読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アルジャジーラが日本の恥部を世界中に発信しました・・・

Explore Japan

日本人としてはどう受け止めればよいのやら・・・。

「いやー、こういう人がいてこそCool Japanなんですよ」って開き直ればいいのかな。

アイキャッチング効果の高いサムネイルですよね(苦笑)。

 海外の人達の反応を知りたくてフェイスブックのコメント欄を見たら案の定「きっと人形と・・・してるよね」という投稿があって、やっぱりなぁという感じです。
お次はこれ。

高校生の時ふられて以来、傷つくことが怖くなってしまった男性。それがきっかけでアイドルに夢中になりはじめたそうです。

「七瀬さん以上の女性がいたらちゃんとしたおつきあいをしてもいいけど、そんな人はいないからこうしてアイドルを追いかける」
七瀬さんはアイドルだから彼に優しいのです。それが仕事であって、彼は飯の種。彼はこうして夢の世界のなかで年老いていくのです。
アルジャジーラのインタビュアーが「僕なんてふられることなんてしょっちゅうだよ。なんでそんなにふられることを恐れるの?」というと、日本人男性はこう答えました。

「怒られたくないし、傷つくことができるだけ少ない人生にしたい。だから『この子だったら100%受け入れてくれる』っていう子じゃないと・・・・(以下省略)」

多分こういう人達は「僕は繊細なんで」っていうのが言い分なんだろうけど、繊細なんじゃなくて、子供のまま体だけでかくなった我儘な人としか思えません。どうして心が強く育たなかったのでしょう。

これらの動画の内容がすべてやらせであることを祈ります。

日本はこれから超高齢化社会になりますから、どうしても労働力は移民に頼らざるを得なくなるでしょう。だけどもしこの動画に登場するような日本人男性達が増えた場合、精子の提供も移民に頼らなくてはいけなくなりそうですね。

 

日本語講師の資格取得を目指す!徹底比較 通信講座VS書籍VS通学


他の国同様、日本も時々いじるAl Jazeera English(アルジャジーラ・イングリッシュ)ですが、以前紹介された時はこんな感じでした。

>>昼は見習い僧、夜はDJという人物をアルジャジーラが紹介しています - Inside the gate