読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

こなれてきた手ぬぐいの魅力を英語で説明できますか?

Explore Japan English/Janglish

チェーン展開している置地廣場(おきちひろば)の手ぬぐいが好きで、使い込んでいたらもうこんなにくたっとなりました。柄は全て夏の柄です。

f:id:usmilitarybase:20150421065219j:plain

手ぬぐいってこのくらいになってようやくいい感じになると思うんです。風情があるというか。「もう捨てようかなと思う手ぬぐいがあったらまとめて送って欲しい。あの感じが好きなの」といってくる海外に暮らす友達すらいます。
夫が「君は手ぬぐいにはアイロンをかけないよね」と言ったので、当然だべ!と答えたのですが、なぜそれが当然なのか、外国人である夫にわかるわけがありません。
説明しようにも、こなれた手ぬぐいの風合いの素晴らしさを、私のお粗末な英語で表現することができないのが歯がゆいところです。だいたい手ぬぐいは英語でwashclothなのですが、どうもそれだと味気ない。

"It feels, looks better as it gets washed out."
「くたっと色あせてくると、よりいい感じになる」

と夫に言ってみたところ、「ああ、俺の母さんもそういう風に古くなっても使い続けているものとかあるみたいだよ」という返事がきました。
だからさ、その古くなってくるといい感じになるっていうのを、的確に言い表した表現が知りたいんですよ!

秋になると置地廣場の店頭に置かれる手ぬぐいも秋の柄になります。私は夏の柄が一番好きです。金魚や朝顔・・・テンション上がるなぁ。

Tenugui - Wikipedia, the free encyclopedia


関連書籍


関連記事