Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

ドレスアップした女性達を眺めながら、あげまんに必要な資質を考えてみた

 

ベースではそろそろホリデーパーティーラッシュやギフトの交換も終わって、皆そろそろ懐が寒くなってきた頃でしょう。
さて、パーティーにはたいていドレスコードがありますから、ゲスト達は皆ドレスアップしてきます。ベースで行われるパーティーの一つにNavy Day Ballという舞踏会がありますが、イメージとしてはこんな感じです。

http://www.flickr.com/photos/38345529@N05/6277290415

photo by Presidio of Monterey: DLIFLC & USAG

 

そこで女性客達を見ていると、大きく三つに分けられます。

 

  1. Sexual 性的なものを感じさせるだけで色気はない
  2. Sexy (健康的な)色気がある
  3. Elegant エレガントである


1~3の順でやってみたい女、つきあってみたい女、結婚したい女にあてはまるわけです。

夫を昇進させそうな、あるいは実際に既にランクの高い男性の妻=あげまん達というのは、やはり圧倒的に3.Elegantなタイプが多いのです。
夫のランクは私のランクよ!と言わんばかりに、夫の昇進のために上司達の妻とのネットワーキングに精を出す女性達は、そのがめつさというボロが出ないように、気をつけてドレスアップしなくてはいけません。

またもともとエレガントな女性というのは、何を着てもエレガントなのですが、彼女達の優雅さを目の前にすると、露出の高いドレスを着てきた自信満々の小娘達も小さくなってしまうのです。

ブスほど露出に走るというのは日米共通のようですが、異性の関心を引こうとしてやってみた努力が裏目に出てしまった結果のようにしか見えません。
見せる部分と隠す部分をしっかり計算しているエレガントな女性に今は太刀打ちできなくても、「こんなの着てこなきゃよかった・・・・」という失敗をして、自分のエレガンスの演出方法を模索していくのも、また楽しいではありませんか。

 関連記事:フィリピーナにドレスアップしろというと、なぜ皆娼婦のような装いをするのか - Inside the gate