Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

実録 ベースで働くってこんな感じ

日比のデブを見ていて思った 肥満は心の病気である

横須賀基地で働いていた頃、アメリカ人の巨体は大勢見ました。だけど日本人、フィリピン人はデブでもたかがしれているので、日・比の肥満体の人々(fatじゃなくてobeseのレベルの人々)は、その分目立ちました。そういうレアキャラを観察していて感じたこと…

米軍の「ランク別あるある」が一発でわかるmeme

事実とは異なる部分も多少あるとはいえ、どのランクから見ても心当たりが多少なりともあるんじゃないかなぁと思って笑ってしまったのがこのmemeです。 ◆meme(ミーム)って何?:日本人がフェイスブックでmemeやlife quote pictureをシェアしない理由 - Insi…

日本社会から帰宅難民が消える日はくるのか

豪雨に見舞われた西日本に暮らす方の臨場感あるツイートを見ていて感じたことがいくつかあります。 昼過ぎの時点で、警報バンバン鳴ってたし、JRは四時で終了との報せもみんな知ってた。バスも市電もそのうち時間の問題だね なんて言ってたけど、それでも従…

診断書という最強のカードvs感情論

以下のようなご質問をメールでいただいたので個人の特定につながりそうな部分を除いてシェアします。 「同僚(常勤)がなんだかよくわからない怪我(症状に関する説明が怪しい)をして休んでいるのですが、しばらくSL(Sick Leave=疾病休暇)をとる予定です。…

フィリピーナと結婚した白人男性を見ると構えてしまう理由

これは横須賀基地あるあるだと思うんだけど、 直属の上司 自分が所属するコマンドのトップ さらにはそこを統括する環太平洋全体のトップ 上記のどれかの奥さんがフィリピン人だったら「あちゃー」とか「まいったな・・・」と思いませんか?私は思いました。…

米軍基地で接客業に就いて、ユニフォームにプラスした小物でよかったもの

仕事用のユニフォームは、一日何時間も着るものですから、似合っていた方がいいに決まっています。気持ちよく働けますからね。ですから私は横須賀基地で働いていた時は、自分でspice upしていました。米海軍基地=お客様の9割は男性なのですから、やはり下品…

横須賀基地でのクリスマスの思い出

あれはクリスマスを翌週に控えたある日のことでした。コントラクターと思われる中年アメリカ人男性が来店し、視線をあげてメニューをゆっくりと眺めていました。そしてあるものに目をとめると、はっと一瞬息をのみました。「何か気になるアイテムでもありま…

こういう人達を見ると日本人村の村民なのかなと思う

先日ベースのメインゲートである光景を見て、「この人達は日本人村の村民かもな」と思うことがありました。「日本の中のアメリカ」であるはずの米軍基地の中の濃厚な日本人村というトラップ。 どんな光景だったかというと、外から歩いてきた二人の女性が憲兵…

シャンペン冷やして待ってください

アベマリモさん(なんというハンドルネームw)という読者の方から非公開コメントにてご相談をいただきました。相談と言ってももう既にマリモ様ご本人の中で答えが出ているようですから、記事にしてまで回答する必要もないかと思ったのですが、コメント欄で…

「お客様は神様です」は米軍基地に来たら忘れましょう(2)

ベースの外=日本社会で働いているとお客様は神様ですから、どんなに失礼なことをされても、たとえそれがハラスメントと考えられるものであっても、従業員であるというだけでにこにこしなくてはなりません。例えばこんな感じ。 まーたジジイが、接客中に焼き…

珍獣、猛獣使いになって横須賀基地をすいすい泳ぐ

陰湿な日本人村と見切りをつける前に考えてみよう - Inside the gateという記事の続きです。横須賀基地の珍獣、猛獣は絶滅の危機に瀕しているでしょう。なぜなら横須賀基地に就職することがまだまだ簡単だった時代だからこそ入れたような人は、強力なコネが…

陰湿な日本人村と見切りをつける前に考えてみよう

これぞInside the gate!というコメントを公開できない歯がゆさ - Inside the gateという記事に、今まさに日本人村で苦しむでっちぼうこう様という若い女性従業員からコメントをいただきました。それを拝見してこれは是非記事で私の考えを書きたいと思いまし…

横須賀基地で働くうえで英語力よりも必要なもの

横須賀基地という閉ざされた村の中ですいすい泳いでいくことと、日本の超ドメスティックな企業の人間関係の中でうまくやっていくことで大きく異なる点と言えば語学の壁です。この壁を取り払って周囲とうまくやっていくためにやはり英語力は確かに役に立ちま…

ベースの中の日本人村 採用されてからでは遅すぎる。応募する前に情報収集しよう (2) 

日本人特有の面倒くささから逃れるために米軍基地に就職したのに、入ってみたらその面倒くささがぎゅっと濃縮還元されたような日本人村だったら・・・・なんてことのないように情報収集は欠かせません。応募する前に情報収集しておいてよかったぁ~♪と思う日…

横須賀基地のダイニングのサーバーを見ていて思ったこと

Officers' Club, CPO Club(現在メンテナンスのため閉鎖中)、Club Allianceのダイニングで食事をする度に感じていたことなのですが、この3つのダイニングで働くサーバーは男女ともに太っている人っていませんよね。これは日本のある程度有名なレストランにも…

横須賀基地で働く場合、有休はとりやすいのか?

在日米軍基地と聞くと、「プライベートを犠牲にしてサービス残業やってうつ病になるまで働いてね!」という日系企業とは違い、有休がとりやすそうなイメージを持たれる方も多いでしょう。私もそう思っていたし、実際に働いてみたらとりやすかったです。その…

モンスター従業員の取り扱い

華やかなキャリアを築くこともなく無駄に長い私の社会人生活で出会った中で、最強・最悪の従業員について書きます。モンスター以上にしっくりくる描写が見つかり次第記事のタイトルとニックネームも変えます。このモンスター従業員はまるでエスターのようで…

アメリカ人をいらっとさせるカスタマーサービス(1)

日本の接客のきめ細かさは「やってもらって当然」という、日本人客独特の要求の高さや細かさによる賜物なのかもしれません。それは海外に出ると身に染みて感じます。だけど私は横須賀基地で働いていた時、日本人のカスタマーサービスの上っ面だけの礼儀正し…

日本人特有の「病気でも頑張る!」というパフォーマンスはアメリカ人の目に異様に映る

ベースに勤めていた頃の話です。 「あいつまた休みなんですよ。信じらんない。マリアさんがおとといやつに会った時、彼女具合悪そうでした?」 日本人女性従業員真由美さん(仮名)が私にこう聞いてきました。真由美さんは、他の従業員が病欠して自分がカバ…

横須賀基地は「先に入った者勝ち」だとつくづく思う

「こんな人でも切られることなく、各種手当をもらって働き続けることができるのかぁ」それが横須賀基地です。その「こんな人」には地域手当も住宅手当も出ていますし、賞与も出ます。有休だって年間30日以上あります。私が初めて衝撃を受けた時のお話をしま…

ベース内で異動して感じたこと(接客業→事務職) (2)

ベース内で異動して感じたこと(接客業→事務職) - Inside the gateという記事の続きです。 事務職になって感じたことの一つにこんなことを挙げました。 フィリピン人がほとんど出入りしないオフィスだったため、タガログ語が聴こえてくることが激減した。そ…

ベース内で異動して感じたこと(接客業→事務職)

接客業から事務職に異動した理由は、事務職なら老いが気にならないと思ったから(笑)。接客業だと経験を積み重ねればよりよい接客ができるようになりますが、そこは米軍基地です。客のほとんどがアメリカ人男性。やはり接客する側が若くて綺麗な方がサービ…

悪臭というインターナショナルな共通点は言語の壁を越える

昔々、ニコラスというアメリカ人男性の同僚に車で自宅まで送ってもらったある夜のこと。私の他に竹田さんという日本人男性従業員も同乗していました。最初は三人で話していたのですが、私と竹田さんがつい日本語で盛り上がりすぎてしまいました。そしてその…

ベースで接客していて日本人客を見分ける方法

「日本人男性じゃないな」と思うアジアンのルックス - Inside the gateという記事におかだ様というな読者の方からこんなコメントをいただきました。 マリアさんはじめまして。私は学生で、横須賀ベースのとある飲食店でアルバイトをしています。マリアさんの…

「いやん、それはハラスメント」とびくびくしていると仕事にならない横須賀基地(1)

「客に何か言われたら、相手が気が済むまで平謝り」という光景はまず見られない横須賀基地。お客様は宝物ですが神様ではありません。そこで接客業に就いていた時に感じたこと、学んだことです。私よりもうんと若いのに、頭の回転が速くて機転とはったりの利…

なぜ日本人従業員はうつ病になったり自殺するほど人間関係に苦しむのか

「自分自身が媚びるのも嫌だし、上司やお局に媚びている同僚を見ていることすら嫌。そんなことをするのは日本人だけ」そういう社会から逃げたいと思っても無駄です。横須賀基地のゲートの向こうでも、やっぱりいろいろあります。媚びなくてもやっていけるほ…

横須賀基地の村人ともうまくやっていこう

横須賀基地で働いていると、「この人はベースの外の世界を知らないんだろうな」という日本人達に出会います。特徴としては: 髪型・服装・メイクがどことなく古臭い(80年年代後半~90年代初頭を引きずっている) 仕事がたいしてできなくても古いというだ…

横須賀基地のバーで飲む時、バーテンダーにチップはあげたほうがよいの?

横須賀基地の飲食店で食事をしたら、サーバーにチップを残すものと知っている人は多くても、バーテンダーってどうなの?と思っている人はいませんか?それとも気に留めたことすらない?バーテンダーにとってもチップはexpected(常識的に考えてあげるべき)…

【横須賀基地】どうしたらチップを稼げる?

横須賀基地の飲食店で接客業(ウェイトスタッフ/バーテンダー)に就いているとチップをもらえることが多いです。飲食代金よりも高いチップをつけてくれたお客様には「いったい私/僕のサービスのどこにそれほど喜んでいただけたのですか?」と聞きたくなる…

横須賀基地内で異動させられたわけありの正職員達(IHA)

横須賀基地の正職員(IHA/MLC)はよほどのことをしない限り解雇される心配はありません。問題のある正職員は、切られないかわりに、ベースの他の施設に異動(トランスファー)させられます。 個人的な好き嫌いはセーフ。危ない人・おかしい人・あまりにも使…