Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

「俺/私がルールだ」と思い込んでいる古参日本人従業員にへの対処 

読者の方とメールでやりとりをしていて、これは是非記事でシェアした方がよいと思ったことがありますのでこの記事でシェアしますね。

f:id:usmilitarybase:20190319231133j:plain

(横須賀基地向けに同じようなポスターを作製したら、モデルの7割はフィリピン人にしないと誇大広告になるでしょう・・・もはや日本の中のアメリカじゃないのよー)

まずベースで働き始めると:

  1. 自分の直属の上司は誰なのか(「俺のいうことを聞けよ」と言ってくる自称上司ではなく、正式に指導の責任・権限を与えられているポジションに就いている人)
  2. 直接一緒に働く仲間達の顔と名前(仲間というか敵というか・・・)
  3. 仕事もできないくせに偉そうにしているが、明らかに逆らわない方がよさそうに見えるこの人物は一体誰なのか?
  4. 勤務先の建物の中を把握する(ロッカーはどこ?お手洗いは?喫煙所は?)

こんなことを知るところから始まりますよね。そしてしばらくは大人しく観察しながら、誰とでもうまくやって仕事もやりやすくなるわけですが、本記事で突っ込んでいきたいのは3.の明らかに逆らわない方がよさそうな人間への対応についてです。

 

社会常識がある大人ほど戸惑う「俺/私が絶対だ。常識だ」という古参従業員の態度

勤務開始を控えオリエンテーションや諸手続きのためにベースに訪れたあなたは、ゲートで待ち合わせた人(ほとんどの場合あなたのスーパーバイザーになる人です)に、やや緊張しながら「はじめまして」と挨拶をします。
待ち合わせた人がアメリカ人の場合は挨拶をして、世間話をしリラックスさせてくれる人が多いでしょう。だけどなぜかこれが古参の日本人従業員になると、残念ながらやたらと高圧的に出てきて自分よりも見事な花を咲かせそうな芽を摘んだり、あるいは踏みつぶしたりしたがる人がいます。
本当にその人があなたのスーパーバイザーになる人ならばまだ我慢できますが(それでもひどいとは思います)、仕事の等級も同じで、正式にこの人の方が立場が上ですと認められているわけでもないのに、勤続年数が長いというだけで「俺/私が絶対だ」と思っているのです。確かに経験者から仕事を教わることになりますから、敬意をもって接することは大切ですが、仕事上の関係でしかないんですよ。なのにまるで自分が全能の神のように振る舞う古参の従業員には困ってしまいます。まともなアメリカ人から見るとこれは本当に理解に苦しむそうです。

(あなたにえらそうに指図したり怒鳴ったりする古参従業員を見て)

"Does she/he have an authorization to talk to you like that?"

"Is she/he senior to you?"(このseniorは年齢的なものではなく指揮系統内での序列に関するものです)

こんな風に確認してくれるまともな感覚を持ったアメリカ人の同僚、上司もいます。もちろん見て見ぬふりをするアメリカ人もいます。
ペーパー上ではあなたとその日本人古参従業員の仕事の等級が同じだったとしましょう。ですから本来であれば経験年数だけを笠にそのように怒鳴ったりしてはいけないし(ハラスメントです)、そもそも知性のある大人であればそのような行動はしません。社会常識がちゃんとある大人ほどこういうことをされると「いい大人がいったい何を言っているの?」と戸惑うのは当然でしょう。外の社会を知らないままベースに入った若い子であれば、それを疑うこともなく働き始めると思います。そして数年後には同じように井の中の蛙みたいな人間になってしまう。
だけどベースの外で社会人として、そして大人として多くの人と関わりあいながら働いてきた大人にしてみれば、こういう日本人古参従業員は猿かゴリラから進化しきれなかった生き物を見ているような気分にさせられます。そんな風に戸惑っているあなたに向かって「おまえがどんなすごい企業で働いてきたかとかここでは関係ないからな。俺が常識だ!/私がルールよ!」と思い知らせようとする愚かな人達は動物園にいてほしいものです。

弱い犬ほどよく吠える

筆者の想像ではありますが、もしかするとこういう風に高圧的に出てくる日本人(あるいはフィリピン人従業員)は、あなたの履歴書や職務経歴書を見た人=面接した人ではありませんか?それを見てあなたを脅威に感じている可能性もあります。人を選ばず誰に対しても高圧的な輩も大勢いますが、人を選んでやっている古参従業員は確実にいます。例えばあなたの学歴・職歴が自分のそれよりも輝かしいという理由で・・・。

ではあなたはこの日本人古参従業員の脅威にはならない、控えめな人間であると証明し安心させることはできるのでしょうか?それは難しいでしょう。なぜなら脅威に感じるかどうかというのは、あなたがコントロールできるものではなく本人の問題だからです。あなたがただ「はい、はい」ということを聞いて控えめにしていれば相手は満足するのでしょうか?
例えばあなたが実際に勤務を開始して「控えめにしなくちゃ」と思っても、英語の発音がよかったり使う表現がネイティブっぽいというのはどうなるのでしょうか。自分は別に自慢しているつもりはなくて相手はそう受け止めてくれるとは限りません。だけどそれはどうしようもないですよね。へりくだりたいならばカタカナ英語を話せと言われてもできないでしょう?

なぜこのようなアホな猛獣が育つのか

理由は二つあると筆者は考えます。
一つ目はベースは年功序列制が根強く残っているため、組織内における日本人同士の上下関係がアメリカ人のそれに比べて複雑だから。
一緒に働くだけの関係なのに、仕事をちゃんとして帰宅する→そしてお給料をもらう→よかったね、というシンプルなことを、あえて複雑にしたがる。嫌がらせを楽しむ。自分の契約書に書いてあることだけを守って働いていればいいのですが、なぜか日本人はそれができないし、合理主義のアメリカ人達から見たらそれが不思議でしかたがないのです。だからこそ新しく入ってきた人が右も左もわからぬうちを狙って、自分がボスだという印象を与えたいのでしょう(ため息)。

二つ目は日本が訴訟社会ではないから。
訴訟社会アメリカだと、大人が集まって働く組織の中で日本ほど陰湿な嫌がらせやいじめは見受けられません(全くないとは言いきれません)。なぜなら皆訴えられないようにびくびくしているから。ですから表立ってセクシストな発言をする男性職員も少ないです。例えば日本だったら今でも男性職員が堂々と電話で「派遣なんだけどさーなるべく若い子お願いね!」と大声で発注していても左遷されたりしませんよね。でもアメリカではアウトですし、ある程度きちんとした教育を受けたアメリカ人男性であればそのようなみっともないことはしません。
そういうわけでアメリカ人がハラスメントをするのであれば、自分の手は汚さずに相手を陥れるとかそんな感じでしょうか。

ハラスメントは様子を見ながら必ずメモに残す!(★日時・場所の記録も必須★)

ここから先は新人さん以外に向けても書いています。
猛獣のいる職場では面従腹背(これ大事)で大人しくしながら、嫌がらせに就いてはメモをしっかりとりましょう。

Note


こういう猛獣達が大人しくなるマジックワードがHR(人事部)です。ただ多くの人達はHRには申し立てるまではいかず、ただ我慢している、割り切っているのが現実なので、この項目はあまり有益な情報ではないかもしれませんね。
舐められ続けていて「いい加減にせーよ!!!!」と堪忍袋の緒が切れたら、試しにキレてみるという手もありますが、賢くキレることができないのであればぐっと我慢して、一番口の軽い同僚を選び「絶対に誰にも言わないでね。私、HRに申し立てを考えている」とさらっと言ってみるのもよいでしょう。
いよいよハラスメントがひどくなってきたらそのHRに苦情申し立てをするためにも、必ずメモを取ってください。【いつどこで何を言われたか】できるだけ具体的に。日付、覚えている範囲でよいので時刻、そして場所。ハラスメントが日常的であればどんどんそのメモは溜まっていきますが、筆者が記憶する限り申し立てるにしても期限があります。そのような状態が始まった日から確か3か月以内、あるいは半年以内に申し立てる必要があるはずです。詳しい期限についてはわかりかねますので、従業員ハンドブックで各自ご確認ください。
またHRで申し立てるには内部で既に手を尽くしたということが前提です。上司がカウンセリングで注意をしたにも関わらず、また三者で話し合いの席を設けたにも関わらずハラスメントが続く場合に、さらに上の段階のHRへ申し立てます。

アメリカ人上司=正義感があり自分を守ってくれるとは限らない

HRに苦情申し立てをする場合は、所定の用紙に記入してまずは直属の上司に申し立てます。そしてさらにその上の上司に申し立てますので、もしもあなたにハラスメントを行っているのが直属の上司(古参の日本人従業員やフィリピン人従業員)の場合、その人を越えて手続きを進めることになります(ここらへんはちゃんとHRで教えてくれると思います)。
そしてその上の上司がアメリカ人の場合、あなたを必ず守ってくれると思わない方がよいででしょう。あなたがもし状況を相談したいと申し出たら、ちゃんと話を聞き適切な対処をとるのが彼らの仕事ですから、まともなアメリカ人だったらすぐにそのように動き始めるでしょう。だけどもしかするとその上司は古参従業員とは互いにメリットのある、ずぶずぶの仲かもしれません。またアメリカ人上司のポジションは非常に流動的です。だいたい長くて5年くらいしか日本にいません(日本人女性と結婚していれば話は別です)。それゆえ「できる限り面倒なこととは関わりたくない」と思っている人も、残念ながら中にはいます。
親身になって話を聞いて、話し合いの席を設けてくれるきちんとしたアメリカ人上司も大勢います。だけどこればかりは当たり外れがあるんですよね。だからこそ申し立ての時は気をつけなくてはなりません。古参の従業員がいるからこそ現場が回っているのであれば、上司としては「君が大人しく我慢してくれていれば、うちのコマンドは平和なんだから、波風立てないでほしいな」と思う部分があるのも否めないからです。
HRの申し立てだけでなく、何か行動を起こす時は必ず「最終的に守られるのは誰か?」を考えて賢く動きましょう。勝てないゲームだとわかったら、我慢して留まりながら他のポジションに応募し続けるか、退職するしかありません。

ベースで働き始めたばかりの人・これから働く予定の人へおすすめの関連記事

 

【誰も求めていない】見ていて辛いキメ顔セルフィーのチャレンジ

コロナウイルス感染拡大を防ぐため外出自粛が続く中、SNSで広がる〇〇チャレンジは色々ありますね。好きな音楽を7日間連続紹介し、毎日違う人を指名しなくてはいけない、とか。バトンをもらって嬉しい方、迷惑だと感じる方、色々でしょう。私が見ていた中で一番きついなーと思ったチャレンジがこれ。

キメ顔セルフィーの連鎖・・・。

--------------------ここから-----------------------

Challenge Accepted!! ♥️ #24hours

If I didn't tag you, please don't be offended, I tried to pick people who I thought would play along 🙂

All too often women find it easier to criticize each other instead of building each other up, with all the negativity going around, lets do something positive!! Because you are beautiful!! 🤗

Upload 1 picture of yourself. ONLY you. Then tag 25 or more gorgeous women to do the same.

Build yourself up instead of tearing yourself down. Women supporting Women 💕 #onelove

 

【ここにキメ顔セルフィーを貼る】

 
--------------------ここまで------------------------------------------

 
内容を要約すると「女同士って互いが成長できるように助け合うよりも批判することを選びがち。周りを見てもネガティブなものが渦巻いているからこそ、何かポジティブなことをしよう!なぜならあなたは美しいから!」というもの(笑)。そして25人をタグして輪を広げていく。社交辞令で埋まるコメント欄・・・。
こういうのって、やる女性はだいたい決まっているんですよね。普段からセルフィーが多いタイプではないのでしょうか。誰かに見てほしいわけじゃなくて自分で楽しむためにばんばん投稿しているタイプには見えない、承認欲求の強そうなタイプの女性達。
あなたに回ってきたらすっとそのバトンを落としたくなりませんか・・・??

関連記事

農村の古民家で面白い体験ツアーを企画してみたい

 

昨秋に訪れた古民家カフェTsukikoya Coffee Roaster(横須賀市追浜)に触発されて、筆者の生まれ育ったぼろい実家古民家で何か楽しいことはできないだろうかと考えるようになりました。
筆者が生まれ育った家を紹介しつつ自己紹介も兼ねた記事にしたいと思います。尚、お食事中の方はご遠慮ください。

 

1.こんな人に来てほしい

都会暮らしに疲れた人。でも来るのはコロナウイルス感染の心配が確実になくなってからお願いします。筆者は実家に帰ると気付くことがいくつかあり、その一つが「いかに自分が普段ちゃんと眠れていないのか」ということです。

f:id:usmilitarybase:20200420143454j:plain

筆者はなぜか実家に帰ると、アラームなしでも早く起きることができます。なぜか?それは後程詳しく書きたいと思います。

2.人によっては気が狂うかもしれないカエルの大合唱

f:id:usmilitarybase:20200420143511j:plain

入浴していると外から聞こえる途切れることのない蛙の大合唱。筆者はこれがあたりまえで育ったため、帰省してお風呂に入ってこれを聞くとほっとします。セラピーみたいなものです。夫は最初は驚いていました。蛙の鳴き声の大きさそのものよりも、それしか聞こえてないということに驚いていたのです。

3.ちゃんと寝静まる村

私の実家がある街は開発に力を入れている区域があり、当然若い夫婦達が集まり活気があります。私の実家周辺の集落はその逆で、完全に取り残された区域というか、切り捨てられた地区にあります。ですから住宅建設のラッシュとも無縁でとても静か。

a cold night in late winter

(これは実家とも近所とも関係ありません。Flickrからの借り物です)

徒歩圏内に病院、コンビニ、ファミレスがあり、夜中になっても車が走る音や、マンション内のエレベーターが動く音、同じフロアの住人が帰ってきてドアを開ける音が聞こえる生活をしていると、街が眠ることを許されていないように、私達自身も実はぐっすり眠れていないのではないかと思います。
だけどここに帰ってくると、静かな夜があります。静寂という音に包まれて眠るようです。自律神経がニュートラルに戻るような感じ。ですから朝も比較的すっきりと目が覚め、しかも前夜に飲酒でもしない限りアラーム不要です。

4.肥溜め

平成生まれの方々は肥溜めを見たことがある方はあまりいないし、その言葉の意味すら知らない方が多いのではないでしょうか。屎尿を再利用して肥料にする方法ですが、画像中央に見える石でできた蓋をずらして、そこから汲み取って使用します。

f:id:usmilitarybase:20200420143446j:plain

 石であのように隠してあるとまるで魔界への入り口みたいですね。
画像に映っている木造の壁は農舎の一部で、壁の向こうはトイレになっています。もちろん和式。農舎の二階では猫の死骸が時々見かけられました。野良猫が最後に死に場所として選んだのか・・・。
小学生の頃、朝起きて学校に行く支度をしながら自宅の洋式トイレを巡って争奪戦になった場合、この農舎の和式トイレを使うという選択肢が残されていましたが、怖くて使えませんでした。肥溜めに落ちそうで。滞在する方には家族でさえ使いたくないこのトイレも是非使っていただけたらなと思います。

5.荒地でBBQや花火

f:id:usmilitarybase:20200420143458j:plain

冬囲いがしてありますが、雪から何を守っているのかはわかりません。
祖父母が元気だった頃はこの荒地にビニールハウスがあって野菜を栽培していましたが、二人が認知症を患いそして他界してからはこのとおり荒れ放題でした。ですがあるとしのはる、兄がバジルの種を蒔いたところ、この荒地の至る所にバジルが育ち始め一時はバジル採り放題になるほどだったのです。「これからはバジルを買うのがばかばかしいわ♪」と皆で大喜びしていたのもつかの間、冬がやってきたらバジルは死に絶え、その後はまた荒地に戻りました。放っておくのももったいないので、花火やバーベキューをするのによいかと思います。
尚、この集落は夜7時になると静まり返るため、花火をして楽しむ声が夜空に響き渡るのは珍しく、また夏がやってきた感じがしていいなぁと思います。

6.天然の冷蔵庫

これは築70年でトイレ以外は改装していないのぼろ家の特権でしょう。

f:id:usmilitarybase:20200418194935j:plain

雪国の冬は厳しいですが、ここ30年くらいは家を建てる際に多くの人がセントラルヒーティングを取り入れているため、家の中に入ればどこにいても暖かいのです。真冬でも半袖短パンでOK。ところが私の生家は違います。
築70年の古い家でセントラルヒーティングなどないため、各部屋に何かしら暖房が置いてあります。エアコン、石油ファンヒーター、石油ストーブ。ですから部屋の中は暖かいのですが、その部屋を一歩でると極寒で(古い家なので隙間風が入ってくる)、もはや別世界ですよ。それを利用して我が家は茶の間や座敷に集まって宴会をする時は、廊下を冷蔵庫代わりにしています。
お刺身やお寿司は皆が少し飽きてきたようならばすぐに極寒の廊下に出す。味が落ちるのを遅らせることができるからです。あとは食べたくなったら自分で廊下に取りに行く。デザートもそこに置いてあるのでお台所まで取りに行かなくてもよい。

7.謎の物干し台

f:id:usmilitarybase:20200420143435j:plain


晴れた日はこんな風に何の問題もなく使える干せる物干し台は、DIYが大好きな父が作ったものですが、天候が悪い日は使えません。これは雪国で致命的です。

f:id:usmilitarybase:20200420143439j:plain

なぜこのように作ったのか謎ですが、父が気を悪くするといけないので誰もそこはつっこめません。雪国なのだからサンルームにしてくれないと・・・せっかくなので広めのサンルームを増築し、庭に面した茶室にできないものかと思案中ですが(池も作りたい)、滞在していかれた方が何かよいアイデアがあれば是非お聞かせ願いたいです。

8.農村を散歩する

f:id:usmilitarybase:20200420192416j:plain

私が帰省して集落を散歩する度に驚くことは「赤いザリガニがいない」ということ。これに尽きますね。幼い頃兄弟三人で網を持って近所の小川でザリガニを捕まえて遊んでいた頃は、8割が茶色いザリガニで残りの2割が赤いザリガニ(アメリカザリガニ)でした。
この2割の赤いザリガニを必死になって捕まえた日々を回想しながらともに網を持って近所の川を覗いたりしましょう。

 

9.心霊体験

f:id:usmilitarybase:20200420143450j:plain


 私の夫が「アベ家のメインアトラクション」と呼んでいるのがこれです。かつて母が「田植え体験と心霊体験のパッケージツアーにしたら都会から人は来るかしら?稲刈りと精米が終わったら田植えを手伝ってくれた人にお米を送るし」とぼやいておりましたが、あの人が何を企んでいるか私は知っています。自分が感じているものの正体を知りたいのです。だから宿泊した人が何か言い出すのを待っているのでしょう。
ちなみに私は霊感が強い人が宿泊したらこの画像中央の観音様を見て何か感じるのではないかと思っております。私が幼い頃、夜中に移動しているのを何度か見たことがありますが、いまだに誰にも信じてもらえません。
慣れてしまったせいか怖い感じもしないけど、かといって見守ってくれている霊でもなさそうな・・・なんなのでしょう。

10.昭和後期へのタイムマシン

はしごが立てかけてあるだけのように見えるほど急なこの階段は、小屋の中にあります。この階段を上るとそこには昭和後期の世界が広がっています。

f:id:usmilitarybase:20200420143507j:plain

私達兄弟が独り立ちして家を出て行ったあと、父が少しずつ家から私達兄弟のものをこの小屋の二階に運び、ノスタルジックな空間を作り出すのに2年くらいかかったそうです。そりゃそうですよね。物を持ちながらこの階段を上るのですから(笑)。夫が実家に初めて遊びに来た時この世界に一番感動していました。二階の様子は残念ながら公開できません。

「デジタルデトックスしようかな」と思ったら、せっかくですから都会から離れてリセットしてみませんか?


関連記事:田舎に夫を連れて帰ったらこうなった - Inside the gate

追浜散策&古民家カフェ「ツキコヤ」に行ってきました

「丘の上にあるからかなり歩くし見つけにくいけど、絶対行ってみる価値のある古民家カフェ」と常々周囲から噂を聞いていた追浜の古民家カフェ「Tsukikoya Coffee Roaster」(以下ツキコヤ)に行ったのは昨年の9月になりますが、なんと追浜駅で下車するのは15年ぶりということに気がつきました。
また筆者はリアル古民家で育ったため、「うちの実家なら大きいしもっとこんなこともできるのでは?」という風に実家で何か商売はできないものかと触発されました。ひらめいたアイデアについては冗談として記事の後半で触れたいと思います。

 

追浜駅周辺の変化 ネパール人女性が多い

f:id:usmilitarybase:20200418173646j:plain

駅前の様子。15年前と比べて変わったといえる点が一つ。ネパール人女性が多い!綺麗な人が多いですね。羨ましいぞ、その彫りの深い顔立ち!横須賀中央駅周辺を歩いていると、ネパール人男性はよく見かけるのですが(カレー屋が多いため)、女性はそんなに見かけないので新鮮な感じがしました。私達が最後に追浜に降り立った時はペルー人男性が多かったと記憶しています。ペルーの方はデスパレートな男性が多いですね。日本人女性と結婚して日本にとどまりたいのかな。

そして丘の上を歩いていくと・・・

眺望良好 駅から徒歩15分の新興住宅地

f:id:usmilitarybase:20200418173642j:plain

マンションも戸建ても新築が多いですね。丘の上からの眺めは昼間でもこんな感じで平潟湾や東京湾を見渡せて解放感がありますが、夜になると家々に灯りがともりちょっと素敵な夜景が見えるかもしれません。駅からは少し遠いため真夏日はこの勾配、距離を歩くのが辛いところですが、この丘の上を歩いて帰宅しようとなるとおのずと深酒はしなくなりますから、そういう抑止効果はいいと思います。それから電動自転車があると便利でしょう。

f:id:usmilitarybase:20200418173637j:plain
今回は夫と歩いてツキコヤに向かったのですが、途中に小学校の通学路があり、集団下校中の子供達が夫を見て「すげーアメリカ人だ!」と言ったのには笑ってしまいました。横須賀中央あたりだとアメリカ人なんて日本人より多いのではないかというくらいですから珍しくもなんともないのに、特急に乗って二つ目(※)の追浜では同じ横須賀市内でもこんなにアメリカ人の人口が違うのです。
(※)2020年4月現在京浜急行線の特急は停まりますが、快特は追浜には停まりません

途中で道に迷ったら、私達がカフェを目指していることを察したと思われる女性が声をかけてきてくれました。そして途中まで一緒に歩いてくれてそこから先の行き方も教えてくださり、とても親切にしていただきました。彼女がこのブログを読んでいるはずもありませんが、その節はどうもありがとうございました。

ツキコヤが見えてきた!

f:id:usmilitarybase:20200418173703j:plain

古民家カフェ・ツキコヤという空間への入り口は、思ったよりもずっとひっそりとしていました。目立った看板も出ていませんがインスタバエ達は何としてでも見つけ出すに決まっているでしょう(苦笑)。

インスタバエや女子トークから守りたくなる空間

演出された感じがほとんどせずとても素敵だと思いました。

f:id:usmilitarybase:20200418173657j:plain

現在は築60年くらいになっているであろうリアル古民家で育った筆者は、コンセプトが昭和とかレトロとかそういうところに行くとどうしても「頑張って演出しました!」という感じが好きになれなかったのですが、ここは雰囲気が本当によくて、漂っていた「気」がよかったです。

f:id:usmilitarybase:20200418173652j:plain

平日に行ったため私達夫婦しか客がいなかったというのも関係あるでしょう。週末だったら女子トークしながらマウンティングに精を出す女性達であふれかえるでしょうから、この日と同じものを感じ取ることはなかったと思います。あと日本人女性は比較的声が高い人が多いため、普通に話していてもキャーキャー言っているように聞こえてしまいますが、この素晴らしい空間であのキャーキャーというのは聞きたくないなと思いました。
ツキコヤはだいたいここらへんです。グーグルマップを貼っておきますね。

ナビは以下の記事がわかりやすいです

hamarepo.com

売っても二束三文のド田舎の実家で何か面白いことをできないだろうか?

 

f:id:usmilitarybase:20170520051351j:plain

冬囲いが済んだ筆者の実家です。 古民家の雰囲気が好きな人が滞在したら絶対に気に入ってもらう自信があります。ツキコヤでコーヒーを飲みながら夫がひとこと「このお店はとても素晴らしいけど、君の生家の方が雰囲気はいいよね。アトラクションも多いし(にやり)」と言いました。そのアトラクションも含め、かつて筆者の母は無謀にも商売をしようと思っていたのです。
長くなってしまったのでこの無謀な企画についてはまた次の記事で書きます。