読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

うっとりするようなスーツ姿は30代後半以降から

横須賀基地のホリデーパーティーと日本の忘年会の違いは、前者は目の保養になるスーツ姿の男性が多いということ!もうこればかりはしようがない。
米軍基地の中と外で、高身長のイケメン(※)の数を比べた場合、圧倒的にオンベースの方が多いのは当然のことです。

f:id:usmilitarybase:20161214033217j:plain

 (Werner Schreyer)

※平均身長は決定的にオンベースの方が高いけど、イケメンの定義については、私の好みの濃い顔であるというだけです。

今年のホリデーパーティーでアメリカ人男性達のスーツ姿を見ていて思ったのですが、やはりうっとりするようなスーツ姿は30代後半からだなと思いました。これは私が20代半ばくらいから感じていたことなのですが、その理由がわかりました。やはりスーツの下にあるものが違うからでしょう。

肩に背負っているもの。
傷やあらゆる負荷、攻撃に耐えてきた心。

男として、人としての成長や歴史を包み込むスーツ。年齢を重ねても何も学習しない男性はどの国にもいますが、そういう人達を除き、やはり酸いも甘いも知った、修羅場をくぐってきたであろう男のスーツ姿に比べると、20代の若いセーラー達の「ホリデーパーティーのために買いました!」というスーツを身につけた姿には色気を感じないのです。だけどこういう20代を通り過ぎての30代ですからね。
そして私は大勢の男性客のスーツ姿を見て、改めて自分の夫のスーツ姿が一番素敵だなぁと思いました。

初めてのテイラードスーツ

Emil Fusaro - Tailor

夫が初めてtailored suit(custom suitともいう)を作ったのは、28歳の時でした。正確に言うと、既製品を購入しそれをテイラーに出しただけなんですけどね。
それまでは体はできあがっていたものの、トレーニング(軍のトレーニングではなく、個人的なもの)などでもう少しバルクアップしたいと思っていたそうで、まあこんな感じかなとある程度体が決まったところで、テイラーに出しました。
テイラーといっても老舗ではなく、エクスチェンジに入っているあの小さなテイラーです。
体にフィットしたスーツにpocket square、tie pin, それからcollar stayといった小物のコーディネートもとてもうまくて、毎朝送り出す時に妻ながらほれぼれします。

彼がスーツを日常的に着るようになったのは、民間人として働き始めてからですから、もうかなり長いのですが、見慣れるということがありません。

「びしっときめたい」というエゴから着るのではなく、敬意を示すために着るスーツ

職場の女性職員達にきゃーきゃー言われるのが心配という気持ちから、夫にこう言ったことがあります。

「あなたが重要な役職についているのはわかるけど、毎日そんなにドレスアップして出勤しなくちゃいけないような職場じゃないでしょう」

すると夫はこういいました。

「確かに僕が働く場所はTokyo American Clubみたいなこじゃれたところでもなければ、The White Houseみたいな国の中枢機関でもないよ。
だけど僕の役職だと、いつキャプテン達が訪れてもいいようにしておかなくちゃいけないんだ。もしも急にキャプテン達が来て僕の服装がだらしなかったら失礼だろう」


ああ、夫のスーツ姿が素敵な理由はこれだ、と夫の説明を聞いて思いました。
びしっと決めていい男気取り程度だったら、ギラギラ、チャラチャラして見えるでしょう。
だけど客に失礼のないように、というエチケットと敬意を示すために着るスーツ。だからキャプテン達と張り合おうなどという気負いも、威圧感もなく、ほどよくエレガント。「俺が、俺が」というエゴの強さがないから素敵なのです。
そう、大切なのは中身。せっかく中身が魅力的なのですから、外見で損しないためにも、スーツを着こなす術をしるということは重要なのです。

ジャケットを脱いでも素敵な理由

ジャケットを脱ぐと、胸筋と自信を土台に作られた厚い胸板が現れます。
だから素敵なの?ええ。それも理由の一つです。だけどそれだけではありません。
シャツがぴしっとしているところ。そしてその美しい状態をキープするためになんとも間抜けなshirt staysを下につけていると思うと、スーツを着るということはそれだけで既にひと仕事というか、スーツ=戦闘服なのだなぁと改めて思います。

shirt stays - Google 検索

f:id:usmilitarybase:20161214013922j:plain

◆関連商品:ROTHCO / ロスコ 7196 MILITARY UNIFORM SHIRT STAYS ミリタリーサスペンダー

体格的にハンデがある日本人男性。スーツを着こなすにはどうしたらよいの?

どうしたらよいのかは女の私にはわかりませんが、日本人男性でもスーツ姿が格好いい人はいますからね>>ただものじゃないオーラを出していた日本人従業員 - Inside the gate
ただ彼の場合は少しホストっぽいんですよね・・・。
役に立ちそうなヒントがつまっていそうな関連書籍を紹介して終わりにしたいと思います。

 

関連書籍

政治家やスポーツ選手、芸能人御用達のスタイリスト・森岡弘氏の著書

 

関連記事