Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

損得計算だけじゃない フィリピン人の心

祈るだけでは何も変わらないということを神は教えないのか

キリストの名を出しても新興宗教特有の胡散臭さはやはり消えないものですね。フィリピン本国と同様、ここ横須賀で暮らすフィリピン人の多くがカトリック教徒ですが、横須賀在住のフィリピン人達の中にはカトリックからキリスト教の他の宗派に改宗する人がこ…

フィリピンパブ嬢にはまってしまう気持ちが少しわかる

女の私から見ても「フィリピンパブ嬢にはまってしまう気持ち、ちょっとわかる」と思うことがありました。 キャラクター/イメージとのギャップや、人知れず努力している姿が垣間見られた瞬間 フィリピンパブ嬢達は南国特有のイメージもあってか、明るくてか…

フィリピーナはシンプルでわかりやすいものがお好き♪ だからこそ気をつけるべきこと

シュールで面白い シニカルで見ていてすかっとした そういうものはあまりフィリピーナに好まれません。彼女達はわかりやすいものが大好き。アメリカのソープオペラに頻出するような、ウィットに飛んだ会話やさりげないユーモアのセンスやスパイスの効いたセ…

フィリピーナに人気があった日本人男性従業員はこんなタイプでした(2)

フィリピーナに人気があった日本人男性従業員はこんなタイプでした という記事に登場した、フィリピーナに大人気のAさんという男性。ある日私と、そしてフィリピン人の同僚であるレオノアがシフトの入れ替わり&引継ぎで一緒にいるところに、ちょうどAさん…

夫の社会的信用度が低すぎて永住権がもらえないフィリピーナ

永住権がとれた途端、日本人の夫を捨てて同郷の男性と結婚するフィリピーナは大勢います。その同郷の男性は、社会的にみたら「愛人」の立場ですが、実は本命はそっちなんですよね。なぜなら日本人男性との結婚は、そもそも永住権獲得のためなのですから。と…

フィリピーナに人気があった日本人男性従業員はこんなタイプでした

フィリピン人女性達に人気がある男性・・・どうせ「金がある男が好きなんだろ?」って思うでしょう?だけどお金はないよりもあったほうがいいに決まっているのは、フィリピーナでも日本人女性でも同じですよ。お金の話は今日は置いておいて、フィリピン人女…

フィリピン人従業員達のサイコ率の低さの秘密

短い間だったけれど、ベースで働いてみて感じたこと。それは従業員のサイコ率は日本人が高いということです。アメリカ人従業員でも問題がある人はいたけれど、アル中だとか育児放棄しているとかそういう類の問題であって、「あいつ頭おかしいよな」と言われ…

フィリピーナの青春は遅れてやってくる

女を武器にして日本の永住権を得た後に、フィリピーナ達の青春は始まります。 私が知っている母娘の場合、驚くことに、遅れてきた青春=恋を楽しむ母親に対し娘がとても寛容でした。寛容どころか、尊敬すらしていたと思います。(日本で暮らすフィリピン人の…

フィリピン原産 日本製造 だけど心はフィリピーナ

先日投稿した記事では、フィリピン人とのハーフ、あるいは親の出稼ぎに伴って日本に連れてこられたフィリピン人の子供達の葛藤について書きました。 今回はフィリピンで生まれ、日本で開花した女の子と彼女の母親について書きたいと思います。 母親は日本人…

元フィリピンパブのママに聞いた話

「雇われママやってた頃、自分のお給料毎月60万円くらいだった。友達いっぱいいた。だけど今の仕事を始めてお給料減ったら、周りからいっぱい人がいなくなった」 そういいながら元フィリピンパブのママをやっていたアナ(仮名)は笑いました。 アナは現在…

それでもやはり、フィリピンに生まれてよかったと思える理由

昔働いていた場所で、フィリピン人女性従業員が具合が悪いのか、青ざめているのを何度か見ました。もう50歳を越えていた彼女にとって、彼女の仕事は体力的にきついものでした。そうやって身体に鞭を打って稼いだお金の多くをフィリピンに暮らす子供達(二…

愛に生きるフィリピーナ(1)

日本人男性と結婚し合法的に長期滞在できるようになったフィリピーナ達の次のゴールは、永住権の獲得です。そして永住権を獲得した後こそが、彼女達が女としての喜びを甘受し始められる第二の人生です。 photo by julsnewton 永住権を獲得した彼女達の多くは…