読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

ヒスパニック系の子供達の可愛らしさがすごい

横須賀基地をうろついていると、思わず振り返ってしまうほど可愛い子供達にたくさん会います。白人、黒人、ヒスパニック、アジアン、そしてmixed
私がベースで働いていた時、「可愛い!」と従業員達に声をあげさせる回数が最も多かったのが・・・・

ヒスパニック系

f:id:usmilitarybase:20170102131748j:plain

(Thank you for letting me share this photo, A! )

日本のアパレルが使いたがる外国人の子供モデルは、金髪x碧眼、あるいは目や髪の色にかかわらず、単に白人がいまだに多いようですね。
だけど私が働いていた施設ではヒスパニック系のインパクトのある可愛さに夢中になる従業員が続出でした(私自身も含めて)。
男の子も女の子も、くるんと長いまつ毛、黒くて潤んだ大きな瞳が特徴です。ミス・ユニバース輩出国が中南米に偏りがちなのも、納得の可愛さ。こりゃ将来美人になるだろうなぁと思う子がたくさんいました。
ただしあの大会に出場する中南米諸国の代表達は、子供達のように神様が与えた美しさだけではなく、それにちょっと手を加えた人造人間でもありますけどね・・・。

父ちゃん怖い

だいぶ前の話になりますが、この記事の冒頭の画像の使用を快諾してくれた、メキシコ人の男友達(画像の女の子の父親)に「これだけ娘が可愛い子だと、将来は色々心配だねぇ」と言ってみたところ「(愛娘にボーイフレンドを紹介される日を)家で銃を構えて待っているよ」という冗談が返ってきました。
だけどあながちこれは冗談でもなさそうです。メキシコ人の多くはカトリック教徒ですから、例えば結婚前に子供ができてしまったとしたら、男性は女性の父親に挨拶する際に命がけになるでしょう。ある程度高い社会階級に属する人達は特に。


関連記事:ヒスパニック系の母ちゃんが怖い - Inside the gate