読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アメリカ人男性上司は面倒くさい女性従業員に迎合しない

ライフハック アメリカ人

この本には「女性の怒りは絶対になだめるな」というテーマについて語られている章があります。

f:id:usmilitarybase:20160820021602j:plain

辞める前に読む! 今日から使える職場の深層心理

女の園で働いていれば、相談を持ちかけられたり、グチに付き合わされることもあるでしょう。(中略&後述)相談を持ちかけられても、最初はとにかく話させます。話すだけ話すと感情の処理ができ、解決に向かって動けるようになるからです。また最初はモヤモヤしていても、話しているうちに「こうしたい!」という希望や「どうしたらいいでしょう?」という問いかけが出てくるのが女性です。

女は感情的な生き物ですから、男性から見たら面倒くさい部分も多いでしょう。女性部下の多い男性上司の気苦労、お察しいたします。
さて、アメリカ人男性上司の場合、このような面倒くさい生き物とどうつきあっているのでしょうか?

ハラスメント!と騒がれないように、自分の身を守る方法はちゃんと知っている

上司が女性従業員を自分のオフィスに呼び出して、ドアを閉めて話さなければいけないような内容の時・・・。あまり好ましくない内容の話です・・・。女性従業員によっては泣き出す人もいるでしょう。
ですからこういう時は必ず第三者を同席させます。そして仮に後で女性従業員がHROにハラスメントを申し立てた際に、証人としてバックアップしてもらうのです。

とりあえず同情しているポーズをとる

BOSS

フィリピン人女性従業員が職場で仕事中に携帯電話で話しながら泣いていた時のことです。仕事中にプライベートで携帯電話を使用している時点でアウトでしたが、イケメン上司ライアンはその場で指摘しませんでした。女性従業員のことを思ってのことではありません。自分のためです。
そしてライアンは携帯の私用を見逃しただけでなく、こういいました。
「僕のオフィスのドアはいつも開けてあるから、僕でよければ話を聞くよ」

さて、ここで先ほど「中略&後述」と書いた部分について触れます。

真剣に聞く必要も、心の底から共感する必要もないので、そういうものと割り切ってポーズだけを真面目にとってあげてください。


このフィリピン人女性従業員は、送金が1,2日遅れたことで、母国にいる家族からしつこく催促が来ていたのです。それで「私達だって大変なんだから!」と泣いてしまいました。そこをライアンに見られたわけですが、もし彼女がライアンのオフィスでこの話をしても、彼にしてみればまったく別の世界の話ですから、黙って聞くことしかできません。だけどそれでよいのです。よい上司のふりをすることも彼の仕事のうちですが、その「ふり」に余計なエネルギーは注がないのが、ライアンの賢さでした。
女性従業員を適正に取り扱うために、下手に真面目に向き合っていると、そこにエネルギーを持っていかれてしまって、男性上司は自分の首を絞めるだけです。
女性は感情的で、共感を求める生き物ですが、いちいち心の底から共感していたら男性上司は身が持ちません。だからポーズだけとっておくというのは、非常に的を得ていると思います。
「オフィスのドアは・・・」のひとことは、ライアンのポーズだったはず。親身になって話を聞く気はなかったと思います。それでOK!

日本人特有の「病気でも頑張る!」というパフォーマンスはアメリカ人の目に異様に映る

「あいつまた休みなんですよ。信じらんない。マリアさんがおとといやつに会った時、彼女具合悪そうでした?」

日本人女性従業員真由美さん(仮名)が私にこう聞いてきました。
真由美さんは、他の従業員が病欠して自分がカバーしなくてはならなかったため、激怒していたのです。
彼女は古参の従業員で、典型的なドメスティック思考の従業員でした。そしてどんなに具合が悪くても出勤して働いて「自分はこんなに苦しくても、頑張っているんだ」というところをちゃんと見せて、「だったら帰っていいよ」と言われてから帰るのが社会人のあるべき姿だと思っている人でした。
だけどライアンは違いました。根性!みたいな精神論と、質の良い接客はまったく関係ないという、常に顧客目線のプロフェッショナルな人でした。っていうかそれが社会人のあるべき姿ですよね。
You can't be sick here.というのが彼の考えでしたから、接客にあたる従業員がぜいぜいゲホゴホ鼻をずるずるさせていたら、そこで食事をしたいと思う人はまずいないだろうというような人。「そういう従業員に接客される客の気持ちを考えろ」
ですから彼は具合の悪い従業員はさっさと帰宅させて、自分も率先して現場に立ってフォローしてくれる上司でした。
私は真由美さんがあまりにもぶーぶー文句を言い続けるので、ライアンが巡回してくるのを待ちました。

プロフェッショナルな考え方、働き方ができない女性従業員への対応

真由美さんは直接ライアンに不平は言いませんでした。ぷりぷりしながら、嫌々仕事をこなすのです。物を置く時にわざと大きな音をたてたりして「私、怒ってるの。なんで怒っているのか聞いて!」と待っているような人でした。男性にとって一番面倒くさいタイプです(だからバツ2なのかな)。
そしてライアンは真由美さんに「どうしたんだ?」と声をかけました。そして真由美さんの気が済むまで話させたのです。
私達はロボットではありませんから、365日健康で完璧に仕事はできません。ダウンすることもあります(ただしあまりにも当日欠勤が多いと、当然ながら業務評価や契約更新に響きます)。
そういう時にお互いを助け合うことも仕事の一部なのに、自分が助ける側に立った時に過剰反応する真由美さんに、ライアンは静かにこういいました。
「帰っていいよ。僕がここに立つから」
ライアンらしい最終通告だなぁと思いました。聞いた瞬間は親切のようにも聞こえるけど、完全に匙を投げた冷たい言い方。相手が恥ずかしくなるような、申し訳ないと感じるようなひとことで片づけるのです。負けたふりをして実は常勝というライアンらしい。真由美さんもバカではありませんので、このひとことを聞いてさすがにまずいと思いました。
病欠の人間が一人いてもカバーできる人員がそろっていながら、上司が現場に立つということは、従業員の誰かしらがきちんと仕事をしていないことになります。自分がその張本人になることは、真由美さんもまずいと感じました。結局真由美さんはその日、きちんと病欠の人の分もカバーして帰りました。
面倒くさい女性従業員や愚かな女性従業員に迎合する必要はない。そんな無駄なエネルギーは使わない。

女性とうまくやるために、自分の性格を変えたり、相手を変えようとするのは無駄な労力。感情をコントロールし、行動を変えるだけでいい。ポーズで十分なのです。甘やかしてつけあがらせると、後で自分が大変な目にあうだけ。

辞める前に読む! 今日から使える職場の深層心理


関連記事