読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

卑語を理解してもテストの点数は伸びない。だけど知っていて損はない

 f**k(ing), sh*t, bi**h...まあ卑語のオンパレードのこの動画(笑)。
でも憤りの強さを表すのにはこのくらい卑語を連発するのもわかる気はします。

(なぜこんなに怒っているのか、是非聞いてみてね。面白いから)

こういう若い男の子(外見、喋り方)、横須賀基地にたくさんいます。ランクでいうとE1~E3くらいかな。このような話し方を聞いていてもTOEICの点数には結び付きません。だけどやはりリアルな英語は聞いていて損はありません。卑語は自分が使うかどうかは別として、強いフラストレーションや怒りを表現する際に使われている場合、そういうものを聞くこともリスニング力を鍛えることにはつながります。ただし・・・

 

 当ブログでは繰り返しこう書いています。

「f**k, shi*t....汚い言葉使いは、普段との落差がないとまったく意味がない」

イヴァンカ・トランプさんみたいな清楚な美女が抑えきれない怒りや、あるいは驚きを隠せずに"What the f....."なんていうと、「ああ、この人今すごく驚いているんだ/怒っているんだ」と伝わってきます。なぜなら普段との落差(ギャップ)があるから。
だけど普段から言葉使いが汚い人が使ってもインパクトが小さいのです。

それにさらに付け加えるとしたら、卑語以外の部分が拙いと、卑語がアクセントとして活きてこない、ということがあげられます。f**kやsh*tの部分だけ威勢がよくなる日本人(特に女性)を見ていると、普段ろくなものをインプットしていないんだろうなぁということがわかります。
それに女性に関しては、そういう人と真剣につきあおうと思うアメリカ人男性はないでしょう。少なくとも常識があるまともな男性はそう思いません。日本にいる間の現地妻としてキープするくらいならよいけれど、自分の子供の母親になる女性としてはちょっと・・・と思いますよ。

 

関連記事