Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

本当に危ない黒人男性

女好きであるということは、人種を問わず男性にしてみれば自然なことでしょう。だけどそれに対して黒人男性はとても肯定的で、隠そうともしません。ヘネシーがあって女さえいればとりあえず3か月は生きていそうな気がします。
また女性を褒めることは挨拶代わりみたいな若い子達も大勢います。ここらへんはラティーノと似ています。

関連記事:(20)こんな風に褒められたら嬉しいっていう褒め方はどれ? - Inside the gate

見るからに女好き、という軽い黒人男性よりも、こういうタイプが危ない

(「おう、バナナ切ってみろよ」とか言いそうですよね)

だけど本当に危ない黒人男性は、口の巧いチャラいタイプでもなく、どぶ板の首都とも呼ばれているCLUB54でイキっているギャングワナビータイプでもなく、上の画像のD'Angeloみたいな見るからにエロいタイプでもありません。
それではどんなタイプが危ないかというと、わかりやすいセックスアピールはないけれど(フェロモンの無駄遣いをしない)、知れば知るほど惹かれてしまうような寡黙なタイプだと、私は思います。
ギャングワナビーみたいに徒党を組むこともなく、腰パンなんてもってのほか。あんな風にアンダーウェアを見せながら外を歩いたりしません。彼の下着やその下におさめられているものを見ることができるのは、彼が選んだ女性だけ。
ヘネシーのクランベリージュース割りをこっそり54に持ち込んで(しみったれてますね。ちゃんと買って金を落とせ)酔っ払って暴れ、手下に電話して「ティニーシャとシャネイネイは残せ。セルヤフォニークワとオバマニクワは帰らせろ!」とバラックに残していい女と帰す女を指示してボス気取りするような男が束になってもかなわないのが、この寡黙なタイプなのです。

私はこのタイプの黒人男性で知っているのは二人だけですが、一人は横須賀基地の衛兵で時々メインゲートで見かけます。彼はまだ確か21歳になったばかりだと思いますが、将来有望です。ありゃーおっかないママに厳しくも温かく育てられたタイプでしょう。で、ユニフォームの下にはタトゥーががっつり入っていそうなタイプ。感情をあまり外に出しませんが、あれはきっといい男になりますね。クラブやパーティーでbooty shakingする女は選ばなさそうです。
もう一人は大尉でしたが、あまりアフリカンアメリカンっぽくも、また軍人っぽくもありません。小学生くらいでどこかから移民してきたのかなと感じさせるものがあります。
「日本が好き。アメリカといえば唯一恋しいのは母親の手料理くらいだよ」
自分のランクのことも収入のことも鼻にかけていないけど、教養だとか品格がにじみ出る人。沖縄に駐屯していた時の話を聞いたことがあるのですが、「さぞいい思いをされたことでしょう」とやんわりと話を振ってみたけど、返ってきたのはこんな話でした。
「いや、三回結婚できる人もいれば僕みたいに一度もしなかった男もいるよ(笑)。沖縄に住んでいた時はオリオンビールの工場見学に行ったりして楽しかった」
ビールよりももっと好きなのがウィスキーで、山崎の黒ラベルは必ず家に置いておくと嬉しそうに語っていました。
セーターの上からでもわかる、緩やかなカーブを描く盛り上がった上腕筋を見ながら、口が上手くて手が早いだけの黒人男性よりも、こういう風にエレガントで静かな黒人男性の方が危ないよなぁと思いました。品はいいが、きっと遊んでますよ。だって女が放っておくわけないのですから。
今回は黒人男性に限って書きましたが、結局人種に限らずいい男はストリートには落ちていないということです。

 

Body & Soul: The Black Male Book (英語) ペーパーバック

 

関連記事