読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

【デスパレートな妻達】こんなにも上手く使われたBGMを私は知らない

良かったもの/気になっているもの


「このシーンにこのBGM、完璧だ!」と思うシーンに出くわすことは、TV番組でも映画でもそうありませんよね。私は、大好きなTVドラマ「デスパレートな妻たち」で一つあります。

主役の主婦の一人、Bree(ブリー)が描く裕福な家庭の理想的なディナーのあり方。
テーブルセッティング、お料理、そして会話。それらがすべて洗練されているのが、コンサバな専業主婦・ブリーの理想。ところが理想と現実は違います。

「(こんなに凝った、聞いたことのないようなスープじゃなくても)フレンチ・オニオンやネイビー・ビーンスープでもいいのに」という娘。

(手間暇かけて作った)オッソ・ブーコはどう?と聞かれ「OK」とだけ答える息子。それだけではありません。「三時間かけてディナーを作ってくれだなんて誰も頼んでないのに」と言い出して食卓を凍りつかせました。
BGMに使われているのはショパンの「ワルツ第七番」。会話の雲行きが怪しくなりだした瞬間に食卓が静まり返り、アンティークの時計の振り子が刻む単調なリズムが虚しく響きます。
そしてその直後に曲の転調を持ってくる演出。ブリーと息子・アンドリューの言い合いが激しくなるところにはピウ・モッソがぴったり。
趣味よく整えられたダイニングでサーブされる完璧なディナー。なのに楽しい会話と笑い声というご馳走が欠けているのです。完璧に美しく用意されているのに、冷たい食卓。
「一家の主として何か言っていただけるとありがたいわ」とブリーにふられた夫が言ったひとことは「塩とって」(笑)。うまく逃げましたね。

 

Huluなら「デスパレートな妻たち」も見放題 → 海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

 

ショパン:ワルツ第7番

ショパン:ワルツ第7番

  • シプリアン・カツァリス
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

関連記事:(21)誰かを愛する限り嫉妬はつきもの。嫉妬に苦しみたくないのなら、恋愛はしない方がいい - Inside the gate