読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

米軍基地でも、日本社会での社会経験は役に立ちます

実録 ベースで働くってこんな感じ Outside the gate(日系企業とか)


私も下の画像の女性のように通勤していた時代がありました。家に辿り着く頃にはもうぼろ雑巾状態で、夫も既に夕食を一人で勝手に済ませてくれていたため、自分だけで夕食を食べるのも面倒だったあの頃。横須賀基地で働くようになって朝の通勤ラッシュとはおさらばしたのと同時に、日本人社会特有のくだらなさや面倒くささともおさらばしました。

 

http://www.flickr.com/photos/16493883@N00/2588516258

photo by sekihan

 だけど日系企業という組織の中で学んだことは、米軍基地の中でも無駄にはなりませんでした。

「英語には敬語がなくて楽でしょ?」→あります。だから米軍基地で働き始めたからといってなんでもかんでもざっくばらんでよいと思ってはいけません

日本語ほど細かい決まりはないにしろ、英語にもやはりカジュアル、フォーマルはあります。

関連記事


例えば私が働いていた施設は、サービス業でしたから、施設各所に、あるいはイベントのある日は各セクションに数台無線が置かれて、それでやりとりをするわけです。その時に「忘れ物の問い合わせです。今○○の窓口に男性のお客様がいらっしゃっていますが、iPhoneをお探しです。ケースはライムグリーンでおとといxxに忘れていかれたとのこと。届出はありますか?」と無線で発信しますよね。
この時に「男性のお客様」のところでthe guyと言ってしまうか、ちゃんとthe gentlemanといえるかって、英語力とは無関係でむしろ私は社会常識だと思うのです。
無線=身内しか聞いてないからいいだろっていう日本人は、おそらく日系企業勤務時代もお客様に対して失礼天然し放題だったのではないでしょうか。無線でやりとりする場合、各無線が置かれている場所でお客様が目の前にいることだってたくさんあります。こういう感覚は日本社会で社会人として養なったものの延長線上にあると私は思います。

スポンサード リンク

 

社会人生活が思うようにいかない理由を、日本社会という環境だけのせいにしていませんか?

自己紹介記事やツイッターの自己紹介文にも書いている通り、日本社会で無駄に長い社会人生活を過ごして、いつも息苦しくて、その結果逃げ込んだところが米軍基地でした。
だけど日本社会でうまくいかない理由が、環境だけではなく自分自身にもある場合、米軍基地に来ても結局同じことです。人に好かれない理由が自分の性格にある場合、環境を変えても結果は同じですよね。

実生活でも人に嫌われるようなことをしている人は、オンラインでも他の人に嫌われるようなことを平気でやります。広告収入を稼ぐには、まずは集客です。膨大なページビューが必要ですが、嫌われ者はアクセスを集めるための手段を選ばないでしょう。そして嫌われる。 そういうサイトは検索エンジンに高く評価してもらえません。時間と労力をかけるだけ無駄です。 

飲み会でふと「もういいや」と思った

高校生くらいになった頃でしょうか。父親にこういわれたことがあります。

「社会に出たらな、自分を抑えて社会人として上手くやっていかなきゃ駄目だけど、おまえの場合は宇宙人枠だから自分を押し殺すくらいがちょうどいいかもしれないな」

自分を殺す・・・。
父に言われたとおりに自分を押し殺して社会人としてうまくやってきた結果、面白いことに会社で血液型の話になると「アベさんはA型でしょ?」と言われることがほとんどでした。本当の血液型を言うと絶対に驚かれたものです(ただ私自身、血液型性格判断はあてにならないと思います)。
まじめできちんとしていて、面白いことの一つも言わない人。目立たない方が何かとぜーったいに楽ってことは、身をもって知りました。

その反動でしょうか。退社して会社を一歩出ると急にエネルギーが沸いてきて、まっすぐ帰宅できないんですよ。あの頃の自分は確かにエネルギーをもてあましていました。よくないエネルギーだったと思います。

こんなことを繰り返していた頃、会社の飲み会に誘われました。お世話になった人の送別会でしたが、その晩強烈にこう感じたのです。

「もういいや。もう十分」

一緒に飲んでいる人達は悪い人達ではない。だけどここは死ぬほどつまらない。
一日8時間「死ぬほどつまらない」を積み重ねていくのが急に恐ろしくなったんですよ。そして小さな拒否反応が溜まりにたまって、ついに体調が悪くなってしまいました。

その時の記事(サブブログに飛びます):ストレスを侮ってはいけない - マリア様はお見通し

そして辿り着いた横須賀基地。毎日が爆笑の連続

水を得た魚という日本語の意味を実感しましたね。勤務し始めて感じたことは「なんでもっと早くあの会社を辞めてここに来なかったのか」ということ。私が勤務していた場所が特殊だったってこともあります。例えば日:米:比の比率でいくと日本人従業員が一番多い施設だったんだけど、日本人村独特の面倒臭さがなかった!みんなぶっとんでた。この人達はベースの外では働けないだろうなぁって思う人達ばかりで、出勤が辛いと思ったことは一度もありませんでした。このことに関してはまた別の記事で書きたいと思います。

関連記事