう氏が自らが受けたパワハラ、セクハラについて、加害…

年増のぶらぱんの垂れ尻を見ていてふと思い出したエクササイズ

先日見かけた私くらいの年齢の女性。もし私がそのケツだったらスウェットは履かないだろうな~っていう垂れ尻で、どぶ板を闊歩してたんですよ。Missy Elliott姐さんみたいな格好をして。ってことはぶらぱんですよね。腐っても鯛、垂れても尻。マニアはいるか…

夫との日常会話レベルを上げるためにしていること

私の年齢では、dominant languageはもう残りの人生ずっと日本語で決まりです。ここまで来たら英語脳なんてもう無理。ネイティブスピーカーレベルで英語を理解する、話すことは無理だとしても、毎日ともに過ごす夫に少しでも楽しい時間を過ごしてもらえるレベ…

明らかに日本人に見えないアジア系の客

ベースで接客していて日本人客を見分ける方法 - Inside the gateという記事の逆バージョンです。アジアンなんだけど明らかに日本人じゃないだろうな~だけど国籍不明(多分アジアンアメリカン)というお客さんだと思ったら、英語で挨拶していましたが、日本…

小銭稼ぎのためにグーグルに媚び続けながら運営します

ブログをマネタイズしている人、またはそれに興味がある人以外はこの先を読んでもわけがわからないと思います。 来たわよ来たわよ。 グーグル先生に目をつけられるのは、ある程度収益の高いブログだけだと聞いていたから、そこまでの収益をあげていないこの…

横須賀中央ふらつ記(23)読者との遭遇

ベースの中、あるいはその付近で日本人にじろじろ見られるたびに「アベマリアってばれたかしら・・・」と自意識過剰になっている筆者ですが、先日コーヒーを飲んでいたらなんとすぐ隣のテーブルに座っていたのが読者達でした(爆)。横須賀やっぱり狭すぎる…

【米が浜】カフェ・コンティニュー

ここのお店については書こうか書くまいかずっと迷っていたのですが、書きましょう。米が浜にあるカフェ・コンティニューはコーヒーも軽食も美味しい喫茶店です。 店内はカウンターがあり、おそらくその奥にテーブル席があります。奥まで行ってみたことがない…

私が関わらないようにしているミリ妻達の特徴(1)

ミリ妻の面倒なところは日本人妻とアメリカ人妻共通の部分と、日本人妻特有の部分があります。 共通点 他人(特に他のミリ妻)のもめごとが好き。ドラマクイーン多し。 日本人のミリ妻特有の面倒な部分 「アメリカ人と結婚した私」が肩書になってしまってい…

アラフォーになってダイエットに対する取り組み方が変わった点

黒人女性の許されるデブとそうでないデブ - Inside the gateという記事にレギュラーコメンテーターのくぅ様からいただいたコメントを読んでいて、自分とまったく同じで驚いてしまいました。 でもやはり、この体に甘んじてはいけない、私が痩せねばいかんと思…

横須賀で素泊まりできる宿 翁美家旅館が閉店しました・・・→訂正します

【訂正】閉店したのは居酒屋の方で、旅館は営業しているそうです。詳細はN.I.様からのコメントをご覧ください。なんだか昭和の風情があって、よさそうなところですよ!小川町にある、一見民家と見間違えそうな旅館、それが翁美家旅館です。 実はここ、90年代…

在日米軍の将兵をボーイフレンドに持つ女ならではのライフプラン

恋の始まりは楽しいものですが、二人の関係が深まっていくにつれて、それなりの辛さや悲しみも伴うものです。特に在日米軍の将兵の場合は3年ごとに駐屯地が変わりますから(PCS)、その期限が近づいてくるとどうしても避けては通れない場面に直面します。愛す…