読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

"Do you know who I am?"と聞かれたら・・・・

実録 ベースで働くってこんな感じ

ベース勤務にしていた頃のある日のことです。

そのアメリカ人男性客は中年くらいだと思われましたが、ちょっとセクシーで素敵な人でした。スーツを着たらLEONのモデルとして使ってもらえそうな感じ。
その男性客が私の前に座ったので挨拶をし、互いに自己紹介するとこのハンサムな男性はJames(仮名)と名乗り、私にこう聞いてきたのです。

"Do you like working here?"
「ここで働くのは好き?」

よくあるスモールトークだと思って「はい」と答えました。
だけど次の質問を聞いて、ただのスモールトークではないな、と思いました。

"Do you like people you work with?"
「一緒に働いている人達は好き?」

なんだか尋問みたいだなぁ・・・と思いつつ、"Yes, most of them."と答えました。するとまだまだ話は続きます。

"Aren't you working here a little too long not to have a name tag on?"
「君はそろそろネームタグを(ちゃんと支給してもらって)つけて仕事をしているべき頃だよね?」

(私が就業し始めて2,3ヶ月ということを知っている人=内部の人なのかな・・・)

"Well, it's not my problem. The management is still working on it."
「私ではどうしようもできません。彼らがまだ準備をしているはずです」

するとこの魅力的な男性はこういいました。

"Do you know who I am?"
「僕が誰なのか知ってる?」

"You said you're James."
「ジェイムスさんですよね」


"I'm .......(組織名と役職)."
「僕は・・・・」

実はこの男性は本国からやってきたお偉いさんでした。

Embarrassed

しまったぁ!

だけどDo you know who I am?と聞かれた瞬間、Who do you think you are?「何様だと思っているんですか?」と言い返したくなったのをぐっとこらえてよかったです。
ちなみにこの後、同僚達に「私の立場に立ったと想像してみて。100ドルもらったら、あなたならあの状況でWho do you think you are?って言ってた?」と聞いてみました。
誰一人としてたった100ドルのためにリスクを犯す者はいませんでした・・・・。

関連記事

ゲートのセキュリティがオフィサーにあることで注意をしたところ、オフィサーからは"Do you know who I am?"と返って来ました。脅しですよね。その時セキュリティはどう答えたでしょうか。>>米軍におけるランクにまつわるエピソード オフィサーにも、いや、オフィサーだからこそas**oleもいます - Inside the gate