読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

酒で人生を棒に振る米兵


先日ちょっとした騒ぎが横須賀基地内であったそうです。一晩で五人逮捕。逮捕された米兵達を見て、酒は飲んでも飲まれるな、を教訓にした若者達が大勢いることでしょう。

http://www.flickr.com/photos/56594044@N06/7542977466

photo by Official U.S. Navy Imagery


まず最初に騒ぎがあったのがクラブ・アライアンス(通称Aクラ)のバーだそうです。そういう騒ぎのあと、たいてい本人達はつまみ出されるのですが、その時はセキュリティの人達の判断で、セカンドチャンスを与えたそうです。

結局その夜はクラブを閉鎖する事態になった

ところが血の気の多い若者達は同じ晩に再び騒ぎを起こしてしまい、もう一度かけつけたセキュリティがついに「従業員は今すぐクラブを閉館すること!従業員以外は全員外に出ろ!」といいました。
100人以上いた客は一人を除き、全員素直に命令に従いました。トラブルを起こしてjail time・・・なんてことになったら大変ですからね。
ところが一人のアメリカ人女性が「ここは2時閉館のはずよ。立ち去る必要なんてないわ」と言ってしまったのです。こういうことがあると、必ず一人はいるタイプ。「セキュリティとも交渉できる冷静で賢い俺/私 アピール」をしてしまう人のことです。このアピールのせいで、セキュリティともめて、このアメリカ人女性は逮捕されました。もちろん公務執行妨害です。

セキュリティに対し暴行した酔っ払い

さらにクラブを追い出された若者達は、気がおさまらなかったようで、騒ぎをなんとタクシー乗り場のほうまで持って行ってしまいました。そしてその騒ぎをききつけたセキュリティ二人が到着し、騒ぎをおさめようとしたのですが、なんと酔っ払いの一人が、セキュリティの一人に飛び掛ってペッパースプレー(目潰し)を奪おうとした上、首を絞めてしまったのです。

周囲にいた米兵達はみな彼を止めました。「お前セキュリティに対して何やってんだ!」と。首を絞める様子を見たことで、全員酔いがさめたのです。
首を絞められたセキュリティはトレーニングを受けていますから、警棒と護身術で応戦し(やはり武器はつかいこなせてこそ武器なのです・・・)、その米兵は御用となりました。

http://www.flickr.com/photos/56594044@N06/5782217704

photo by Official U.S. Navy Imagery

他にもその場にいた3人が暴れたことで逮捕されました。
こうして一晩で五人の逮捕者が出たわけです。

逮捕された兵士達の今後ですが、除隊になるかどうかはベースキャプテンだかコマンディングオフィサーの判断になります。それまでは留置場で過ごします。
除隊は免れたとしても、ランクは最下位に降格、そして永久に据え置きになるのではないか、とのこと。これは実質的に除隊と同じようなものです。わかりやすく言い換えると、自己都合で退職に持って行く方法ですね。

ランクが一番下(E1)になると、住宅手当がありませんから船で暮らします。
船で暮らすといっても豪華クルーザーとはわけが違います。
自分はそうやって永遠に船上暮らしで、周りはどんどん自分よりも若い兵士達になっていく・・・・。それに彼が耐えられるでしょうか?
こうして軍をやめてアメリカに帰って職探しをするにしても、逮捕歴が壁になります。また軍を辞めた理由を聞かれるでしょうし、reference check(以前の職場での勤務状態や、その人の簡単なバックグラウンドチェックを含めた身分照会)でひっかかって再就職が難しくなる可能性もあります。

お酒を飲んで気が大きくなると、もうその人は別人になってしまう・・・。酒は恐ろしいですね。

関連記事