読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

米兵と結婚するあなたこそ、今からブログを立ち上げてみませんか?

「米兵と結婚して~アメリカやヨーロッパに駐屯して~ハーフの可愛い赤ちゃん生んで~・・・」という人生設計があり、経済的に100%ご主人におんぶに抱っこでその計画を実行される予定の方はこの記事を読む必要はありませんが、そういうことをしてご主人に愛想をつかされたくない人は読んでみてくださいね。

愛する人と支えあえるように、今からブログを立ち上げてみよう

ブログならPCがあれば世界中どこでも更新・運営できるし、人気がでれば(=比例してアンチも増えるからいいことばかりではない)そこそこ収入も生まれます。ブログで収入!という考えはもう時代遅れですが、私はまだまだ可能性があると思っています。

Holding Hands 2

例えばアメリカの基地に駐屯するとお給料も日本にいた時よりもうんと少なくなります。各種手当がなくなりますからね。あなたがすぐに仕事を見つけて共働きならば、ある程度貯金に回すこともできます。
だけどアメリカでは地域にもよりますが、日本人向けの求人は本当にごくわずか・・・。ご主人の収入にだけ頼って暮らすのは、あなたも肩身が狭いし心細いでしょう。そういう時ほんのわずかでもいいから収入があると、愛する人に依存しきらずに済んで自分も力になれますし、フットワークも軽くなりますから、自分の世界を持てます。

海外で旦那さんだけがすべてになって、自分の世界を持たないとどうなるか>>国際結婚は「ダーリンは外国人」のように喜劇の連続ではない - Inside the gate


 旦那さんに守られることだけを望んでいたら、お荷物になってそのうち粗大ごみとして捨てられてしまいますよ。そしてキャッシュは発言権ですからね。

日本にいる間に1万円/月を目指す

たった1万円じゃ一瞬のうちに消えてしまいますよ・・・。だけどブログで1万円/月って思っている以上に難しいのです。ですから一日も早く立ち上げて1万円を目指し、渡米する頃にはせめて5万円くらいになるよう目標設定しましょう。
それでは目標達成のためには何から始めればよいでしょうか?

1.100記事書くまでは広告を貼らない

広告は、ブログの管理人の信頼度が上がってから貼った方が効果的です。リピーター=あなたのファン、あなたのブログを読みたいと思っている人がちゃんとつ いて、「この人が紹介しているものなら・・・」と思ってもらえる方がクリック率、成約率が上がります。ですからとにかく100記事書いて、そこそこ人の役 に立つブログに育ててみましょう。広告を貼るのはそこからです。

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ(初心者向け。真実を知ってからの方が注力しやすいです。「誰でも簡単に50万円稼げる!」といった言葉に踊らされて余計なことをして他のブロガーに嫌われたり、かろうじて法律には触れないけど詐欺まがいのことをするのだけは避けたいですね)

逆に10記事くらいしかなくて、しかもその10記事がしょうもない日記なのに広告を貼っていたら、ケンシロウ風に言えば「おまえはもう死んでいる」って感じですね。
広告を貼るのはブログの価値を上げてからにしましょう。またブログの価値が上がったからといってアフィリエイト広告のべた貼りをするのも控えましょう。ブログの価値=地代が落ちます。

関連記事:米プレイボーイ誌を反面教師にしたアフィリエイトの取り入れ方 - Inside the gate


2.まずはポエムでもいいから書いてみる


100本ノック、どんなことを書きますか?
少しでも早く稼ぎたいから戦略的に投稿したいという気持ちはわかります。だけど戦略的に投稿するには、ある程度数をこなして失敗しないと方向性が見えてこないのも事実です。だから最初はポエムでもいいし、芸能人ブログみたいなつまんないこと書いてもいいと思います。それでアクセスが集まらなければ「アクセス=需要だから、私の書いていることは需要がないんだな」と学習できますからね。
でも100本を超えたらカス記事を書くのはやめましょう。イケダハヤト氏がおっしゃるようにブログはストック型ビジネスです。だけどカスをストックしたところで稼ぐブログには成長しません。逆にあなたのブログが人気ブログに育ってからであれば、カス記事すら資産になりますから、カス記事が書きたければそれまで待ちましょう。

関連記事

 

3.人が知りたがっていることを書こう

人が知りたがっていることを書く理由。それは検索エンジンからの来訪を増やしたいから。このブログにたどり着いたあなただって「アベマリアが書いているInside the gateが読みたい」と最初から思ってここにたどり着いたわけではありませんよね。何かを調べていたらここにたどり着いて、そこからリピーターになったのではありませんか?
検索エンジンからの来訪に頼らなくてもいいのは有名人だけ。だからこそ、人が知りたがっていることを書く必要があるのです。
海外に駐屯しているからこそかける記事の例として、現地で日本人妻として、高い語学の壁を乗り越えてどうネットワーキングしていくか、なんてことを綴るとよいでしょう。
関連記事:無名の人間はコンテンツの質で勝負するしかありません - Inside the gate

私はこのブログとサブブログの2つを運営していますが、アクセス解析をチェックするとき必ず検索キーワードを見るようにしています。そこで気が付いたことは、人はこんな時検索エンジンを使うということです。

  1. 恥ずかしくて人に聞けない
  2. 急いでいて今すぐ調べたい
  3. 自分が悩んでいることを相談できる人、理解してくれる人が周囲にいない

私はこの1~3を意識しすぎると、逆に検索エンジンに表示されないような気がするのです。例えばサブブログで書いた 引きこもっていても幸せは歩いてきません - マリア様はお見通しという記事なのですが、これが意外と読まれています。どういう人達が読んでいるかというと、引きこもりの子供を葬式に参列させるべきなのかどうかを悩んでいらっしゃる親御さん達です。100人に一人もいない人達でしょう。
何気なく書いた記事ほど、こういう風に周りに相談できる人がいない人達の役に立ったりするんですよ。ですから肩の力を抜いて書いてみましょう。その結果、誰かの役に立つ記事がストックされていくはずです。
検索エンジンからの来訪が増えたら、その人達にわかりやすくリライトすることも場合によっては必要です。

関連記事


4.くだらないおつきあいで疲弊しないようにしよう

質のよいコンテンツを書くことにエネルギーを注いでください。くだらないおつきあいはやめましょう。
私のブログの20倍くらいの読者がいて、記事に対する「いいね!」に相当するはてなスターも毎回200個くらいついているはてなブログがあります。文章が全然つまらなくて、アフィリエイト広告の画像でボリュームを稼いでいるとしか思えません。そこでよく読んでみたらやはりPV数(ページビュー数)は当ブログよりも少なかったです。読者数は20倍もいるのに・・・・。
アクセス数はそこそこあるでしょう。「あ、この人スターつけてくれてから、私もお返しに行かなくちゃ」というお義理スター返しに訪れる人がスターだけ押して立ち去るから、滞在時間は短い。するとどういうことが起こると思いますか?これは私の推測ですが検索エンジンによる評価が下がります。
GoogleやYahoo, MSNといった大手ポータルサイトの検索エンジンのロボットが巡回しに来た時に、「このブログは人が来てもなかなか居つかないんだなぁ」と判断したら、そのブログの質が低いと判断されたも同然です。するとそのブログは検索結果のトップページに表示されることはなくなってしまう=検索結果からのアクセスが稼げないということ・・・・。
仲良しごっこしている場合じゃありませんよ。

関連記事:なぜこんなに素晴らしい記事をはてブしたのが7人だけなのでしょう - Inside the gate

 

プログラミングやある程度htmlに関する知識がある人はこちらもおすすめ

視覚マーケティング実践講座 ブログデザインで自分ブランドを魅せる

ブログのデザインの重要性について学びました。コンテンツの豊かさも大事ですが、そのコンテンツを読んでもらうには、立ち止まってもらうことが必要です。ブラウザの「戻る」「X」のボタンをクリックしてほしくないのです。
「どんな人をターゲットに絞るのか」ということを考えて先にデザインを決めると、あなたが惹きつけたい人達がはっきりしてきて、アクセスの質が濃くなってきます。
これを読んでいろいろブログをいじって、できたブログが昔書いていたブログ「ブラジル男を骨抜きにするヒップの作り方」でした。

f:id:usmilitarybase:20160425184323j:plain

バナーは外注しました

これを見て引いて一瞬で立ち去る人と、「これだわ!」と立ち止まって読み進んでくれる人とはっきりと分かれるくらいでちょうどよいのです。それがブランドや個性です。


以上ですが、他にもブログにまつわるエトセトラというカテゴリー全体がブログ運営に関しておすすめなので、よかったらご覧ください。