Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

在日米軍の将兵をボーイフレンドに持つ女ならではのライフプラン


恋の始まりは楽しいものですが、二人の関係が深まっていくにつれて、それなりの辛さや悲しみも伴うものです。特に在日米軍の将兵の場合は3年ごとに駐屯地が変わりますから(PCS)、その期限が近づいてくるとどうしても避けては通れない場面に直面します。
愛する人とともに感じた季節の移ろいが美しければ美しいほど、「もう来年の今頃には彼はもうここにいない」と思う日が来るのがつらいものです。

関連記事:胸がちくりと痛むミリタリー用語 PCS - Inside the gate

米軍将兵との恋愛のビターな側面

USS Anzio staff visit HMS Cornwall

私の知人である泉さん(仮名)は、あと半年で日本を離れてしまうボーイフレンドにはっきりとこういったそうです。

「せいぜい日本を離れる3か月前には、私と今後どうしたいのかはっきり聞かせてほしい。私が傷つくだろうということでも、ちゃんと言ってほしい。私は大人だからなんとか乗り越えて行けるし、こっちにだって今後の身の振り方ってもんがあるから」

彼の次の駐屯地がどこであれ、泉さんが同行するには結婚するしか道はありません。彼の住む場所に合法的に暮らすということは、そういうことです。だけど彼が結婚は考えられないのであれば、彼女はこの先二人の関係が発展するのかどうかもわからないのに遠距離恋愛をするタイプの人ではありませんでした。
もう二人の関係には先がないのであれば、残された時間を二人で楽しみつつも「はい、次」と相手を見つけることも考えるべきです。日本を去ってしまったボーイフレンドに宙ぶらりんにされたまま歳をとるという選択肢は、泉さんにはありえませんでした。人生という名の長い航海は自分が舵をとるしかないのです。

Voyage

このPCSを節目に思い切って結婚するカップルもいますし、別離に至るカップルもいます。

ボーイフレンドの離日前から種蒔きを始める女性

彼女を笑う資格はない。だけど笑わずにはいられないこの計算高さとたくましさ、私は好きです。
将兵は次の駐屯地に関し、確か3つくらいまで希望が出せます。第一希望は横須賀に留まること 第二希望はハワイ 第三希望は・・・という風に。
ボーイフレンドの第一希望が通らずに、横須賀を離れることが決まってしまったフィリピン人女性・モニカさん(仮名)は、その知らせを聞いた当日にフェイスブックのアカウントを停止し、新たなアカウントを作りました。
要するにカバーフォトもプロフィールも彼とのラブラブの画像を使っているアカウントを停止して、シングルを装うために新たにアカウントを作ったということです。ちなみにボーイフレンドはあと4か月日本にいる、という状況で、ですよ(笑)。しかもそれを実行した日、彼女は泣きはらした目をしてクマもひどかった。
「さっさと次に行けるということは、彼と過ごした時間はその程度のものだったの?」と言いたくなる人もいるでしょう。その気持ちもわかりますが、プロポーズもしてこないのに「愛してるよ。(次の駐屯地に)遊びに来てね」というだけの男にこれ以上費やす時間は、30代の彼女にはないのです。女もタフに、現実的にならないといけない時はあります。

 

Depression: can impair decision-making

こうしてまた米兵漁りする生活に戻るわけですが、30歳を過ぎてどぶ板を飲み歩くとなると、もう一緒に飲み歩いてくれるのが自分よりもどんどん若い女の子だけになっちゃって、辛くなってくることでしょう。

お口直しにピュアなロマンスをどうぞ

あいのりがあほらしくなる本物のドラマ。奇跡は起きるのか。 - Inside the gate

 

関連記事