Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

謙虚になればおのずと見えてくる「自分に必要な努力」


「むつみちゃん、ぶらぱんなんだって。超ショックー。普通に日本人が好きだと思ってたのに・・・・」

こんなことをつぶやいた日本人男性がいます。

私はこのひとことを聞いた時、別にむつみさんがぶらぱんじゃなくて日本人男性が好きだったとしても、あなたのことは選ばなかったと思うよ、と言いたくなりました。確かに特定の人種が好きだという女性をその好みの人種以外の異性が追いかけても時間と労力の無駄です。
このひとことを言った彼は中年で、容姿に関しては記述を控えますが、最後に素人としたのはいつのことやら、という濃厚なオーラが出ています。そろそろ一人は寂しいということで、身近に独身女性が出現するとそれなりに行動に移しているようです。
だけどもしもむつみさんが異人種に興味がなく日本人男性が好きだったとしても、今の自分は選ばれないであろうという客観視ができて謙虚になれれば、行動が伴ってくるはずです。
その行動とはスピリチュアルに傾倒することでもなく、自己啓発本を読んで現実から逃げることでもなく、まずは食事制限で痩せて、そして関節にかかる負担が小さくなったところで運動を始め、体をデザインしてちょっとでもそそる男になることです。そしたらむつみさんは無理でも、いいことやいい人が自分の周りに集まってきますよ。
ひとまず「この人と肉体関係を持つことは想像できないし、したくない」というレベルを脱却すれば、開く扉もあります。


関連記事