読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

日本でネイティブスピーカーに囲まれていると、必ず遭遇する英語の「そうだったのか」

配偶者がネイティブスピーカーだとか、横須賀基地に限ったことではなく、在日米軍基地全てにいえると思うのですが、日本で生活するアメリカ人達とともに働くということは、日本に暮らす自分の生活に密着・関連した英語表現が毎日のように聞こえてくるという…

横須賀基地で働くアメリカ人のための盆踊り教室と日本語教室

現在は横須賀基地の某巨大コマンド(部隊)で働くアメリカ人の元同僚と久しぶりに会ってコーヒーを飲みました。すると彼女からこんな報告を受けました。「8月は日本語教室と盆踊り教室に参加するの。楽しみだわ!」 photo by madmarv00 (実際の盆踊り教室の…

これはアジア人蔑視?やった側にとっては「わかりやすい特徴」でしかないこと

私はアメリカに暮らしていた頃、通り過ぎざまに「チャン、チュン、チョン」と言われるなどの侮蔑的な行為を受けたことがありません。さすがにもうあからさまにそういうことをする人が少なくなってきているのでしょう。だけど心の中までは見えません。やはり…

【横須賀基地】食い逃げよりも性質が悪い客

今日はアメリカの独立記念日なので、何かアメリカ人に関する素敵な記事を書こうと思います。そんなわけで、食い逃げするアメリカ人客、食い逃げよりもたちが悪いアメリカ人客についての記事です。横須賀基地をはじめとする在日米軍基地のレストランで実際に…

アメリカ人にも男女の友情はあります

「レイチェルが酔った勢いでハグしてきて、超いい匂いがした!」とある日本人男性従業員が大喜びしていたのを見たことがあります。彼はあまり英語は喋れませんでしたが、同僚のアメリカ人女性(ネイビーワイフ)達に積極的に声をかけて二人きりで飲みに行く…

横須賀基地のイケメン兵士達と接して感じたこと

横須賀基地のイケメン兵士達と接して感じたこと。それはイケメンだけに限ったことではありませんが、人間はどこの国でもあんまり変わりないんだな、ということです。今日の記事は二人のイケメン兵士を例にして書きたいと思います。例1も2も、日本人のイケ…

トイレの個室の中での様子にはお国柄が出る?

アメリカ人の元同僚が日本に来て「こんなものがあるんだ!」と感心したことの一つに、大と小で切り替えられるトイレの水を流すレバーがあるそうです。あれ?そういえばアメリカってなかったっけ・・・と思い返してみたら、そういえばNo.1, No.2なんてレバー…

チップ社会で働いて感じたこと 毎日フルスロットルじゃなくてもいい

毎日きちんとお化粧してくるOLさんと一緒に働いていたのが日系企業勤務時代。ベースで働くようになってからは、施設が繁盛する週末しかフルメイクをしてこないアメリカ人女性の同僚とフィリピン人女性の同僚達を見ていて、そういうのもいいかもなぁと思うよ…

英語はツールであって、スキルではない

英語はツールであって、スキルではない。これがわかると英語とのつきあい方がわかって、無駄な労力、時間、お金をかけずにすみますし、磨くべきものが見えてきます。スキルがあってこそのツールなのです。 photo by Office of Naval Researchベースの施設で…

英語でも日本語でも、人の悪口は簡潔に済ませよう

「私は人の悪口なんて言わないわ」っていうエンジェルみたいな人には何の関係もない記事です。ベースで働いていた時のことです。同僚のアメリカ人女性Rがこう言って謝ってきました。"I'm sorry for being an as*hole last night. I was...."「昨夜はひどい態…

ランクも高くて人柄も素晴らしい人は、こんな感じでした

米軍のオフィサーの中には、自分よりランクの低いものには高圧的に出て、偉い人達にはへぇこらするas*holeも存在します。それは日本の自衛隊にもいるでしょう。サル山の中腹で山頂を見上げている人達の中に少なからずそういう人間がいるのは、やはりいつの時…

横須賀基地の離職率が高い施設で働いていた人に聞いた、笑えないエピソード

私も日本人なので、「日本人はさ~」「日本ってさ」とばかり言っているSelf-hating Japaneseにはなりたくありませんが、やっぱり日本人って病んでいるのかなぁと思うことが、ベースで働いている時は多々ありました。 この記事を読んで「あ、その施設知ってま…

ベースの中でも外でも結局みんな「事なかれ主義」なのです

米軍基地の正職員は安定しているのか - Inside the gate という記事で、IHAと呼ばれる正職員ももはや終身雇用が保証されておらず、人間関係のトラブルにおいては3ストライクでアウトと書きましたが、それはなさそうです。なぜなら従業員関係のトラブルは1…

「正職員だから切れないだろ」という安心が生み出した捨てられない粗大ゴミ

米軍基地の正職員(IHA)は3ストライクでアウトという噂です、という記事を先日書きましたが、3ストライク食らってものさばっている日本人従業員を何人か知っています。「3ストライクでアウトとか言ってるけど、結局お金の扱いがクリーンなら切られないん…

米軍基地の正職員は安定しているのか(常用と時給制の違い) 

正職員には二種類あります。日本語の求人サイト(LMOのサイト)で常用と書かれているのが正職員です。 【常用 MLCとIHA】 MLC(Mastor Labor Contract):日本と在日米軍との間で締結された基本労務契約に基づいた雇用で、事務職や技術職の多くがMLCです。 IHA…

Fxxk you. と罵る相手と状況は、一時の感情に流されず慎重に選びましょう

F**k youと書かれたTシャツを着たり、冗談でそれを叫んでみたりするのは日本国内だけにしておきましょう。やっぱりこれをいっちゃまずいんですよ。 photo by stockicide 私がベース勤務時代、お客を激怒させたことがありました。「もういいわ。紙にあなたの…

年に一度の短期バイト募集でとりあえずもぐりこむという手もあります

横須賀基地で働きたいという人達に向けて、大切なことを書き忘れていました。米軍基地の空席応募の競争率はすさまじいものがありますが、年に一度、そこまで熾烈な争いを乗り越えなくても、ベースで働くチャンスがめぐってくる時期があります。それがホリデ…

英語が話せないのに米軍基地で接客業に就いた人達を見ていて感じたこと

客のほとんどがアメリカ人という環境で接客業に応募した時点で、その人達は英語がある程度話せるものなのだろうと私は思っていましたが、実際はそうでもありません。ほとんど話せない人もいます。 空席情報に書いてある「簡単な英会話」「英語力不問」を鵜呑…

日本人従業員の間で使われていたフィリピン人を意味する隠語

オフベースでバイリンガルだらけの企業で働いていたことがあります。中には横須賀基地で働いたことがある女性もたくさんいました。当時まだベースで働いたことがなかった私は、彼女達から色んな話を聞いて「ベースって面白そうだな」と思っていたのですが、…

より適格な一般応募者よりも、米軍の家族が優先的に採用されることによる弊害

ベースで働き始めてしばらく経つと気づくのです。「ここは楽園ではない。現実の世界であることに変わりはないのだ」と。米軍基地で働くということ=インターナショナルな環境で働けて毎日楽しい!と思ったら大間違いです。オフベースの日系企業同様に人間関…

若い黒人女性客に対する苦手意識がふっきれたきっかけ

在日米軍基地。そこはでは文化はまるでアメリカです。「お金をもらいながら留学しているようなもの!」と希望を胸に働き始める方も多いでしょう。アメリカ文化の中で働くということは、確かに様々な人種との交流を意味しますし、それが刺激的に感じられます…

横須賀基地内のクラブの格付け

横須賀基地には三つクラブがあります(全てMWRと呼ばれる系列です)。 格付けは上から順にOfficers' Club (2015年4月13日現在改装中。もうすぐ終わると思う)CPO Club(バーが素敵)Club Alliance(ナイトクラブ。敷居が低いため、ベースで働く日…

気が張っているセキュリティも、こんなところでうっかりしてしまう

米軍のセキュリティの人達は、拳銃とレディオ(無線)を常に所持しています。拳銃はホルスターに入っているから置き忘れる心配がないとはいえ(置き忘れていたら恐ろしいな・・・・)、レディオを置き忘れる人は時々います。置き忘れられたレディオから聞こ…

若い米兵達の溜まり場 Fleet Rec. Center

私がある手続きのためにセキュリティのオフィスに出向かなくてはならなかったことがあります。そのオフィスはどこらへんなのかと日本人職員の方に尋ねると「フリートレック(Fleet Rec. Center)のすぐ近くですよ」と言われました。こんな風に日本人従業員に…

「アジア人の男は欧米人女性に相手にされない」は、相手にされなかった人の言い訳です

アジア人男性は欧米人女性に相手にされないというのは本当でしょうか? 坂口憲二さんみたいに、長身で顔もよければ人種を問わずモテるのは想像がつきますよね。だけど「ここまで見た目がよくなければ海外で相手にされないのか?」というとそうでもありません…

セキュリティの人々にとって過酷な季節がやってくる

ネイビーでMAと呼ばれる人達(簡単に説明するとセキュリティ)は、ユニフォームに加えて拳銃、無線、そしてユニフォームの下には特殊なベストのようなものを身に着けているので、暑い季節は彼らにとって過酷です。特に日本の夏はからっとしていなくて、じ…

「とりえがないので軍で生きながらえます」ということができなくなる日も近い

私の友人が働いている米軍施設は、下の画像に描かれた人物のような米兵がたくさんいるそうです。 休憩なのかさぼっているのかよくわからない程長時間滞在し、ずうっと携帯をいじっているだけ・・・。 そんな彼らを見ていて友人は「働かないのかよ」と思うそ…

このスキルは万国共通で通用する、と思うもの(2)

シリーズ(1)では「聞く力」について書きました。今回は「年上女性の余裕と包容力」です。 ベースで働き始めた当時の基本給は、社会人になってから一番薄給でしたが、お金をおろしにATMに立ち寄った記憶がほとんどありません。その代わりにまと まった…

ネパール人はエキゾチシズムの代名詞

横須賀ベースで働く人間、あるいは横須賀ベースを訪れる人間は、大きく分けるとアメリカ人、フィリピン人、日本人です。比率が大きい順に書いてみました。これからはもっとフィリピン人が増えると思います。だけど時々この三カ国のいずれにもあてはまらない…

このスキルは万国共通で通用する、と思うもの

このスキルは万国共通で通用する、と思うもの・・・それは人の話をちゃんと聞いてあげる、というスキル。 photo by Bindaas Madhavi 私が勤務していた施設は、他の施設同様に船がクルーズに出ている間は落ち着いていましたが、USSジョージ・ワシントンと…

「毎日見る」それだけでかなり暗記できる

私が子供の頃から地図おたくだったと、先日投稿した記事で書きました。地図を何時間眺めていても飽きない。電車の路線図なんかもそうです。世界地図のデスクマットを買い与えられた幼い私は、自室にこもってデスクマットを眺める日々を過ごしました。まず私…

人間関係を円滑にするためにどんどん使うべき表現

「日本人同士で使って効果的な表現は、外国人にも使える」ベースで働いていた時にそう感じることがありました。アメリカ人従業員とのやりとりは英語のみですが、フィリピン人従業員の多くはトライリンガルのため、日本語で業務連絡ができる人もいるのです。…

ベースという狭い世界。日本人が悪いことをすると他の人種以上に目立ちます (2)

「ベースという狭い世界。日本人が悪いことをすると他の人種以上に目立ちます」 という記事の続きです。 「あれ・・・この名前は確か・・・」 意地でも日本語を喋ろうとしないこの女の子が、一ヶ月前にTrickyなやり方で100ドル得した日本人の女の子である…

ベースで一日に二回訪れる静寂

私はこの静寂の瞬間が好きでしたが、同僚達には「えー!まりあさん信じられない。あんなのが好きなの?うざいじゃーん。立ち止まらなくちゃいけないからさー」と一蹴されました。それは・・・ 米国国歌と日本国歌が流れる朝八時。そしてColorsが流れる日没(…

ベースという狭い世界。日本人が悪いことをすると他の人種以上に目立ちます

photo by jpellgen ベースで働いていた頃、日本人は品行方正というイメージをもたれているんだな、と感じることはたくさんありました。卑しい日本人客 - Inside the gate で書いたような日本人客に遭遇すると、アメリカ人やフィリピン人従業員達は皆こういう…

ベースでもパワハラはあります(3)シフト調整で嫌がらせされたフィリピン人女性

「俺達に逆らうな。文句があるなら辞めろ」 それはベースの中でも外でも同じ。友人が勤務していた場所の話です。 photo by futureatlas.com 勤務態度も良好で人柄も良いフィリピン人女性従業員がいました。彼女をモニカとしましょう。彼女と私の友人がいた部…

カード社会アメリカならではのクレジットカード

"Can I see your ID? ""I need to verify your ID."これ、あまりに口が慣れすぎてしまってIDの提示が必要ない人達にまで言ってしまうことがありました。会計の時にクレジットカードで支払われるお客様には、不正使用防止のためにIDを見せてもらいます。…

キャンドルの光の力と生演奏の力を実感した夜

私が勤務していた施設は時々パーティーの予約が入ることがありました。 そのパーティー中で今でも印象に残っているのが、キャンドルの光をはじめとする照明の力、そしてバンドによる生演奏の力です。 あるパーティーでの出来事です。 「自分がここに通された…

チップをもらう立場になってみて気づいたこと(3)

ベース(在日米軍基地)勤務時代、レストランのキャッシャーに入らなければいけないことが時々ありました。そういう場合はお客様が支払い時、クレジットカードにウェイトスタッフへのチップを追加した場合、私が管理をして後でまとめてスタッフ達に渡してい…

チップをもらう立場になってみて気づいたこと(2)

私が働いていた米軍施設では、メインのバー以外にも、バーテンディングの技術がない人間でも提供できる程度のアルコールを置いている小さなバーがありました。時々私もそこに入るのですが、そこでいただくチップだけで相当な金額をもらえる日がありました。…

25セント硬貨を整理しながら全米50州を巡る旅

アメリカの25セント硬貨(クオーターと呼ばれています)は、下の画像のように表は初代大統領のジョージ・ワシントン、裏面は鷲の絵というものがほとんどです。 ところが時々各州の名前とシンボルが施されたものに遭遇することがあります。例えば・・・今私…

書くとすっきりする、ということは本当です

ベースでもパワハラはあります(1)という記事で私がパワハラを受けていた頃の話をちらっとしました。そして私に対しパワハラをしていたassholeに向けて、退職日にプレゼントを手紙を残した、と書いたのを覚えてくださっている方はどのくらいいらっしゃるで…

英語での雑談が苦痛な人ほど、自分から話しかけるべきです

仕事をする分には何の問題もなかった私の英語。どうせ相手は私が日本人=ノンネイティブだってわかっているんだから~♪という開き直りもあって、気楽なものでした。それでもやはりお客様との雑談が苦痛だった時期がありました。アメリカ人ってHow are you do…

心が折れそうになっても、日系企業勤務時代よりはいいやと思えた

私はベースで働くようになっていい感じで「ベース臭」を漂わせている人達と出会い、「こんな世界もあったのか!」と水を得た魚のような気分になりました。 だけど自己紹介記事でも書いたように、そこは楽園ではありません。後に人間関係の悩み、職務のことに…

チップをもらう立場になってみて気づいたこと(1)

チップはあくまでも奉仕やその他のものに対する感謝の気持ちを表わすものですから、義務であってはいけません。義務になったらもうそこに気持ちはないわけですから。だから残したくない人は残さなくてもいいと思いますが、残さないのであればそのレストラン…

平たい顔族の悪あがき-皮脂というナチュラルハイライト(笑)

アメリカ人とフィリピン人の同僚と一緒に写った写真を見ると、やっぱり自分の顔は平たいんだなぁと改めて知り、そしてその平たさを憂いました。かといってもともとそれほど凹凸のない顔の上にそれを無理して作ったような、周囲の人が直視できない化け物みた…

アメリカ人が店員に対してやらないこと

日本ではいたって普通でも、海外でやると非常識になることもあります。 photo by stefanedberg 例の一つとして、日本では自分が支払いをしようと思ってレジに行って、店員さんが作業中で自分に気がついていないと、すみませーんと声をかけてその手を止めさせ…

ベースでもパワハラはあります(1)HROに申し立てる前に考えたいこと。それは労力と時間の無駄遣いになっていない?

アメリカ社会はじめっとした日本社会と違い、下々で働く人間が幹部の人間の嫌がらせに泣き寝入りすることなどなく、自分の権利のために戦うんだろうなぁなんて思っていました。だけど実際にアメリカ人と働いてみるとそれは自分で作り出した虚像に過ぎないの…

わけありと言われる人の「わけ」は把握しておいた方がいい

わけありで安くなっているものでも、その「わけ」が自分にとって気にならないものならいいですよね。だからこそ買う前にはっきりさせておきたいのですが、わけありなのが物ではなく人間の場合、見極めることが難しい場合もあります。 photo by JD Hancock 恥…

いい感じで「ベース臭」を漂わせている人

和洋折衷というのでしょうか・・・。 日本とアメリカのいいところだけ寄せ合わせたような日本人従業員との出会い、プライスレス。彼らとの出会いこそ、私がベースを難民キャンプとか聖地と呼んだ理由でもあるのです。 . ベースで働く日本人には確かにおかし…