読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

韓国人留学生に匙を投げられました

 

私がアメリカ留学していた頃、韓国人留学生の大半がイングリッシュネームを持っていました。なぜだか想像つきますね。

例えば皆さんが良く知っているキム・ヨナさん。

http://www.flickr.com/photos/52789087@N05/8563341439

photo by { QUEEN YUNA }

韓国人の人達はヨンアと発音するそうですね。ただそのヨンアってのもカタカナでそのままヨンアなんじゃなくて、母音にひねりが入ります。ってわけで発音しにくい。だから当時は韓国人留学生の多くがイングリッシュネームを持っていました。

だけど私のクラスで一人だけ、頑なにイングリッシュネームを持つことを拒む韓国人女子生徒がいました。ソウジュンという名前でした。もちろん実際の発音はソウジュンじゃないけど、カタカナで書くと一番実際の発音に忠実なのがソウジュンってだけです。

講師達も彼女の名前が正しく発音できず、「じゃあそこから先を、ソウジュン読んでください」とあてると、"No, it's ......"(「そうじゃなくって・・・」)と訂正されるのです。だけど講師は誰一人として正しく発音できませんでした。
私も正しく発音できなかったので、話しかけるたびに訂正されていました。そしてついにある日、訂正するのも面倒臭くなったソウジュンは、私に匙をなげました。


「もうジャネットでいい!」

その日から皆彼女をジャネットと呼ぶようになりました。楽ちーん。めでたしめでたし。

関連記事:韓国人は割り勘をしないのか? - Inside the gate


<留学時代の思い出シリーズ>


サブブログ