Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

気が張っているセキュリティも、こんなところでうっかりしてしまう


米軍のセキュリティの人達は、拳銃とレディオ(無線)を常に所持しています。拳銃はホルスターに入っているから置き忘れる心配がないとはいえ(置き忘れていたら恐ろしいな・・・・)、レディオを置き忘れる人は時々います。置き忘れられたレディオから聞こえてくるやりとりを聞きながら、どうしてもリスニングのトレーニングをしてしまう自分。そして「僕、レディオをここに忘れていかなかった?」と蒼くなって戻ってくるセキュリティの人。

http://www.flickr.com/photos/56594044@N06/15822616643

photo by Official U.S. Navy Imagery

気が張っていても、やはり人間なのでつい忘れてしまうということはあります。例えば私が働いていたところには、客層の中にセキュリティも含まれていたのですが、しょっちゅう財布をもってくるのを忘れる人がいました。

以前にも書いたように、セキュリティの人達はまとまった休憩がとれませんから、原則的に食事はTo go order(お持ち帰り)です。そのオーダーをした後に、ユニフォームのポケットをごそごそと探り「あ、財布忘れた!!!ごめん、作り始めてくれないかな。すぐに戻るから!」と言って走り去っていきます。そして事務所に戻り、財布を持ってやってくる。
拳銃とレディオの装備だけでも神経を使いますから(慣れてきた頃が一番怖いでしょうね)、財布は二の次ということでしょうか。といっても、セキュリティの「うっかりさん」は彼だけでしたが・・・。
そこで私は彼が来店すると冗談で「いらっしゃいませ。お財布はお持ちですか?」と確認するようになりました。
「僕のことを覚えてくれているの?!」
そりゃあ覚えているさ・・・・。
「あ、忘れた。先に注文するから作り始めてもらえるかな?すぐに戻るから!」

5回に3回の割合で財布を忘れていましたね。ミリタリーIDが入っている大切な財布。無くすなよー。

 
関連記事:セキュリティの人々にとって過酷な季節がやってくる - Inside the gate