読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Inside the gate

米海軍横須賀基地でお仕事をしたいと思っている人達のためのサバイバルガイド。情報が古いということが玉に傷です。英語学習や異文化に関するエッセイも書いています。

富豪と結婚するということ 

アメリカ人

先日リークされた2005年のドナルド・トランプ氏の会話の内容に対する、支持者達の考え。

「別に女性に対して言ったわけじゃない」

「男同士の話なんてこんなものでしょう」

「私なんて男同士のもっとひどい会話を聞いたことがあるわ」

なんか裕福そうな白人の奥様達ばかりですが、彼女達がいうことにも一理あります。
このリークされたロッカールームトークのような会話は、政治的なニュースとして取り扱われていますが、私はどうしてもこれを政治的なニュースとしてみることができませんでした。一人の男性の妻として、私のようにこのニュースをもっと個人的なこととして見た方はいらっしゃいませんか?

英雄色を好む トランプ氏レベルの富豪と結婚する時点で妻が覚悟すること

この会話は2005年のものとされていますが、確かトランプ氏が現在の妻のメラニアさんと結婚したのが同年の1月。とすると、おそらく結婚後にこの会話をしていたことになります。
まあこの会話は他の男性達に自分の武勇伝を語って、うひょひょひょひょと言っているレベルではありますが、既婚女性に言い寄ったのはこの会話の様子からすると、そう遠い過去ではなさそうです。
ということは・・・メラニアさんとの交際中(下手したら婚約後)の可能性が高いわけですよね。
メラニアさんとトランプ氏は長い春でしたから、結婚する頃には既にときめきは絶え、老夫婦のようになっていたことと思われます(それはそれで良さがある)。
だから今更こんな会話がリークされたのを聞いて、頭の中で時系列に並べてみたところで、精神的に強いメラニアさんにしてみたら「だいたいわかっていたわよ」という程度でしょう。
彼女のように美しく生まれた女性は、その美しさの対価となるものを手に入れることができます。美しさを武器として使いこなしたうえで、さらに秘密兵器を持っていればの話ですが、美の対価としてはやはりです。

スポンサード リンク

 


その富を手に入れたら、よい面だけではなく富豪と結婚することのリスクもわかっていれば、ある程度覚悟はできるでしょう。

「英雄色を好む」

トランプ氏、ぎらぎらしてそうじゃないですか(笑)。あの人くらい稼いで有名だったら、そりゃ遊ぶわな。パワー(精力)があるからこそ成功したのだし、パワーを持て余してそうだもの。
そういう覚悟ができていたとしても、いざとなればやはり傷ついたり腹が立ったりするわけです。人間ですから。だけど「甲斐性のない男と結婚するよりは、多少の醜聞は受け入れ、乗り越えて優雅な生活を送るわ♪」と言えるタフな女性なら、富豪と結婚して幸せになれるはずです。

関連記事:率直すぎる司会者バーバラ・ウォルターズの直球にひるまないドナルド・トランプ - Inside the gate