読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

年に一度の短期バイト募集でとりあえずもぐりこむという手もあります

米軍基地で働く 実録 ベースで働くってこんな感じ

 

横須賀基地で働きたいという人達に向けて、大切なことを書き忘れていました。

米軍基地の空席応募の競争率はすさまじいものがありますが、年に一度、そこまで熾烈な争いを乗り越えなくても、ベースで働くチャンスがめぐってくる時期があります。それがホリデーシーズン向けの短期バイト募集です。今年はあるのかなぁ。就労場所はNavy Exchange(ネイビーエクスチェンジ)です。

http://www.flickr.com/photos/21157419@N05/4139299138

photo by laurieofindy (あくまでもイメージです。実際の就労場所ではありません)


ホリデーシーズンってアメリカ人がこぞって買い物をするじゃないですか。だからその繁忙期用のスタッフ補充です。Black Fridayなんてどんなことになるんでしょうね。店内しっちゃかめっちゃかにされるんだろうな。
実際に働き始めるのは9、10月くらいからだと思いますが、米軍基地内で働くことが決まるとペーパーワークが多いため、募集はかなり早い時期から始まると思います。タウンワークをチェックするようにしておくとよいです。

なぜ他の空席に比べて競争率が低いのか?

やはり短期バイトだからでしょう。時給も安いだろうし、契約時間数だって「がっつり稼ぎたい!」という人にとっては絶対足りないと思います。一人暮らしの人には厳しいです。
ベースでの仕事を探す人は、オフベースの求職者同様に、やはり定職に就こうと思うわけじゃないですか。短期バイトではちょっと・・・ということで、募集数が多い割りに応募者数はそこまで多くないんじゃないかなぁ。
まあ求人数に対する倍率が高いことには変わりないのですが、一般の空席(常用)に対する競争率よりは低いです。

http://www.flickr.com/photos/54179498@N00/5436096181

photo by Hamad AL-Mohannna


これを機にベースに入って、短期バイトの契約から、雇用形態の切り替えを経てレギュラーで使ってもらえるかもしれませんよ。Navy Exchangeでの接客で終わりたくない、と思っているあなたは、そこで接客している間にご縁があって、他のところに異動できるかもしれないし(ベースではコネがものをいいます。すごいです)、とりあえずベースに入るには短期バイトも悪くないですよ。

insidethegate.hatenablog.com