Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

日本の便利を支える外国人労働者達


私が今はまっているのがセブンイレブンのソーセージデニッシュという惣菜パン。このパンとコーヒーを買って会社のデスクでさっと済ませる軽い朝食。ああなんて便利な世の中なのでしょうと思うんだけど、この便利は外国からの労働者に今後よりいっそう依存することになるでしょう。日常のちょっとした便利は、彼らに支えられていくことになります。
横須賀中央駅近くの松屋の求人広告も外国語で出ていました。ベトナム語かなぁ。

f:id:usmilitarybase:20180412012813j:plain


歩みよりは必要


これは外国人と一緒に働き、おそらくリーダーレベルにならないとわからない苦労でしょう。共存しようというだけならとても簡単ですが、日本人でも働きたがらない(人が居つかない)ようなきつい現場ともなると特に大変なはずです。
私が行っていたコンビニの惣菜加工・包装の現場では、トイレや休憩所のあらゆる表示が日本語と二つの外国語、あわせて三国語で書かれていました。「日本で働いているんだから日本語くらい読めなきゃおかしいだろう!」と言いたい人もいるかもしれませんが、そうやって歩み寄った方が雇用者側も外国人達も互いに楽なのです。
日本語オンリー!と変な意地を張って、仕事以外の部分で余計なストレスを抱えたくないでしょう。
また工場側としては欲しいのは時間内に出荷するための計画を遂行するための戦力です。彼らに日本文化や日本人を理解してもらう必要があるとすれば、その計画を達成するのに必要な程度で十分です。国際交流を目的としているわけではありません。

関連記事:コンビニのお惣菜包装ラインのバイト体験記 - Inside the gate


お金を稼ぐために日本に来ているということを理解しよう

f:id:usmilitarybase:20180404044710j:plain

鳥貴族に飲みに行った時も、焼き鳥をひたすら焼いていたのはアジア系の若い女の子達でした。おそらくベトナム人でしょう。こういう間接的な接客であれば、仕事に関係する単語さえ覚えてくれれば、それほど日本語ができなくてもできる仕事です。
そして彼女達は日本が好きで暮らしているわけではありません。お金を稼ぐためだけに来日しているのです。そういうことを前提にドライにつきあえばお互い気楽です。

日本語が拙い=頭が悪いのではない

外国人の話す/書く日本語を笑う日本人がよくいますよね。それが少し劣っているだけで頭が悪い、日本人と同じように仕事ができないとバカにしてしまう人達。でも彼らは日本語のノン・ネイティブですよ。間違って当然です。確かに日本語がネイティブレベルで読んだり話したりできないとそもそも務まらない仕事もありますが、そうではない仕事であれば、例えば求められている速さで仕事がこなせるとか、求められているレベルの丁寧さがあるとか、純粋に仕事の質で評価されるべきです。
居酒屋のように、体力的にきついせいで慢性的な人不足に悩んでいるところでも、外国人労働者は今後もっと増えていくでしょう。以上、少子化が進む日本において、日本人労働者だけではサービスが成り立たない業界について書きました。
逆に日本人が働きたくても外国人労働者にはじき出されている環境について過去に書いています>>MWR系に応募しようとする人達へ もはやそこは米軍基地ではなく、フィリピンです - Inside the gate


関連記事:横須賀基地で働く第三国出身の従業員達とのコミュニケーションの取り方 - Inside the gate