読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

(33)内輪のもめごとをフェイスブックで公開しないと気が済まない人達へのひとこと

シェアしたい英語100選 カテゴリーの記事一覧 - Inside the gate


決してネタに困ったから書いていなかったわけじゃないんですよ。シェアしたい表現はまだまだあります。

求めているのは加勢なのか、共感なのかは知りませんが、知人、恋人、あるいは親族とのトラブルといったプライベートなもめ事をフェイスブックに投稿する人っていますよね。
特徴は「晒すけど名指しにはせず、『ああ、あの人のことね』と明らかにわかるようにする」という点。

「自分がやると約束したことを守れない。私があんなに愛していた間にも、あなたは浮気をしていた。わからないとでも思っているの?また同じ手を使って許しを請おうと思っているの?」

「あなたを痛い目にあわせてやるわ。私を甘く見ない方がいいわよ」

これ、フェイスブックでシェアする価値があるのでしょうか?本人に直接言えばいいことですよね。

関連記事:繊細なステイタスをあえて「全体に公開」にする理由 - Inside the gate

 

そういう時はこう言います。

Don't air your dirty laundry.

直訳すると「汚れ物を干すな」。
内輪のごたごたをわざわざ人目に晒すな、という意味です。

f:id:usmilitarybase:20160923125617j:plain

photo courtesy of Your Dirty Laundry Belongs in the Basket, Not on Facebook - Bane Tech


フェイスブックで汚れ物を干しちゃう人は、やっぱり「こんなことばかりしているから、いつまでたっても幸せになれないんだろうなぁ」という人ばかりです・・・。
だけどそんな人達にコメント欄からDon't air your dirty laundry.とはなかなか言えない。それを言ってわかる人なら、もめごとを関係ない人達にまでわざわざ晒すようなことを繰り返すわけがないのです。
ですから私は他の友達とShe's one of those who never learn.と陰口をたたいて終わります(苦笑)。

関連記事:アメリカ人のFBプロフィール写真と実物のギャップがすごくて「騙された」と思ってしまう理由 - Inside the gate