Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

接客業時代の思い出

米軍基地で接客業に就いて、ユニフォームにプラスした小物でよかったもの

仕事用のユニフォームは、一日何時間も着るものですから、似合っていた方がいいに決まっています。気持ちよく働けますからね。ですから私は横須賀基地で働いていた時は、自分でspice upしていました。米海軍基地=お客様の9割は男性なのですから、やはり下品…

明らかに日本人に見えないアジア系の客

ベースで接客していて日本人客を見分ける方法 - Inside the gateという記事の逆バージョンです。アジアンなんだけど明らかに日本人じゃないだろうな~だけど国籍不明(多分アジアンアメリカン)というお客さんだと思ったら、英語で挨拶していましたが、日本…

横須賀基地でのクリスマスの思い出

あれはクリスマスを翌週に控えたある日のことでした。コントラクターと思われる中年アメリカ人男性が来店し、視線をあげてメニューをゆっくりと眺めていました。そしてあるものに目をとめると、はっと一瞬息をのみました。「何か気になるアイテムでもありま…

アメリカ人をいらっとさせるカスタマーサービス(1)

日本の接客のきめ細かさは「やってもらって当然」という、日本人客独特の要求の高さや細かさによる賜物なのかもしれません。それは海外に出ると身に染みて感じます。だけど私は横須賀基地で働いていた時、日本人のカスタマーサービスの上っ面だけの礼儀正し…

悪臭というインターナショナルな共通点は言語の壁を越える

昔々、ニコラスというアメリカ人男性の同僚に車で自宅まで送ってもらったある夜のこと。私の他に竹田さんという日本人男性従業員も同乗していました。最初は三人で話していたのですが、私と竹田さんがつい日本語で盛り上がりすぎてしまいました。そしてその…

ベースで接客していて日本人客を見分ける方法

「日本人男性じゃないな」と思うアジアンのルックス - Inside the gateという記事におかだ様というな読者の方からこんなコメントをいただきました。 マリアさんはじめまして。私は学生で、横須賀ベースのとある飲食店でアルバイトをしています。マリアさんの…

「日本人男性じゃないな」と思うアジアンのルックス

現在はどうかわかりませんが、私がベースで働いていた頃は、相手が日本人客の可能性があってもとにかく必ず第一声は英語で挨拶!と指導されていました。なぜなら見た目が日本人っぽくてもアメリカ人客ということも大いにありえるので(実際、日系アメリカ人…

横須賀基地にやってくる日本人(観光)客の一部がとてもハイメンテナンスな理由

★この記事は横須賀基地で接客業に就いていて、一部の日本人(観光)客に対する接客方法に困っている従業員の役に立ったらよいなと思って書いています★ダイニングなりファストフードなり、一部の日本人客はオーダーするのに時間がかかりすぎる。それに対して…

言うべきことははっきりと言おう アメリカ風a**holeモード発動(2)

予約をしたつもりが、実はし忘れてしまった!という客が40人くらいで来店した時の話です。下々で働く人間だけで判断するならば、この数字は明らかにキャパを越えていましたから「予約なしでは受け付けない」人数ですが、幹部が「入れてあげなさい」というの…

「いやん、それはハラスメント」とびくびくしていると仕事にならない横須賀基地(1)

「客に何か言われたら、相手が気が済むまで平謝り」という光景はまず見られない横須賀基地。お客様は宝物ですが神様ではありません。そこで接客業に就いていた時に感じたこと、学んだことです。私よりもうんと若いのに、頭の回転が速くて機転とはったりの利…

黒人男性の危険な軽さ

ベースで働いていた頃、同僚のカイルが"Maria, your husband is here."と私を呼びに来ると、本当の夫なのか、それとも第二の夫なのかわからなくなっていました。そこでカイルが"Davis."とフォローするのです。そして私は「ああ、Davisね」とわかります。この…

【横須賀基地】日・米・比の三か国 みっともない客が一番多いのは

横須賀基地に出入りするのは日本人、アメリカ人、そしてフィリピン人がほとんどですが、一番みっともない客が多い国はどこでしょう?筆者自身の基地での接客経験をもとに、そして現在も接客業に就いている友人達から話を聞くと(・・・・・・ドラムロール・・…

チャラ男が感謝祭に感謝したものとは

Thanksgiving に絡んで思い出したエピソードが一つあります。"Maria, you're admirer is here."「マリア、あなたのファンが来てるわよ」ベース勤務時代、バックに引っ込んで溜まった事務処理をしていると、こんな風に同僚にカウンターへと呼び戻されました。…

言うべきことははっきりと言おう アメリカ風a**holeモード発動

横須賀基地で接客業に就きたいという方は和洋折衷で行くといいよ(2) - Inside the gateという記事の続きです。日本人従業員でしかも女性というだけでなめられがち。だから君も時には嫌な奴になってがつんというべきだ!と言ったアメリカ人男性従業員・カ…

日本人従業員同士でついやってしまうこと

横須賀基地で働く非アメリカ人従業員の中で、最も大きな勢力を誇るのはフィリピン人達です。在日米軍基地なのに、日本人じゃないんですよ・・・・。日本人がフィリピン人に気を遣いながら働いている、不思議な環境です。恐るべし、彼らの繁殖力ですよ。です…

やたらとチップが多く、電話番号もよく渡される日があった その法則とは

私が誰から見ても美人、可愛いという顔に生まれて来ていたら、毎日のようにたくさんチップをもらって電話番号(今ならLINEのIDか)を渡されたり聞かれたりしていたでしょう。そういうことが毎日あって当然、といった人生を歩むのです。武田久美子さんによる…

日本人の団体客のテーブル担当になるとモチベーションが下がるのは理解できます

「日本人だけの団体客のテーブルはモチベーションが下がるよね」「一応基本給はもらっているわけだから、普通にサービスはするけど、やっぱりチップがもらえないのなら手は抜きたくなるよね。特に忙しくなってきたら、チップをくれそうなテーブルを優先しち…

チップを稼ぎまくっていたアメリカ人は、まるで下手なナンパ師だった

チップを稼ぎまくっていたアメリカ人従業員といえば・・・このブログのリピーターの方はもう想像がつくでしょう。はい、ご想像のとおりメンヘラアメリカンDさんです。>>メンヘラアメリカンDさん カテゴリーの記事一覧 - Inside the gate 船という船が全て…

「こいつ面白い女だな」と思うと、若い米兵はこう聞いてきた

地味顔の私がベースで接客業に就いていたわけですが、やはりおとなしそうに見られましたよ。するとたいていアメリカ人男性、特に若い子達はギャップに驚きます。「おとなしそうな顔してるくせに、わりとtoughだな(笑)」と。酔っ払い達はちょっときわどいfl…

在日米軍基地内で働いていると、ついやってしまいがちなこと

お食事中の方はご遠慮くださいベースで働いているとどうしてもやってしまうこと。それは「どうせ客は日本語がわからないだろう」という前提で、客を目の前に日本語で色々と話してしまうことです。日本語がわかるアメリカ人も時々いるため、あまりやらない方…

休日を過ごす自衛隊員を見ていると疲れる理由

私が勤めていた施設には、自衛隊員も時々来店しました。土・日は家族連れも見かけましたが、休日を過ごす彼らを見ているとこちらが疲れるのです。その理由は、隊員達は休日も自衛隊員内の上下関係から解放されないから。本当に自衛隊って上下関係が厳しいん…

ベースで働いていると時々狂う、「あれ」に対する感覚

イケメンジャーナリストAhmed Shihab-Eldin氏のツイートを読んでふと思い出したことがあります。 So should we talk about the fact that it is going to be 65 Fahrenheit and 19 Celsius in NYC on Xmas, or pretend like it's not a thing? — Ahmed Shiha…

たかが白シャツ、されど白シャツ

横須賀基地で働いていた頃、ホリデーパーティーラッシュ中、時々bus girl(ウェイトスタッフをサポートする人)としてヘルプに入ることがありました。となると私も白シャツx黒いウェイターベストx黒いパンツ正装しなくてはいけないわけです。黒いパンツは…

日米比の客に共通していた一つのこと  ○○王は貧乏臭い人が多い

ベースで働いていた時、お会計時になって小銭を数えだす=全額小銭で支払おうとする人が時々いました。日本人客、フィリピン人客、アメリカ人客にそれぞれそういうことをする人がいましたが、いくつか特徴がありました。 小銭王達に共通していたこと photo b…

ウェイトレスの気合いはおだんごの高さに表れる

横須賀基地のホリデーパーティーラッシュ中、私が勤務していた施設で働くウェイトレスさん達を見ていて気がついたこと。それは彼女達のおだんごの高さは、そのパーティーに来る人達のランクに比例するということ(爆)。ゲストに対して失礼のないように、と…

パーティーラッシュの横須賀基地。ウェイトスタッフの明暗が分かれる季節です

「体作りを普段からしておいてよかった」と胸をはるウェイトスタッフ、ダイエットをしようと焦りだすウェイトスタッフ・・・。この季節の横須賀基地はホリデーパーティーのラッシュです。私が覚えているのは、このシーズンのウェイトスタッフ達は時々「落ち…

100ドルのチップをもらったウェイトレスの話

「45ドル近くのチップをもらった時の話 - Inside the gate」に続き、今回は100ドルのチップをもらったウェイトレスのお話です。場所は東京のレストランです。お醤油、お水、お酒、お花、お通夜・・・「お」をつけると丁寧に聴こえるということは、日本に長く…

Flirtの〆にされてどきっとしたのはこんなこと

本題に入る前にflirtとは何かということについておさらいしましょう。 flirtとは、英和辞典だと「いちゃいちゃする」と書かれていることが多いのですが、実際にはそうではなく、つまらない日常を少しでも楽しくするため、彩を与えるために、節度を持って男女…

横須賀基地で接客業に就いて改めて感じたこと。笑いは大切だ

接客業は楽しいことばかりではありません。嫌な事だってたくさんあるのは、どこの国で接客をしても同じ(日本人ほど細かくて面倒な客はいないでしょうけれど・・・)。私がベースで接客業に就いてみて「いいなぁ」と思ったことの一つが、人々が笑いを大切に…

45ドル近くのチップをもらった時の話

ベースで接客業に就いていた時の話です。ランチラッシュを過ぎた後の、週末の静かな午後でした。セクシーな黒人男性のお客様が一人でやってきました。年齢はおそらく40歳近かったと思います。落ち着いた感じの人でした。「おすすめは何かな?」などと聞かれ…