読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

空母がいないと商売あがったり・・・のどぶ板のバー


ケバブ屋兼hookahバー、「アリババ」の店主。

「元気?」と声をかけたらこう返って来ました。

「ハッピーだよー。なんでかわかるー?」

f:id:usmilitarybase:20160525020527j:plain

(写真写りもしっかりチェックしていた店主。「うん、いいね。かっこいいんじゃない!」って自画自賛w)

なんでかわかりますか?

それは空母であるレーガンの出港日が延びたから。本当ならもう今頃deploymentに出てしまって、横須賀基地周辺の人口が激減しているはずなのですが、レーガンに不具合が見つかって、整備・点検中のためまだレーガンが出られないそうです。
兵士を中心として何千人という関係者が乗っているのが空母ですから、当然この船が出て行ってしまうとどぶ板のバーの収入の増減には影響します。兵士の数が減るということは、それ目当てで遠征してくる女性達まで近寄らなくなりますからね。
だけどUSS Blue Ridgeが当分横須賀に留まるから、閑古鳥が鳴くような状態ということもまずないでしょう。特にRock cityやGeorge'sなんかはうはうはなんじゃないかなぁ。

レーガンの乗組員達に現在の気持ちを聞いてみました

こうして出港日が延びているということは、レーガンの乗組員達は愛する人々の側で過ごす時間が延びているわけですよね。嬉しいだろうなぁと思って聞いてみたら、嬉しいと答えた兵士はなんと一人もいませんでした!

「早く出て早く帰って来たいよ」

「出港日が遅れる分帰港日も遅れる・・・。もしかすると今年のクリスマスは海上で過ごさなくちゃいけないかもしれないんだって」

やはりdeploymentは早く終えてしまいたいようですね。まるで死刑執行日が延期されているような気分なのでしょう。

関連記事