読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

ブロガーにとって、生きていることそのものがネタである

ブログにまつわるエトセトラ


FC2ブログの運営会社の先行きが怪しいので、昔書いていたFC2ブログの過去ログを、現在このブログとサブブログに振り分けているところです。
このブログは情報系ブログ、サブブログの「マリア様はお見通し」は読み物系ブログとして運営しています。ですから情報として価値あるものは本ブログに、叙情的なポストはサブブログにと振り分けているのですが、この移植作業を通じて感じたことがあります。
それはブログを書いている人間なら誰しも「生きていることそのものがネタである」ということです。だからネタは探さなくてもよいのです。

http://www.flickr.com/photos/51035555243@N01/4595386436

photo by Thomas Hawk


振り分け先に迷った記事がたくさんありました。今でもありますよ。
だけど削除はしなかったのです。ちょっと加筆・修正してタイトルを変えるだけで、あらまあリサイクルできるじゃない!と気がついたのです。
ということは、私達が日々「なんてことのない普通の生活」だと思っていることも、見せ方によっては面白い記事になるのです。大切なのはそれを見る視点と切り口でしょう。
例えば「この記事は使えないから削除してしまおう」と思っていたある記事のタイトルを「日本人が食事中にしてしまう残念なこと」に変えて、当ブログで公開することにした記事もあります。(まだ移植が完了していないため未公開)

そういう風に考えると、私達の日々の生活も見方を少し変えれば自分なりの解決方法がわかって、ストレスが減るかもしれないし、あるいは改善点なんかも見えてくるわけです。
そしてあなたはその解決方法や改善点を記事にすることができます。
これがただの愚痴ならば書いたあなたがすっきりするだけで誰のためにもならず、アクセスは稼げません。だけど「解決方法」や「改善点」としてアップすることによって、同じ境遇に置かれた人達のためになる記事になる=アクセスが集まるのです。アクセス数=需要というのはこういうことなんですね。
ですからあなたがもし今日打ちのめされるようなことがあったとしても、それもネタになって他の誰かの役に立つのです。そういう発想の転換ができるようになれば、死ぬほどつまらないアメブロのブログネタからも面白い記事が書けるようになります。

「アメーバブログ」でブログネタから記事を書く方法 | nanapi [ナナピ]


移植が完了している記事は、FC2で投稿した時の投稿日時がそのまま引っ張られてきていますので、最新記事としては表示されていません。暇でしようがない時にでも、過去記事を是非ご覧ください。

関連記事:ブログ記事は未来に向かって書き溜める - Inside the gate