読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

小説で読んで憧れて、実際に行ってみてがっかりした場所(2)

Explore Japan


どこかわかりますか?

http://www.flickr.com/photos/23959464@N00/105858894

photo by uemu

池袋西口公園=IWGPですよ!
石田衣良氏の「池袋ウェストゲートパーク」に魅せられて、池袋駅にて下車したことがあります。

で、西口に出てみてすぐにああ、ここがIWGPか、とわかりましたが、ここだけでなく池袋駅周辺って、どう見てもマコトみたいなキレ者がいるとは思えない。当然なんですけど(笑)。まあ街の雰囲気については是非「東京DEEP案内」をご覧ください。

池袋ウエストゲートパークならぬ池袋西口公園 - 東京DEEP案内

 
実際に下車してみて、やはり石田氏の描くIWGPを脳内で膨らませておけばよかったなと思ったものの、街そのものは面白かったです。街中に不穏な空気が漂っていました。この「何か潜んでいそう」な感じを描ききった石田氏はすごい!
例えば「六本木のマンションで囲われている」と聞くと高級クラブの美女を想像しますが、「池袋のマンションで囲われている」と聞くとホステス多国籍軍を想像してしまう、そんな街です。時々訪れるには刺激的なんだけど、暮らすのは大変そうな街。
ちょっと一休みしようと思って入ったデニーズがすごかったです。多分あれは東口店だと思うのですが(駅から一番近かった)、インターナショナルでした。ベトナム、タイ、フィリピン、中国、韓国、ロシア・・・外見と、聞こえてきた言語でざっと国籍の見当がついただけでもこんな感じです。入管のがさ入れが入ったら、池袋の夜の人口が8割くらい減ってしまいそう。
この街は浄化してはいけないと思います。蒲田とか、グルメタウンとして活気づいてきたせいか、こぎれいにしようとしている動きがあるじゃないですか。だけど東京にはこういう池袋のような空気の漂う街は必要だと思います。


IWGPシリーズで一番好きなのが 骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫)です。

 

insidethegate.hatenablog.com