読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

中国の洗濯洗剤のCMが人種差別であると話題になっています

Globe trotting 世界を歩こう

中国のQiaobiというブランドの洗濯洗剤のCMが人種差別だと話題になっています。

www.aljazeera.com

問題のCMの動画はこちら。

黒人男性を洗濯機に押し込み、Qiaobiの洗剤を投入してまわすと、あらまぁ色白の中国人青年が出てきました!という展開。

洗濯機に入れるものって汚いものですよね。その汚いものの設定が黒人男性で、洗濯されてきれいになって出てきたものが、色白の男性・・・・。これを堂々と放送してよいのか・・・。話題づくりにはよかっただろうけど、ブランドの品位は疑われますよね。
最初はこの動画を話題作り、炎上目的だけで作られたやらせの動画だと思っていた人達もいたようですが、どうも本物のようですよ。

これって人種差別主義じゃない・・・?ととれるのは、この中国の洗剤のCMのようにインパクトの強いものだけではありません。
日本の美容雑誌で見かける「美白」というキーワードも、目が慣れている日本人としてはなんとも思わない人がほとんどでしょう。だけど様々な肌の色の人種が暮らす国の人達から見たら「白ければ白いほど美しいと謳っている広告をこんなに堂々と出して、日本は大丈夫なのか」と思うかもしれません。

関連記事:美白信仰は日本以外の国にも存在する - Inside the gate