Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アジアン・ビューティー風メイクはもっと目元にパープルを取り入れてもよい(2)

そろそろホリデーパーティーシーズンですから、パーティーメイクはどうしようかな?とお考えのレディ達もたくさんいるでしょう。日頃は私服から浮いてしまうからできないような、ドレスアップした時くらいしかできない、ちょっと華やかなメイクやセクシーなメイクを楽しみたいですからね!
私は今シーズンのパーティーはスモーキーアイで行こうと思っています。

スモーキーアイメイクにおすすめのアイシャドーが、NARSの今年のクリスマスコフレの一つであるデュオアイシャドー#3911です。

f:id:usmilitarybase:20171110201206j:plain

スモーキーというと黒に走りたくなりますが、このパープル系のデュオだと黒ほどきつくならないし、ミステリアスな目元の演出にもおすすめ。

ベース代わりにつけるクリームシャドーで色味を調整

このデュオアイシャドー、思ったよりもパープルが出ないんですよね。左の色の上に右の色を絞め色として重ねると、商品説明にもあるようにチャコール系のグラデーションになります。あとで画像載せますね。
そこでパープルよりにしたかった私は、過去記事で紹介したパープルのシャドーペンシルをアイホール全体に薄く伸ばしてベースとして使いました。あるいはラベンダー系のクリームシャドウの上に重ねて寒色系のグラデーションすると、目元に透明感がでて瞳の色が際立ちます。だから若い子達はカラコンを入れて不自然な顔になるよりはこういうメイクをしてみるのもおすすめです。ばばぁでカラコン?そういう人達はもう不自然とか自然とか関係ないところにいらっしゃるでしょうからね・・・。

限定品のパッケージはMan Rayとのコラボ。

f:id:usmilitarybase:20171110201150j:plain


ベルベットシャドースティック #8267も秀逸。
限定品ではなく定番です。

f:id:usmilitarybase:20171110231522j:plain

今日紹介したデュオアイシャドーと既に持っているアイシャドーとの相性がよいので一緒に買いました。下瞼に使ってドラマティックアイにしてもケバくなりません。


関連記事