Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アメリカ人の強烈なかまってちゃんに学んだこと (3) 


アメリカ人の強烈なかまってちゃんDさん。言葉は悪いけど、あえてメンヘラという言葉を使わせてもらうことにしましょう。

「面倒くさい女」の全てがあてはまってしまうのに、まったく本人は気がついていない

私がうっかり彼女に「面倒くさい女」と言ってしまったことがあります。使った表現はhigh maintenance。Dさんの顔色が青くなったので謝ると、その場はなんとかおさまりましたが、わだかまりは残りました。その証拠に同じ日の夜にこんなメッセージが来たからです。

 

"Ummm... what do you mean by high maintenance when you say it?"

「ハイメンテナンスっていう時、あなたはどういうことを意味しているわけ?」

ああ・・・やっぱりまだ気にしているんだ・・・・。

そこで私は「手のかかるベイビーガールみたいなものよ~」などと言ってうまく逃げ切ろうとしたわけですが、敵は手ごわい・・・・。

 

"Oh ok... that term usually means a girl who is...

  1. bratty or self centered.
  2. Has higher than normal expectations
  3. Has a greater requirement for affection or attention
  4. Has more needs and/or demands and therefore more difficult or challenging.

http://www.flickr.com/photos/72181260@N00/96252426

photo by prayas

【和訳】
  1. (子供のように)行儀が悪かったり手におえない、あるいは自己中心的
  2. 他人に求めること・期待することが普通よりも多い
  3. 愛情や関心に対する要求が普通よりも大きい
  4. 普通よりも「くれくれ」あるいは依存型であるため、取扱が難しかったり、手がかかる
So maybe I thought you meant that."

「ああ、そうなの。その表現がたいてい意味することは1,2,3,4のようなこと。だから多分あなたが言いたかったこともそういうことなのかなと思った」

すごい!見事に全部あてはまってるのに気がついていない・・・・。この無自覚こそが、最大の問題なのではないでしょうか。

 

関連記事