読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

外国人女性とおつきあいしてみたい男性は読んでおいて損はない一冊

良かったもの/気になっているもの 印象に残った日本人

著者はきっとエレガントな男性だったんだろうなぁと思いつつ、妻である安井かずみ氏と時代の寵児としてあがめられていた頃の様子をまったく知りません。

いつの日か、日本がエレガントな国と思われる日が来ることを願いつつ、エレガントに筆を置くが、こんな事も書かない方がエレガントだったりして・・・。

こう書きのこした著者は、日本がエレガントな国に成長する前に、自ら命を絶ってしまいました。それが今から6年前の2009年のことです。

バブル時代の日本の象徴であり、憧れの的だった夫婦。時代のアイコン安井かずみに磨き上げられて、育てられた男

私は著者である加藤和彦氏の音楽家としての活動をあまり知らないため、どうしても妻であり時代のアイコンでもあった「安井かずみに選ばれた男」というだけで無条件にこの男性を評価しています(何様)。
安井かずみ氏がどのくらいお洒落で魅力的でカリスマ的な存在であったのかは、サブブログに書いたロールモデルを演じ続けるのも大変だったと思う - マリア様はお見通しという記事を読んでいただければわかるのですが、彼女は「ファッションや生活のスタイルというもののお手本が日本にないため、海外の雑誌を参考にしている」という人でした。だからこう、どこか味付けがフレンチなんですよ。
加藤氏もそんな彼女の影響を少なからず受けていると思います。彼女と出会う前からお洒落な人ではあったのだろうと思いますけれど。

男が試されるバー。そしてその楽しみ方

バーと言えば、雰囲気のよい場所なら女性を口説くために利用する場所にもなりますが、加藤氏の場合、男が試されるような非日常的な空間を選んで、そこで本物の素晴らしさに触れて自分の養分にしているようでした。
ニューヨークにある「ハリー・チプリアーニ」というバーがそれなのですが(現在は「ベリーニ」と名前を変えて移転してしまったとのこと)、これは伊・ヴェネツィアにある「ハリーズBAR」のニューヨーク支店で、オーナーのジュゼッペ・チプリアーニ氏の接客に加藤氏は魅了されていました。
このチプリアーニ氏のように、ロールモデルにしたくなるような「大人の男」を間近で観察できるというのも、無形財産となったことでしょう。それにしてもこのバーってあの辣腕編集者・島地勝彦氏のエッセイ にも出てきませんでしたっけ?

レストランで男は判断されるというのは本当だけど、「立てたくなる女」の存在も不可欠

日本人男性がどうしても苦手意識を持っている、あるいは気に留めてみたこともないのがレストランをはじめとする場所でのエスコートなのではないでしょうか。
エスコートといっても「女に何でもかんでも先にやらせればいいんだろ?」というだけではなく(それはそれで当たっているのですが)、結局自分がスマートに見えることばかり考えている男はエスコートがうまく行きません。それではどういう男性がきちんとエスコートができるのかというと、それは女性へ敬意を持っている男性なのだと本書を読んで思いました。

レストランの席に着くまででこうであるから、食事中ずーっと男がリードしなければならない。しかも女性を立てて。これはなかなか大変である。何せ自分の家内をアテンドしているみたいなものである。メニューのアドバイスからワイン選び、良い席の確保、やることは山ほどある。(中略)メニュー、ワインを注文し終わったからといって、ほっとしてはいけない。食事を待つ間、女性にずーっと話しかけていなければいけない。

日本だとカップルが向かい合って座ってお互いに別々の雑誌を見ていたり、今の時代ならば二人とも携帯をいじっていたりするなんて珍しくもなんともないですよね。要するに「カップルだから一緒にいるだけ」であって、「この人と一緒にいたい」という風には見えない、まあよく言えば年季の入ったカップルで、悪く言えば・・・・なんて言おう。
「二人が心地よければそれでいい」で済まされて、なんとなく目を背けてしまいがちなこの状況を加藤氏はよしとしませんでした。
だけど女性側が、こういう風に男性に「頑張らなきゃ!」と思わせるだけの女であることも大事なのではないかと、本書を読んで思いました。男性の敬意と努力に値する女。女が男を育てる部分も絶対あると思います。
安井かずみ氏はどこに連れて行っても決してハードルを下げてくれなさそうな女性でしたが、それを加藤氏が楽しんでいたのか、それとも時には気楽な食事を楽しみたかったのか・・・・二人の結婚生活の陰と陽の部分は安井かずみがいた時代 (集英社文庫)を読んで判断していただけたらと思います。

バブル時代の象徴だけど、バブリーなダサさがなかった夫婦

今の時代ならば「セレブ夫婦」とでも称されてマスコミに持ち上げられていたかもしれませんが、それもちょっと似合わない。TV番組に出てきて「このカウチはイタリア製で○○万しました」とか絶対言わないお二人だったであろうと思います。
金銭的にはもちろん恵まれていて、だいぶ散財していたようですが、この夫婦に共通していたのは「こだわり」。住む空間、食べるもの、身につけるもの。好きなもの、美しいと思うものにしか囲まれていたくない。
そのこだわりが詰まっているのが、この一冊。もう絶版になってしまいました。

加藤和彦、安井かずみのキッチン&ベッド―料理が好きで、人生が好きで...生活エンジョイ派のメ4 (1977年) (21世紀ブックス)

日本や日本人に対するダメ出しが多い一冊なので、鼻につく人は多いと思う。だけど指摘されていることに対しぐうの音もでない

またダメ出しかよと思いつつ「まあ加藤和彦に言われるならしようがないかぁ・・・」と思うでしょう。
加藤氏は何も「外国人のように振舞え」と言っているわけではないのです。「日本人として恥ずかしくない振舞いを」ということをおっしゃっているのだと思います。

「おっ、日本人も結構格好いいじゃないか」と言われるような男性、女性が増えたらいいなという願いが込められた一冊。
だけどクリスマスのところは非常に参考になると思いますよ。外国人のガールフレンド、しかも相手がクリスチャンの場合、感謝祭から元旦まで続くホリデーシーズンに向けての準備にかける労力や予算配分はクリスマスにがつん!と行きましょう。
西洋は大晦日のカウントダウンよりもクリスマスに重きを置くのですから。

最後になりましたが、外国人女性と一括りにしてしまいましたが、「永住権さえくれればあとは別にどうでもいいわー」という外国人女性にはここまでしてあげなくてもいいです。
それこそ労力と金、そして時間の無駄。愛し合って結婚した外国人女性との人生を彩るために「二人の暮らし」にこだわってみてください。

関連記事