Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

若いフィリピーナと結婚することは簡単です

17歳のフィリピン人妻を持つ70代の元銀行マンの書いた本があります。

フィリピン人従業員がうようよしている横須賀基地で働いていて感じたことですが、日本人男性にとって10代のフィリピン人妻を持つことは驚くくらい簡単なことです。お金さえあれば。
私が知っているフィリピン人男性も、自分の20歳の娘を60代の日本人男性のもとに嫁がせようとしていましたからね(笑)。

私:あなたの娘さん、子供が出来て結婚したばかりだよね?

フィリピン人の友人:関係ないよ!マリア、お金は大事だよ。

この友人はこう思ったことでしょう。
自分の娘が小金持ちの男性と結婚すれば、自分がしたような苦労(出稼ぎの辛さ+収入は増えないのにどんどん増えていく親戚という名の送金先)はさせずに済むし、散々自分に甘えてきた娘に、今度は逆に自分が甘えてフィリピンに帰っていい暮らしができる。
ただしこの60代の男性には数千万円の貯金があるから嫁がせたいのであって、お金がなかったら嫁がせようとは思わなかったでしょう。


「定年後の楽園の見つけ方」についてのお話を、出版元の編集者であり私の大好きな中瀬ゆかりさんがされています。

youtu.be

書いてあることはもちろんいいことばかりではありませんが、要約すると:

 

  1. 最低限必要な3K=健康、金、かみさん
  2. 若くて素敵なヘルパーさんが1万円/月で来てくれる
  3. プール付きのコンドミニアムが800万円くらいで買える(借りても4,5万/月)
  4. 10万円/月あれば大満足の暮らしができる(ダバオ在住の日本人)
  5. 若い女の子と結婚できても、家族全員を引き受けて巻き上げられたあげくに捨てられる

Angela

フィリピン人を見ていて思う。やはりお金は大事だよ

「お金があるからって幸せになれるわけではない」というのは一理あります。大金を手に入れた途端にその人が変わってしまったことにより不幸になったり、あるいは周囲の人達が変わってしまったりすることもあるから。でも出稼ぎのために来日するフィリピン人達を見ていて、お金って大事だなぁと思いました。
「フィリピン人っていくらあればお金の心配をせずに幸せに暮らしていけるの?」と聞いたところ「3000万円」という答えが返ってきました。これはフィリピンのどこに暮らすかによっても違ってくると思うのですが、フィリピン人達は身を粉にして働いてお金を稼いで、フィリピンに帰っていきます。彼らが「これだけは絶対に買ってからではないとフィリピンに帰れない!」というのは土地・家・墓の三つですね。
フィリピン人とお金については、「フィリピン人の家族の集合写真にいいね!をする気になれない理由」という記事で書きたいと思います。

あなたは本当の楽園を見つけられるのでしょうか?

関連記事