読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「それでも僕はアメリカに帰りたい」

アメリカ人
(CNN) 米フロリダ州のフォートローダーデール空港で7日までに、手荷物を受け取る場所で銃撃があり、5人が死亡、8人が負傷した。捜査当局者らによれば、容疑者は検査済みの手荷物の中に入れて銃器を持ち込んだという。

 

こんな風にアメリカでは銃の乱射事件が後を絶ちません。また白人警官による非武装の黒人射殺が原因で起きた暴動など、ニュースを見るたびに気持ちが暗くなった2016年のアメリカでした。

"Baltimore Police"

そんな背景からでしょうか。帰省したアメリカ人達の多くからこんな声がきかれました。

「あと3年日本にいられるよう、日本の基地での仕事を探そうと思う。今のアメリカはなにかと気が滅入るよ」

The Honchで飲んだくれても、女性ですら一人で歩いてベースに安全に帰れる環境。安全で便利で、銃の乱射事件のない日本。
だけどそのぬるま湯から出て、アメリカに帰ろう=It's time,という人達もいました。そんな人達から聞いた中で、一番印象に残ったのはこんなひとことでした。

"It's crazy. It's depressing. It's different....but it's still home. I have to go back."

こう言った本人は、日本が大好きな米兵です。
給与だって日本にいた方が高い。
だけどやっぱり帰るべきところはアメリカなのです。なんだかんだあっても、やっぱりホーム。

関連記事:Honch(どぶ板)やチューハイ・スタンドから卒業できるアメリカ人、卒業できないアメリカ人 - Inside the gate