Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

アメリカのレストランでのテーブル会計のやり方(クレジットカードで支払う場合)

 
ニューヨークではチップ制を廃止したレストランも出始めているようですが、まだまだチップ制のあるレストランの方が多いはずです。
飲食代金はカードで支払い、チップはキャッシュでテーブルに残すという人も多いけど、チップもまとめてカードで支払う場合(charge tip)はどうしたらよいのでしょうか?

それはいたってシンプルで、私にとっては日本人同士の名刺交換の方がよっぽど頭が痛いです。あれがスムーズにできる人なら、テーブル会計なんて余裕です。

http://www.flickr.com/photos/77721971@N00/3778716909

photo by towse

まずはサーバーに会計が別々なのか、まとめて支払うのかオーダーする前に伝えましょう。これができるのがアメリカのレストランのよいところですね。

May we have split(seperate) checks?「会計は別々にしてもらえますか?」


もしもこちらから伝える前に、サーバーがWould you like to split the check or pay altogether?と気を利かせて聞いてくれたら、

Split checks, please. 「別々でお願いします」
This will be altogether.「まとめて支払います」


と希望する支払い方法を答えます。

テーブル会計のやり方(クレジットカードを利用)

  1. "Check, please."とサーバーにチェックを頼むと、小さな見開きのフォルダのようなものに挟んで持ってきてくれるので、チェックの内容を確認したら、チェックを入れたままフォルダに自分のクレジットカードを挟み、サーバーに渡す

  2. サーバーがそれをキャッシャーのところに持っていく

  3. キャッシャーがカードの承認をとり、カード「店控え」「顧客控え」の三点をサーバーが顧客に返す。

  4. 顧客は「店控え」(だいたい"OUR COPY"などと書かれています)にチップ、そしてチップを含めたトータルを書き、署名をしてサーバーに再び渡す。(この時もう自分のカードは承認がとれているので、サーバーが返してくれたカードはそのまま受け取ってOK)

    f:id:usmilitarybase:20150224191124j:plain
    (チップは飲食代金の10%~15%が相場。一番下のSignatureのところに署名をします)

  5. サーバーが再びそれを持ってキャッシャーのところまでいき、キャッシャーはチップを含めたトータルを入力して取引を完了する

以上です。尚、クレジットカード利用の際はID確認があるかもしれませんので、ピクチャーIDは必ず携帯するようにしましょう。海外旅行中・出張中であれば、パスポートですね。

あまりかしこまらず、リラックスして食事を楽しんでくださいね。

 関連記事:カード社会アメリカならではのクレジットカード - Inside the gate