読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

外国人英会話講師達がシェアしていた日本に関する予備知識

Explore Japan アメリカ人


私が勤めていた子供英会話スクールにやってくる外国人講師達が必ず持っているものがありました。それはまだ見ぬ日本に関する予備知識のリストで、先人達が送ってくれたものでした。
そこにはいったい何が書かれていたのでしょうか?私が覚えていたものは二つあります。

http://www.flickr.com/photos/70606346@N00/3946004755

photo by kurichan+

1.日本人は不公平な割り勘を文句も言わず支払う。

http://www.flickr.com/photos/34427466510@N01/2056790356

photo by ericsoco


飲食した物、量にかかわらず、人数でざっくり割られることを外国人講師達(私のスクールは全員アメリカ人でした)は不公平、不合理だと感じていました。
これは日本人の私達ですら感じることですよね。
例えばお酒はそれほど好きじゃなくて、つきあいで最初の一杯だけ飲む人でもきっかり割り勘されたりとかあるじゃないですか。誰か一人が気を利かせて「○○さんは一杯しか飲んでないから¥XXXXでいいよね?」とでも言わない限り・・・。

アメリカでは会計はまとめてでよいのか、それとも別々にするのか、テーブルで注文し始める時点で確認してくれますから(私もこのシステムはいいなぁと思います)、彼らにとってこの不公平な割り勘については事前に知っておく必要があることとして、リストに載っていました。そうすれば最初から「僕は/私は別々でもいいかな?」と言えますからね。

2.日本のデオドラントは弱すぎる。

アクセ ドライアクション固形デオドラント フェニックス 76g (並行輸入品)

 アクセ ドライアクション固形デオドラント フェニックス 76g (並行輸入品)


確かにアメリカのものに比べたら日本のデオドラントは弱いですよ。金曜日の横須賀、特にどぶ板の夜はAXEの匂いが充満するといってもいいほど、アメリカのデオドラントは強いです。
現在はその強いデオドラントに含まれている発がん性物質が取り沙汰されていますから、強ければ強いほどよいと思っている人達ばかりでもないと思いますが、「日本に持ってきたほうがよいものリスト」に載っていたものの一つです。
今では日本のドラッグストアでも買えると思いますけどね。世界は小さくなりましたよ。


【関連記事】


【外部関連サイト】
海外に住んでいらっしゃる方は「ああああ、わかる!!!」と感じるものが多いはずですよ!

www.japan-talk.com