読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

できすぎた日本人妻を持つアメリカ人男性の苦悩

アメリカ人

先日ベースでハンバーガーを食べていたら、すぐ隣のテーブルについたアメリカ人男性に「寒いですね」と日本語で話しかけられました。

「日本語、話せるんですか?」

そこからお話は始まりました。

f:id:usmilitarybase:20161111025118j:plain


その男性はハンバーガーを単品で頼んでいました。
コンボにしなかった理由は「帰宅したら妻が作ってくれた夕食をきちんと食べなくてはいけないので」というものでした。そしてその男性の話は続きました。

100%っていうのは、自分が求められなくても、与えられるだけでもつらい

「僕の夕食は毎晩ちゃんと一汁三菜。箸置きも器も、妻の素晴らしいセンスが感じられるものばかり。下手な店で外食するよりも見事だよ」


コンボを頼んで、サイドオーダーのフレンチフライも含め見事に完食した私はこう言いました。

「あなたはラッキーですね」

「ああ、ラッキーだ。でも時々何も考えないで食べたいんだよ。僕は二つの仕事を掛け持ちしているんだ。掛け持ちしなくて済むように、もっといい仕事について家族と過ごす時間を増やすために、大学(University of Maryland)にも通っている。
だから夕食くらいは時々でいいから、簡単なものをかきこんでおしまいにしたいんだ。
こういうハンバーガーとか、Mac&cheeseなんていいね。だけど夕食にしろなんにしろ、家事・炊事をきちんとやることが大好きな妻に『今日の夕食はMac&cheeseがいいな』って言いにくいんだ。

それじゃまるで彼女が準備してくれる完璧な夕食じゃ満足していないみたいだろう。だけど完璧だから、時々持て余してしまう」

彼がこぼしたのはこれだけでしたが(今思えばよく喋る人だな・・・)、行間を読んでみると、多分奥様の作ってくれた料理一つ一つにコメントするのも大変なんじゃないかなぁ。
優しそうな方だったから、一汁三菜、奥様が力を入れたところ=褒めてほしいところをしっかりと見極めて、一つ一つに関する感想と感謝の気持ちを伝えていそう。
「この器は料理の色を引き立てるね」なんていいながら(苦笑)。
こういうことから解放される日が週に一度はあってもよいのではないでしょうか・・・。そしてこれは、日本人妻だから、夫がアメリカ人だとか関係ないですよね。

関連記事