Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

良かったもの/気になっているもの

日本のこのエチケット関連商品がすごい

小林製薬の1滴消臭元。横須賀基地でともに働いたアメリカ人もフィリピン人も、こんな便利なものを意外と知らないのです。 トイレの個室の中での様子にはお国柄が出る? - Inside the gateという記事でも書いたように、彼女達は日本人女性に比べわりとトイレ…

YSLキッス&ブラッシュ オレンジで白桃メイク

先日新宿に出掛けた時に買ったのが・・・ 昨年の夏から欲しいと思っていたイヴ・サン=ローランのベビードール キッス&ブラッシュの#4オレンジフゥグというカラー。 <公式サイトの商品詳細ページへ> 本当は同ブランドのルージュ ヴォリュプテ シャイン …

中年になって最強のchick lit "Dear John"を読んで感じること

chick lit=若い女性向けの本。たいてい女性に都合よくストーリーが進み(女性目線)、べたべたに甘かったり、あるいは感情的な描写が冗長だったりくだらなすぎて、男性にはその良さが理解しがたいもの。<例>chick litの濃度を物語る表紙 上の画像はすべて…

なぜニコラス・スパークスの本は読まれるのか

登場人物達はあまりにもご都合主義。朴訥としているけれど、温かい心の持ち主である青年。その青年が恋に落ちるのは、ちゃんと貞操観念があって、飾らないのになぜだか人目を引くナチュラル・ビューティー。おまけに性格までよい。恋愛小説の名手、ニコラス…

見ていてざまあみろと思った復讐映画

エンディングが好きじゃない、という声はよく聞かれますが、まあそこは除くとして私は「完全なる報復」という映画が好きです。 目の前で自分の妻が凌辱され殺された男の心の傷と怒り 強盗二人が主人公クライドの家に押し入って、クライドと妻を刺して縛り上…

ビートルズに興味を持った平成生まれの若者におすすめ 赤と青の四枚

Let It Beをはじめ色褪せないビートルズの名曲はたくさんありますから、平成生まれの若者でもビートルズが好き、興味を持ち始めたという人は多いのではないでしょうか。そんな若者におすすめなのが赤と青のビートルズ。それぞれ二枚組なので計四枚。隠れた名…

最近いいなと思ったメイクアップのtutorial video - IAMHOPE Pさん

さて、もう9月になりました。横須賀基地各所で行われるホリデーシーズンのパーティーに向け、ドレスの新調などを始められる女性達も多いことと思います。チケットも売り出される頃ですし・・・ね。私も早速友人にパースを一つ借してもらう約束をしました(笑…

高校(特に女子高)の英語のリーディングの教科書にすすめたい一冊 

英語が苦手、拒否反応が出る高校生でも「続きが読みたい」と思うようなストーリーなら、英語の物語でも読むことが苦にならず、むしろ楽しいんじゃないかなと思うのです。知りたいと思ったら辞書を引くことも面倒くさくないし、気になった単語は文脈から意味…

小麦色の肌を20代であきらめてよかったなと改めて思う理由(2)

小麦色の肌を20代であきらめてよかったなと改めて思う理由(1) - Inside the gate の続きです。実は私も25歳まで焼いていました。私の古いブログ「ブラジル男を骨抜きにするヒップの作り方」を読んでいた方なら覚えているでしょう。24歳で初めてブラジル人…

小麦色の肌を20代であきらめてよかったなと改めて思う理由(1)

先日久しぶりに焼死体のようなぶらぱんをベースで見かけました。黒人男性二人と日本人女性二人のグループで、そのうちの一人の女性は肌年齢などの基準を吹き飛ばすかのような、若い頃相当無茶したんだろうな、皮下まで大火傷させたのではなかろうか、という…

良くも悪くもあなたのスイッチをONにしてしまう食べ物

今週のお題「わたしの本棚」・・・というわけで本棚から一冊選んだのがこれです。 Dr. Abravanel's Body Type Diet and Lifetime Nutrition Plan 直訳すると、「アブラヴァネル医師によるボディタイプ別ダイエット&生涯栄養摂取計画」。読んでいて怖かった…

アジアンビューティー達によるmakeup tutorial videos

今日ご紹介するのはアジア人女性向けのmake up tutorial videos(メイクアップのレッスン動画)で私がいいなぁと思ったものです。 1.とにかくケバい。どぶ板でぶいぶい言わせてます風 この動画の主はLeinaさんという方はフィリピン系アメリカ人。口癖は"so…

ジェニファー・アニストン様が賞味期限を延ばしにかかったようです

ジェニファー・アニストンといえば、若々しいボディラインを誇りつつ、無理をしている感じがしない歳相応の魅力もある女優さんで、演じる役柄といえばアラフォーのいい女ばかりだなぁと思っていました。 50代に突入したらキム・ベイシンガーのポジション(い…

えらく弁が立つ移民美女が本棚から選んだ「心に残る二冊」

ネイティブスピーカーでも英語で喧嘩したら絶対勝てない!ほど弁が立つ移民美女であるスラブ系美女Kさんと先日久しぶりに話した時、いつものように彼女が大好きな読書の話になりました。そこで読書家の彼女に聞いてみました。「今まで読んだ中で今でも心に残…

マットなのに乾かない bareMineralsのリップスティック

ぷるぷるの唇も可愛いけれど、マットな唇の静かな主張も捨てがたい。特にマットなのに柔らかそうな唇だったら、尚魅力的ですよね。アメリカ土産でいただいたbareMineralsのリップスティックで、マーベラスモクシーというシリーズがよかった! 皆さんのPCやガ…

久々にビートルズを聴いて思い出した人達

ビートルズ 私の中では クラシック(字余り)ブログを書く時は音楽を聴かない方がさくさく書けるということに最近気がついたのですが、枯れない美女シリーズを書く時、どうしてもビートルズのLet It Beが聴きたくなるのです。あのシリーズを書く時というか、…

ハリウッド映画【急募】男友達!

以前働いていた日系企業にこんな若い女の子がいました。「高校生の頃はバイトしてるか彼氏と一緒にいるかのどちらかでした。それ以来ずっと男が切れなくて。彼氏ができるともうそれが最優先で、友達と会わなくなるんです」彼氏がいる間は友達なんてそっちの…

ピンクの力を借りてバレンタインデーの簡素化をできないものか

ダイエーで買い物をしていてふと目に留まったメリーの商品。旬の果物である苺のフレーバー。 夫がアメリカ人なので「バレンタインデーだからチョコレートを買う」という必要もない私ですが、中身を見てみてバレンタインデー用にいいなぁと思いました。なぜな…

【デスパレートな妻達】こんなにも上手く使われたBGMを私は知らない

「このシーンにこのBGM、完璧だ!」と思うシーンに出くわすことは、TV番組でも映画でもそうありませんよね。私は、大好きなTVドラマ「デスパレートな妻たち」で一つあります。主役の主婦の一人、Bree(ブリー)が描く裕福な家庭の理想的なディナーのあり方。…

外国人の夫もまじえて実家で食事・・・夫の居心地を最優先に考えた結果、これが最高です

夫が初めて私の実家に挨拶に来ることになった際、両親(特に母)が頭を悩ませたのが食事です。「Wさん(私の夫)はどんなものが好きなの?お寿司でも用意すればいいかしらねえ」お寿司は私が食べたいので注文しておいて、とリクエストしながらも、メインはい…

ウェイトレスの気合いはおだんごの高さに表れる

横須賀基地のホリデーパーティーラッシュ中、私が勤務していた施設で働くウェイトレスさん達を見ていて気がついたこと。それは彼女達のおだんごの高さは、そのパーティーに来る人達のランクに比例するということ(爆)。ゲストに対して失礼のないように、と…

「洋書がすらすら読めるようになる単語集」は探すだけ無駄だとやっと気がつきました

「洋書がすらすら読めるようになる単語集」が売っていたらいいなぁって思ったことはありませんか?和訳も素晴らしい。だけど原書の素晴らしさには絶対かなわない。意味のわからない単語に気をとられなくなれば、原書に没頭できるようになるから、もっとボキ…

アジアン・ビューティー風メイクはもっと目元にパープルを取り入れてもよい

パープルやブルーのアイシャドウというと男ウケとは程遠いというイメージがあります。特に私のように、日本がバブル時代の絶頂を迎えた頃に、ブルーのアイシャドウxフューシャピンクのリップスティックという組み合わせのおねえさま達をリアルに見てしまっ…

平たい顔族こそ、色よりも光にこだわるべき理由

アイシャドウやチーク・・・ああ、あれもほしい、これもほしい。だけどお金がない!そんな人におすすめなのがM.A.C.のクリームベース。これ一つあれば、今もっている色物系(アイシャドウ、チーク)に命を吹き込んでくれます。私が持っているのはシェルとい…

V・I・Oラインのワックスによる自己処理は難しい

「アメリカで主流の脱毛方法はまだまだワックス - Inside the gate」という記事の続きです。 V・I・Oラインの自己処理が難しい理由 それはずばり目視による確認が難しいから。それから奥地になるとワックスがちょうどよく乾いたところでべりっと一気には…

お昼休みにちょっと眠りたい時に聞いていたプレイリスト

子守歌はオルゴール曲やクラシック曲じゃなくてもいいと思うんですよ。リラックスしやすい曲は人によって違いますものね。「ハードロックを聴きながら歴史小説を読む」ことでリラックスできる友人もいますし。私が日系企業に勤めていた頃、お昼寝時に聴いて…

眠れないなら眠ろうとしないというのもありだと思う

眠りたくても眠れなくて悩んだ経験が2回あります。両方とも社会人になってからで、長期に渡りましたが、1回目は精神的なことが原因で、2回目は肉体的なでことが原因でした。 常に時間に追いかけられていて、明日のことが気になって眠れなかった時。そして…

さいか屋のコスメカウンターをなめてはいけない

横須賀のさいか屋1Fのコスメカウンターフロアといえば、あまりぱっとしないため、購買意欲に火がつきません。じゃあ横須賀市民はコスメはどこに行って買うかというと、上大岡まで出て京急デパートで買う・・・っていうのとも違うと思うんです。なんか京急…

ブラウン系はやはり万能。平たい顔族にも使える!アイシャドウパレット THE HAPPY PLACE

とっても便利なこのアイシャドウパレット。いただきもので、bareMineralsのTHE HAPPY PLACEというセットです。 右上のパール入りのオレンジっぽい色は、私のような茶玉ではなく、ブルーやグリーンの瞳のエンハンサーとして役立ちそうだなぁと思った以外には…

イケメンが講師というのも考えものですよ

以前書いた記事で「ギターを習おうかと思っている」とちらっと書きました。この記事で書きました:LとRを間違えていたばかりに曲名がわからなくて手に入らなかった曲・・・。現在リピート中! - Inside the gate で、現代ではYouTubeのレッスン動画がいくら…

海外の美魔女達に共通していること

ハリウッド女優のジェニファー・アニストン、韓国のモムチャントレーナーことチョン・ダヨン.(最近影が薄くなりましたね)は40歳を過ぎても見事なボディの持ち主ですが、この二人に共通していることがあります。それは・・・ 1.Cheat dayをもうけている …

渾身の一冊ってこういうものだと思った

ずっと興味を持ちつつも、なぜか手に取ることのなかった「生きながら火に焼かれて」を読んだのですが、感動しました。最後に光が見えて、救われました。もっと早く読めばよかったと思いましたし、今年もあと残すところ約4ヶ月ですが、個人的にはこれがbook o…

アジアン・ビューティー風メイクはG-DRAGONに学んだ

ベースで接客業に就くと客層のほとんどがアメリカ人ですから、アジアンビューティー風のメイクをしていた方がうけがいいです。アイプチのやりすぎでかぶれた皮膚に尚アイプチを塗ってまでつくったガタガタの目元はアウトです。私は色々試行錯誤した結果、こ…

外国人女性とおつきあいしてみたい男性は読んでおいて損はない一冊

著者はきっとエレガントな男性だったんだろうなぁと思いつつ、妻である安井かずみ氏と時代の寵児としてあがめられていた頃の様子をまったく知りません。 いつの日か、日本がエレガントな国と思われる日が来ることを願いつつ、エレガントに筆を置くが、こんな…

もともと彫りが深い外国人がここまで気合を入れてしまったら、平たい顔族はもう太刀打ちできないのか

メイクに30分も時間をかけるのは平たい顔族だけだろうと思っていた私。ところがもともと彫りが深いが美女達も、しっかりメイクしているのです。強調する陰影がアジアンよりもはっきりしているからこそ、メイクのしがいがあるともいえます。それに顔立ちがは…

(6)skin colorという言葉ってあんまり聞きませんよね

シェアしたい英語表現100選(6) 「肌の色」を単語単位で英訳するとskin colorなんだけど、あまり聞きませんよね。じゃあ肌の色ってどういうのかというと"That lipstick is perfect for your complexion." 「そのリップスティック、あなたの肌の色にぴった…

デブでも無理やりスキニーを履く、という選択肢はなかった

ベース(米軍基地)で働くようになると、ダイエットの必要性を感じることが日系企業時代に比べてうんと減りました。とはいえ自分の体に対するコンプレックスが消えたわけではありません。 まだまだデブ認定基準が甘いベースとその周辺。だけどやっぱりスキニ…