読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

横須賀で生まれ育った人にとってはあたりまえの光景


米が浜通り入り口の交差点にあるcoco壱。「ドル使えます」の張り紙が出ています。本町にある支店ほどではないにしろ、ここもアメリカ人客が多いですよね。仕事帰りにカレーを買って持ち帰る米兵の姿をちょくちょく見かけます。

f:id:usmilitarybase:20160426175634j:plain

ネイビーの人達が着ているデジタルキャミーxcoco壱のカレーという組み合わせは、私の目には今でも時々新鮮に写るのですが、横須賀で生まれ育った人達に言わせると「アメリカ人がいて当然の街だから、あまり気に留めたことがない」そうです。

例えばYナンバーの車が街のいたるところで走っていて、アメリカ人onママチャリなんてざらにいるわけで、そういうものがあたりまえのように感じられるわけです。そしてブルーストリートやどぶ板(Honch)をこんな姿で歩く若いアメリカ人の姿だって、見慣れているのです。

f:id:usmilitarybase:20151011013654j:plain

撮影・ブログ掲載を快諾してくださった皆さん、ありがとうございました。特にこの女の子。私の手からカメラをとろうとして「さあ、あなたも入って。私が撮るから」と申し出てくれました。いやいや、それは結構ですよ(爆)。
赤いタンクトップを着ている男性なのですが、残念ながらボトムスが見えない!なんとロイヤルブルーに白のポルカドットのシフォン風フレアースカートを合わせていたのです。結構可愛かった(笑)。ハロウィンの予行演習かな。
向かって右側の男性は"Wanna touch? wanna touch?"と繰り返し聞いてきましたが、確かに目のやり場のないほどタイトなボトムでした。彼のドレスアップのテーマは何だったのでしょう。ヒントは「TB」ですよね。

関連記事