読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

(23)最後の一つがいつまでたっても皿に残っている、なんてことがないのがアメリカ人

シェアしたい英語100選

シェアしたい英語表現100選(23)「それ、食べないの?」

大勢で食事をしていて、シェアしている料理のお皿にたった一つ食べ物が残っていたとします。
「いただいてもいいですか?」と誰にも確認もせず、「よかったら食べません?」と周囲にすすめることもなく、黙ってぺろっと最後の一つを平らげてしまうと白い目で見られるのが、日本人同士の会食・・・・疲れますよねぇ。アメリカ人やフィリピン人とならそういうことはありません。

http://www.flickr.com/photos/46528311@N00/247876060

photo by SchultzLabs

だけどさすがにアメリカ人でも、シェアしているお皿ではなく、他の人のお皿に残っているものは「それ、食べないの?」と確認してから食べますよ。
「食べないの?」ですから"You're not eating it?"と否定文で聞きたくなるところですが、こう聞きます。

"Are you gonna eat that?"


おまけ 食べるのが遅い女性にいらっときたら使える表現

私は女性の中では食べるのはかなり早い方だと思っていますが、それでも夫にしてみたらいらっとくることがあるようです。最近では言われなくなりましたが、つきあい始めてお互い素の部分を見せられるようになった頃=蝶よ花よと扱われる期間を過ぎた頃、一緒にハンバーガーを食べていたら夫にこういわれました。

"Are you eating it or making love to it?"
「君はそれを食べているの、それともそれとセックスしているの?」

男性がよく使う表現ですね。あまりにも時間をかけているため、単に食べているというよりは、食べ物といちゃいちゃしているかのように見える→さっさと食べろよ!という皮肉です。

このテーマの記事を全部読む


関連記事