読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

横須賀基地にいる外国人の浮気


あーもうほんとみんなゴシップ大好きなんだからー・・・。
最近米軍基地で働くアメリカ人の浮気関連のキーワードを検索してやってくる方が多いのですが、横須賀基地なんて面積だけは大きいけれどまあ狭い世界ですからね。やったらバレますし、悲惨な結末もいくつか見ています。

http://www.flickr.com/photos/11279883@N00/15317264978

photo by Tom Simpson


今から数年前の話しですが、こんなことがありました。
さやかさんという日本人女性がオフィサーとつきあっていました。そのオフィサーは奥さんと法的別居中だったし、おそらくさやかさんには「妻とは別れる」と言っていたのでしょう。ところがそのオフィサーは、冷却期間を経て最終的に奥さんとよりを戻すことを選んだのです。冷却期間って「別れるの?それとも距離を置いて冷静になってみて、奥さんとやり直すことを選ぶの?」という風に、待たされている女にしてみれば色々と考えてしまう期間でしょうね・・・。まあ既婚者に恋をしてしまったのだからしようがないでしょう。
話を戻します。捨てられたさやかさんは、勤務先のベースのオフィスで、常軌を逸脱した行動に出てしまいました。

おはよう、と皆が出勤すると、さやかさんのPCはいつものように立ち上がっていましたが、なんと自分を捨てたオフィサーへのあてつけとして自分達の関係をばらすために、彼の画像をスクリーンセーバーに設定して、わざと席を離れていたのです。
さやかさんとオフィサーの関係がopen secret(公然の秘密)だったとはいえ、これはまずいと思ったアメリカ人男性の同僚が「いいかさやか、仕事とプライベートを一緒にするな。君はここで仕事だけきちんとやればいいんだ。プライベートの問題は職場に持ち込むな」といったそうですが、彼女は冷静さを取り戻せませんでした。いえ、もしかすると怒りがおさまったゆえに思いついたあてつけの方法だったのかもしれません・・・。
その後彼女が職場に留まれたのかどうかまではわかりません。

まあこんな話は横須賀基地でごろごろありますよ。情事という二文字に含まれる成熟したニュアンスなんて皆無の、下世話な話ばっかりですけどね。
分別のある洗練された大人の情事も昔はあったようですが、横須賀基地ではありませんし、女性も本物の淑女だったようです。やっぱり情事にはそれなりの役者が揃わないとだめってことですね。

【Review】GHQを動かした女 子爵夫人 鳥尾鶴代 - Inside the gate


関連記事