Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

パーティーラッシュの横須賀基地。ウェイトスタッフの明暗が分かれる季節です

「体作りを普段からしておいてよかった」と胸をはるウェイトスタッフ、ダイエットをしようと焦りだすウェイトスタッフ・・・。
この季節の横須賀基地はホリデーパーティーのラッシュです。私が覚えているのは、このシーズンのウェイトスタッフ達は時々「落ちてる」んですよね(笑)。立ったまま、目を開けたまま寝ている人がいる。そのくらい肉体的にハードなわけですが、ウェイトスタッフ達の明暗が分かれる季節でもありました。なぜなら・・・・

ベスト着用禁止令が出た。腹はどうやって隠せばいい?

ウェイトスタッフ達は通常パーティーでサーブする場合、このようなベストを着用します。
だけどある年のホリデーシーズンに、人手が足りずに他の施設からレンタルしたウェイトスタッフが、とんでもないベストを持ってやってきたのです。
「これからマジックショーでも始めるのか?」といいたくなるようなベストで、彼以外は全員黒のベストだったため、どうしても彼だけ浮いてしまったのです。それを見たマネジャーが「全員揃ってないと見た目が悪いから、今晩に限っては全員ベストを脱いで白シャツにボウタイ、ネームタグのみでサーブするように」と言い出したのです。
確かに一人だけ変なのを着ている人がいたら、見た目は悪いですよね。

ところがこの指示で困ったのはウェイトスタッフ達。ベストは気持ちだけでなく、見た目も引き締めてくれます。そう、お腹を隠してくれるアイテムなのです。特にギャーギャー騒いだのは女性従業員達。
「マネジャーは実は三段腹フェチなのよ!だからベストを着させてくれないのよ!」と騒いでいたウェイトレスもいます。だけどこういう時、普段から鍛えている人達はベストを潔く脱ぎます。お腹に力を入れて引っ込める必要もありませんから、当然胸を張れますし背筋も伸びます。

胸筋・腹筋という最高のアクセサリー

「私達のテーブルには彼をお願い」と普段から指名をもらうことが多かったフィリピン人ウェイターがいました。恭しすぎず爽やかな彼は人気がありました。特に年配の女性から人気があって、彼が「車が欲しい」と一言いえば、本当に買ってくれそうな女性客もいました(爆)。
その彼がこの夜ベストを脱いだ瞬間、その場にいた人間達は皆こう思ったのです。

「なんかえろいな」

 
普段はダークなユニフォームの下に隠れている、ほどよく盛り上がった胸筋、引き締まった腹筋。小顔に見えるのは鍛えられた肩幅が広いからなのか、それとも小顔だから肩幅が広く見えるのかどっちなのかわかりませんが、彼を見ていて筋肉というのは最高のアクセサリーだなぁと思いました。そのアクセサリーの上に輝くゴールドのネームタグ・・・。
「アジア人の男なんてどうせモテないし」と言っている日本人男性達に、是非彼のボディを見てほしいと思いました。

女性はフレンチタイプがエレガントでおすすめ。

ベースで支給されるユニフォームはベストを始めアメリカンサイズのため、アジアンは微調整が必要なことが多いのですが、その時に便利だったのがこれ。



河口 超強力布用両面テープ 透明 10m巻 幅15mm


関連記事