Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「アメリカ人とつきあいたい」という女性の英語力が絶望的なケース

ベースで勤務していた時、アメリカ人男性と日本人女性のカップルに遭遇すると女性側からこんなことを聞かれることがありました。

「今、彼なんて言ったんですか?」

デート中のカップルに通訳として使われるということです。
その場合、そんなこともわからずにどうやってコミュニケーションをとっているのかな、と思うようなレベルの単語や表現で驚きました。

「えっ?!」と思うようなレベルの英語を話す女性達に上達の可能性はあるのか

彼女達が話す英語を聞いていると、「その文章にないとおかしいよ」という存在の単語がばんばん抜けてしまっていても、まったく気になっていないのです。例えばこういうことです。

I back to train station.

「駅に戻る(戻った)」と言いたいのでしょう。動詞go(went)が抜けるくらいですから、名詞の前の冠詞も当然抜けます。まあ冠詞はしかたないと思いますが、S+V+Oの第三文型くらいはおさえないと、英語圏の男性との長いおつきあいは難しいと思います。第三文型は基本中の基本ですもの。

◆ あれだけ「役に立たない」と思っていた中学英語 実は結構使われています - Inside the gate


また、あれだけ学校でしっかり勉強して、何年も触れてきているBe動詞もさらっと間違えます。

例: Kobe Bryant are great!

Kobe Bryant

あれ?主語はコービーなのに・・・・。
黒人の人達が使うYou/We/They was....というわざと文法を無視したBe動詞の使い方とは違って、素で間違えている状態なのですが、さすがに人名・単数と来たらisを反射的に持って来たくなりますよね。
だけどareを持ってくることになんの違和感を持たない人もいるのです。いったい学校英語で何を習ったのさー。これも基本中の基本なのに。ちなみに実際にこの文章を発した人は30歳を過ぎていますので、きっともうこのままでしょう。うーん、やっぱり語学はセンスによるものが大きいですね。積み重なったとしても、あやしい英語が積み重なっていくばかりでしょうね。

アメリカ人同士でも、男女がわかりあうことは難しい。そこに言語の壁が立ちはだかると・・・

わかりあえない男と女・・・(笑)。ああしてほしいの、こうしてほしいの、わかってほしいの!と喋り続ける女性の面倒くささと、それを聞きながら困惑する男性のリアクションが面白いから見てみて。

「『もう私に話しかけないで!じゃーね!』『放っておいて!』と私が言う時は、かまってほしい時なの。それから・・・」とこの可愛い女の子の説明が続きます。

すると聞き手の男性に対し、男性の脳から「これ以上は処理不可能です。言っていることが複雑過ぎて脳が処理しきれません」という信号が送られてきて、結局脳がシャットダウンしてしまうという動画です。面白いよ~。
こんな風にアメリカ人同士でもなかなかわかりあえないのに、ここに言語の壁が加わると大変です。壁が高すぎると、それを乗り越えるための努力をするだけの価値のある相手と判断されない限り、男性は離れていきます。やはりコミュニケーションがとれないのはつまらないし、疲れますからね。

「彼女は今、こういうことを言っているのかな・・・」と男性側が推測しながらコミュニケーションをとるということは、脳にストレスを与えます。

最初のうちは「こんなに可愛い子とデートができて嬉しいな!」と思い、脳に与えられるストレスすら心地よい刺激だと感じられます。ただし女の子の可愛さに飽きてしまうと、残るものは脳へのストレスだけ・・・。彼が日本語を頑張って覚えて歩み寄るつもりでもない限り、関係は発展しないでしょう。

あるいはちょっと便利に使いたい時(どんな時かわかりますよね・・・)のためにキープされるかもしれません。

英語力がないのにアメリカ人男性にこだわる女性達の被害妄想

「騙された!」

「遊ばれた!」

気づかなかったり、ヒントを見逃したのは、英語がよくわからなかったからではありませんか?
彼の言ったこと、ボディランゲージ、あるいはテキストメッセージにはヒントがたくさんあったはずです。自分に対する気持ち、彼の人となりを知るための手がかり。なのに「もうアメリカ人はこりごり!」などと言わないようにしましょう。
これについてはまた後日投稿します。

【初心者向け】英語のテスト勉強をしていても教えてくれない恋愛英語がわかる一冊 - Inside the gate


だけど希望を捨てないでください。メラニア・トランプさんみたいなケースもあります。住む世界が違うから、あんまり参考にならないか・・・。

あのくらいの英語力でも、ビリオネアを射止めたメラニア・トランプさん

スピーチの盗用が取りざたされたばかりのメラニアさんですが、彼女の英語力からすると、まともなアメリカ人なら「あのスピーチにはライターがいる=彼女の言葉ではない。なぜなら普段彼女が話しているレベルの英語とまったく次元が違うから」、とすぐにわかったはずです。
メラニアさんに限らず、あのような場で行うスピーチはたいていプロのライターによって用意されているはずです。

メラニアさんったらプロポーズされた時のことを聞かれて"He asked me to marry me."って言ってます。
2016年現在でこのくらいの英語ですから、ドナルド・トランプ氏と出会った1996年の頃(20年前)はもっと話せなかったはず。

"We literally have never had an argument, forget about the word 'fight' ... We just are very compatible. We get along."
「僕達は言い争いをしたことがなく、喧嘩という言葉について忘れてしまうよ。僕達はとても相性がいいんだ。そしてうまくやれる」(メラニアさんのwikipediaより引用)

最初はドナルド・トランプ氏を挑発するだけの表現力がメラニアさんにないから喧嘩にならないだけなんじゃ・・・と思っていたのですが、上の動画のメラニアさんのインタビューを聞いたところ、彼女もドナルド・トランプ氏との関係をcompatibleと言い表していたため、本当にお互いにとってしっくりくる相手なのだと思いました。
メラニアさんほど美しければ、英語など喋れなくてもビリオネアの心を射止めることなど簡単だと思いますか?ビリオネアの周りは美女だらけです。メラニアさんの美しさにだって、見飽きる日はやってきたでしょう。
自分と同じくらいの、あるいは自分以上の美女達を押しのけてトランプ氏の妻の座を勝ち取ったわけですから、メラニアさんは"何か"を持っている女性なのです。そしてその"何か"の輝きが強ければ、英語というツールに依存しなくても、同じくらい強く明るく輝くものと惹かれあうのでしょう。
でもやはり最低限のレベルは必須ですよね。 


関連記事