Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

古きよき横濱とみなとみらいの対比が好きです


久しぶりに伊勢佐木町まで行ってきました。関内~伊勢佐木町は私のヒーリングスポットです。相性がいい。時々吸い寄せられるようにのこのこ出て行ってしまいます。

おじさん人口が多い!イセザキモール

f:id:usmilitarybase:20161226123059j:plain

白塗りxフリルのついたドレスを着た老娼婦・メリーさんがふらついていた頃の時代の面影が残っているようです(私はメリーさんがいた頃のモールの様子を知るわけではありませんけどね・・・)。
どんどん開発が進んで新しくなっていくだけではなく、新しさと古さがちゃんと共存しているエリアだから好きなのです。できたらもうこれ以上「新」は取り入れずにこのままの伊勢佐木町であってほしいです。
通行人におけるおじさんの比率が高い理由は、横浜にお住まいの方ならご存知ですよね・・・。日ノ出町ー伊勢佐木町ー曙町は風俗店が多いからです。だからこのモールが通り道になっちゃってるんじゃないかな。
だけどそれが伊勢佐木町に必要な古さを維持してくれている、重要な要素なのではないでしょうか。お金をかけても守れないもの、時代の流れとともに変わってゆくものは当然あるけれど、風俗店の多いエリアをうろつくおじさんが醸し出すものは、いつの時代も変わりませんから。

ここで食事をしました バラッカ

バラッカ

食べログバラッカ

イセザキモールの中の小さなお店で、私達が入店した17時ちょっとすぎくらいはがらがらだったのに、18時を過ぎたらあっという間にお店が埋まってしまいました。早めに入ってよかったぁ~。
幅が狭くて奥行のある作りの店内には、長めのカウンターと、テーブル席がわずか(テーブル席は数が思い出せません)。おすすめはタコのジェノベーゼ!!
二人でブランデー一杯ずつとパスタx2、前菜x1で5500円くらいでした。

ここで飲みました メリサ ケバブ&バー

f:id:usmilitarybase:20161226122147j:plain

これもイセザキモールの中。ここ、ターキッシュバーなんだけど、どぶ板のhookah bars(フーカバー=水タバコが楽しめるバー)と全然雰囲気が違うの。いかに自分がどぶ板に毒されているのかがよくわかりました(汗)。
どぶ板のhookah barsには、あれらにはあれらの良さがあるんですよ。お洒落である必要はない。どぶ板が洗練されたら駄目なのです。
だけどこの写真を撮影した20分後くらいに、中年の日本人男性の団体が入ってきて、雰囲気はめちゃくちゃになりました。
男性店員が流ちょうな日本語で「お兄さん達、これから変なところに行くんでしょう!」と盛り上げていました。やはりイセザキモールといえば話はそっちに流れていきますよね・・・。

横浜のもう一つの顔 みなとみらい

これはみなとみらい。伊勢佐木町~関内~みなとみらいという風に歩いていくと、徒歩圏内でこれだけ横浜は違う顔を見せるものなのか、といまだに楽しめます。
みなとみらいの夜景は綺麗だけど、やはりこのエリアはデートスポットとして過大評価されていると思います。私も夫も年寄りなので、古い横濱の方が好きです。

f:id:usmilitarybase:20161226123058j:plain

ここと伊勢佐木町や関内を比べると、後者の古い良さみたいなものがよくわかりますので、お散歩してみてね。
ホテルを拠点にすると、新しい横浜と古い横浜(横濱と書いた方がしっくりくる)を散策してみるのはいかがでしょうか。

みなとみらいでおすすめのホテル

観光地として演出された「新の横浜」の真っただ中にあります。コスモワールドの大観覧車が部屋から見えて、ジェットコースターの乗客の歓声・悲鳴も聞こえます。
このホテルをおすすめするのは、新しい横浜のど真ん中にあるにも関わらず、雰囲気が落ち着いているところ。でも今はどうでしょう・・・もしも中国人観光客がこのホテルまで押し寄せていたら・・・・ああああぁぁ・・・・。

濱のメリーさん

このブログの読者ならご存じの方も多いはず。

【ドキュメンタリーです】

ここまで老いても白塗りの厚塗りでラブリーな装いの娼婦、メリーさん。
自分が愛したアメリカ人将校がいつ帰ってきても、一番きれいな自分を見せたいから、あるいは将校が自分を見つけやすいように、なのか忘れてしまいましたが、とにかくこのメイクとファッションには理由があるのです(見つけたとしたら将校は逃げるだろうな・・・)。
メリーさんがちょこんと座っているのを見た女子高校生が「うわっ、置物?!」というようなことを言って始まるこのドキュメンタリー。メリーさんはぱっと見そのくらい奇怪です。
そんなメリーさんがうろうろしていたイセザキモール。客の中には「メリーさんが使った食器は嫌」という人もいたそうです。

「おうちがほしい・・・」がメリーさんの願いでした。その願いはかなったのか?それとものたれ死んでしまったのか?

ヨコハマメリー [DVD]

イセザキモールや山下公園にも近い、関内周辺でおすすめのホテル

客室の大きな窓から眺める横浜港の朝焼けは絶景です。


関連書籍