読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

【横須賀基地】日・米・比の三か国 みっともない客が一番多いのは

米軍基地で働く

横須賀基地に出入りするのは日本人、アメリカ人、そしてフィリピン人がほとんどですが、一番みっともない客が多い国はどこでしょう?
筆者自身の基地での接客経験をもとに、そして現在も接客業に就いている友人達から話を聞くと





(・・・・・・ドラムロール・・・・・・・)

 

 

 

 

Japan

Japan.....です。

これは残念ながら満場一致でした。ただし日本人の中でも限られた人達ではあります。

米軍基地の飲食店を一瞬にして**屋に変えてしまうマジックワード

日本人女性の団体のここが恥ずかしい(2) - Inside the gateという記事でも書いたのですが、横須賀基地内のアメリカンな飲食店を一瞬にして居酒屋風(しかもチェーン店)にしてしまうマジック・ワードが存在します。それは・・・・

 

おにいさーーーーーん/おねえさーーーーーん


です。
先日ベース内のある飲食店のバーで夫と飲んでいたら、こんな声が聞こえてきました。
「おにいさーーん、ビールまだぁ?」
男性客の声でした・・・。反応した日本人の店員さんの顔、ひきつってましたよ。やっぱりちょっと見ていて恥ずかしいですよ。それから日本人客の中に多いのが「こっちは金を払ってるんだからそれくらいやれよ」という態度。「お客様は神様です」をベースでも貫こうとする人達です。こういう人達ってきっとオーダーの準備ができたら「すみませーん」と大きな声で店員さんを呼ぶタイプですよね。

店員=下僕くらいに思っているのではないか

ああいう団体、多分みんなMLCの人達でしょ。技術系か事務系かはわかりません。
こういう人達に限ってチップはしみったれた金額なんですよ(あるいはまったくおかないとか)。それに比べるとアメリカ人やフィリピン人は、店員=ただの職業であって、店員だから人間として自分たちより下みたいな接し方はしてきません。
彼らの中にも時々ひどい人はいますが、日本人客ほど気が大きくなっちゃう客は見かけません。
で、こういう従業員達とは一線をかくしているというか、同じ基地の中にいながらにして別世界に身を置く日本人従業員がこういう人ってことです。変な人達に足を引っ張られないような高いところまで行くと、インターナショナルな感覚を持った日本人従業員と一緒に働けるのかもしれませんよ。

フィリピン人客もまた別の意味で恥ずかしい>>(サブブログに飛びます)お洒落なバーにも家庭料理を詰めたタッパーを持ち込むフィリピン人 - 横須賀基地の裏番長 フィリピーノ・マフィア

関連記事