読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

前置詞+関係代名詞の並び替え問題(2)チェコスロヴァキア?どうでもいいよ

一緒にRe-Start


苦手な人が多いといわれている前置詞+関係代名詞の並び替え問題その2です。

第二次世界大戦勃発直前、ヒットラー率いるドイツに対し融和政策をとっていた、イギリスの当時の首相チェンバレン氏は弱弱しくこういって、チェコスロバキアに対するナチスの侵攻・支配に眼をつぶることにしたそうです。

Chamberlain had abandoned Czechoslovakia to the Nazis, bleating that theirs was"我々が知りもしない人々の間の、遠い国での口喧嘩".  

上記の太字の内容に合うように、下の語句を並び替えてみてください。
faraway, between, a, country, a, whom, quarrel, nothing, of, know, people, we, in."

http://www.flickr.com/photos/41900181@N02/5044918197

photo by Naroh アラフォーがチェコと聞いて連想するのは、やはりモルダウ川でしょう。ということは、アラファト議長といえば松本明子、という年代でもあります(知っている人だけもだえてくれればいい)。

ALL IN ONE Re-Startをお持ちの方は、この問題が難しく感じられる場合はLesson121(P274)を参照してみてください。

正解は・・・・・・・・・

Chamberlain had abandoned Czechoslovakia to the Nazis, bleating that theirs was "a quarrel in a faraway country between people of whom we know nothing."

よくわからない方は、こう分解してみましょう。
theirs(彼らの問題)was a quarrel in Czechoslovakia between them(=チェコスロバキアの人々) and the Nazis, and we know nothing of them(=チェコスロバキアの人々とナチス).

themをwhomに変えて一文にまとめてあります。

例文出典元

【モバイル】Pamela Harriman: Life of the Party
【PC】Pamela Harriman: Life of the Party

英語で近代ヨーロッパ史を学んでいるような気分になる本です。

関連記事:前置詞+関係代名詞の並び替え問題(1)リーズ城を買った令嬢Olive Baillie - Inside the gate