読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

完ぺきではない歯並びがチャームポイントになっているセレブリティ達

Globe trotting 世界を歩こう


ツイッターにこんなリツイートが流れてきました。

詐欺師の鼻から下が写っていない画像を見て、あらまぁ可愛いと思ってクリックしてニュース記事に飛んでみると、rabbit teethでした。rabbit teethは読んで字のごとく「うさぎの歯」で、大きな前歯のことです。
アメリカ人(アジ専を除く)から見るとやや残念な歯並びだけど、日本だったらrabbit teethでも小動物っぽくてキュートです。

rabbit teethを持つセレブリティ達

前出の女性容疑者ほどうさぎ感はないにしろ、rabbit teethの持ち主として欧米のセレブリティで有名なのは、フランスでセックス・シンボルとして一世を風靡したブリジット・バルドー。

「ブリジット・バルドーの再来」と騒がれたドイツ人スーパーモデルのクラウディア・シファーもrabbit teethの持ち主でした。

お二人を見ていると、やや大きめの前歯でも、他の歯の大きさとの差がそれほどなく、出っ歯でなければチャームポイントにもなるという好例だとわかります。
また肉厚な上唇がrabbit teethに押し上げられるせいか、ちょっとめくれているような感じがするのも魅力的ですね。

日本では八重歯もまだまだ大丈夫

板野友美さんの全盛期には八重歯の魅力も見直され、付け八重歯まで発売されました。

需要あるのかな。

歯並びなんて気にしない!すきっ歯(gapped teeth)でもいい男に愛されたセレブリティ達

それはケイト・モスとヴァネッサ・パラディ。二人ともジョニー・デップと交際していました。

ヴァネッサは好きじゃないので画像貼りません。
ジョニー・デップがすきっ歯フェチとかそういうのではなく、きっとああいう「つかまえようとすると、するりと腕から逃れてしまうような雰囲気」の女性が好きなのかなと思います。猫型の女性っていうのかな。

関連記事:日本人女性にとって美しい歯並びはまだまだ優先順位が低い - Inside the gate