読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

もうすぐ空母が出て行く、という時期のどぶ板周辺の雰囲気が好きです



4月下旬~空母がdeploymentに出て行ってしまう前の、ちょっと落ち着いた感じの横須賀中央が好きです。気候もいいですしね。

f:id:usmilitarybase:20160426180018j:plain

横須賀は新緑の美しい時期を飛ばして、いっきに初夏が来ます。春の訪れが節目として感じられないのは、それほど春を待ちわびていないからでしょう。だって冬も暖かいんだもの。
空母はまだいるわけですから、アメリカ人の姿はよく見かけられるのですが、「あ~あ、もうちょっとでdeploymentかぁ・・・・」というセイラー達のため息が風に乗って聞こえてきそうな、不思議な落ち着きがあるのです。

f:id:usmilitarybase:20160502105217j:plain

USS Blue Ridgeはもう出ていますし、残るは空母であるレーガン、そしてその他の小船のみ。これらが出払ったら、横須賀は静かになります。どぶ板のバーも暇になることでしょう。

横須賀基地メインゲート外の「あるある」

陸橋に続く階段の真ん中は、段差のない平らな帯のようなつくりになっています。

f:id:usmilitarybase:20160426224838j:plain

これでもうだいたい想像がつきますよね・・・・。
雨の日になるとこの階段も帯の部分も濡れて滑りやすくなります。そうすると必ずいるんですよ。ものすごい勢いで帯の部分を滑り降りてくる米兵が。
私はそれを見て「こけろ、こけろ、こけろ・・・!」と念じているわけですが、今のところ70%の割合でこけています。そして一緒にいる米兵達は自分達の連れがこける姿を見て大爆笑。私も心の中で笑っています(笑)。
横須賀は積雪がほとんどありませんが、積雪して路面が凍結したら米兵達にとってこの階段は最高のアトラクションになることでしょう。ただし酔った状態でやるなよ!頭の打ち所が悪いと危険ですから。
まあ米兵達のそんな姿を見かけることも、レーガンが出港したら当分なくなりますね。


関連記事